前日までの話題 と 更新情報
  • 2016年10月30日 昨日も今日も駿河湾周辺は天気が悪かったようです。しかも急激に気温が下がって蝶があんまり飛びません。それでも少しの可能性を信じて、ツマグロキチョウを探しに安倍川まで行ってきました。今日は全行程徒歩で行ってきました。Googleナビでは往復22kmです。残念ながら、夏に多かったところでもツマグロキチョウは見ませんでした。時折日差しがあるこ時もあり、特にそういう時はウラナミシジミが多く飛び交っていました。曇っていても飛ぶ蝶もあり、他に見た蝶は、ツマグロヒョウモン(多)、ヒメアカタテハ(1)、キタキチョウ(多)、モンシロチョウ、モンキチョウ、ヤマトシジミ、ベニシジミ、ウラギンシジミ、?セセリ。▼ベランダで蛹化していたヤマトシジミが羽化しました。♂でした。
 
 
ベニシジミとウラナミシジミ
2016年10月30日
静岡市葵区


 
  • 2016年10月25日 空の話です。北海道の空が、ものすごいことになっていたようです。例えばこちら。ここにアップされている画像を見るだけでも、内暈、外暈、パリーA、上下のタンジェントA(外接ハロ)、下部ラテラルA、幻日、120度幻日、幻日環、ウェゲナーA(向日Aの1種)。もしかしたら、太陽にクロスする太陽Aもあるような。まさに夢の世界。
  • 2016年10月23日 ベランダのヤマトシジミは無事に蛹化しましたが、アリが相変わらずまとわりついています。誘引するにおいを出し続けているのでしょう。ウラギンヒョウモンの卵を部屋に置いていたら、期待通り孵化しました。とりあえず、このまま飼ってみるつもりです。
 
ヤマトシジミの蛹(9.3mm)とアリ
2016年10月18日
静岡市駿河区


いつの間にか蛹化していました。アリは相変わらず離れられないようです。
ウラギンヒョウモンの幼虫
2016年10月21日 撮影
山梨県 母蝶採集
静岡市駿河区 飼育


孵化した幼虫は芽生えて間もない葉しか食べないようです。
  • 2016年10月16日 ベランダには食草・食樹の多くの鉢があるのですが、いつの間に生えたタチカタバミにヤマトシジミの終齢幼虫がいました。しかもアリまでいます。隣のススキにはイチモンジセセリの幼虫もいました。母蝶の嗅覚は大したものです。昨日は蝶とは関係ないですが、長野県と山梨県の県境にある百名山・金峰山2599mに同僚と登ってきました。富士山の見える素晴らしい景色でした。ナナカマドがとてもきれいでした。
 
ヤマトシジミの幼虫(14.5mm)とアリ
2016年10月13日
静岡市駿河区


ベランダでいろいろと食草を栽培していますが、勝手に生えてきたタチカタバミにいつの間にかヤマトシジミが発生していました。しかもやはりいつの間にか侵入したアリがくっついていました。その後ここで蛹化しました。
 
 
羽化後間もないアカボシゴマダラ(おそらく♀)
2016年9月29日 撮影
静岡市駿河区 飼育
静岡市駿河区大谷 採卵


どちらの個体かわからなくなってしまいましたが、蛹化後、わずか6日で羽化しました。
↑左から、富士山、南アルプス、金峰山、八ヶ岳連邦
クリックで高画質画像へ

クリックで高画質画像へ

↑ナナカマド
朝日岳より富士山
2016年10月15日
長野・山梨県境の朝日岳


  • 2016年10月10日 相変わらずクロマダラソテツシジミです。この時期、暑かったからか、新芽を伸ばすソテツを多く見ます。しかしすべてクロマダラソテツシジミに食害を受けています。まだ、ソテツを植えている多くの人が気づいていないようです。大阪の家の近所の新芽にすごい数の幼虫がいました。久しぶりに豊中市の服部緑地公園に行きました。めぼしい蝶はいないのですが、ホシミスジが複数飛んでいました。
 
 
 
クロマダラソテツシジミの幼虫とソテツ
2016年10月10日
大阪市淀川区


ものすごい数の幼虫に食われていて、芽に限って言えばほぼ枯死寸前です。すでに食べつくされた芽もあり、こちらの方は少し前に襲われたようです。
  • 2016年10月2日 クロマダラソテツシジミが猛威を振るっているようで、園芸家の方は十分注意願います。大阪の自宅の近所でも新芽に卵が確認されました。ところで、知人の方やこのHPを見ていただいた方からの情報ですが、本日、大阪城公園でリュウキュウムラサキが確認されました。最近はネットのオークションで卵が売られたりしますので、放蝶の可能性も高いですが、大阪ではなかなか見られない蝶です。また、大阪市内某所ではミドリヒョウモンが確認されたようです。私自身は、今日、京都府立植物園に赤い実の観察に行ったのですが、ヒヨドリバナまたはフジバカマにアサギマダラを見ました。まさに移動の季節です。アカボシゴマダラは無事♂♀1ずつ羽化しました。
 
ソテツとクロマダラソテツシジミの卵(推定)
2016年10月2日
大阪市淀川区


結構立派なソテツです。新芽があり、卵が数卵見つかりました。次見るときはボロボロになっている可能性があります。
  • 2016年9月24日 飼っているアカボシゴマダラは無事2匹蛹化しました。ゴマダラチョウより明らかに大きいです。以前夏に飼ったゴマダラチョウと、終齢幼虫と蛹を比べてみました。越冬後の終齢幼虫とは模様が違うので少し注意が必要です。

↑アカボシゴマダラ

↑ゴマダラチョウ

↑左:アカボシ、右:ゴマダラチョウ
アカボシゴマダラとゴマダラチョウ幼虫の比較


夏に羽化する個体同士の比較です(実際の大きさは両者で違いますが、写真上で大きさと向きを合わせています)。ゴマダラチョウは2012年9月、大阪市淀川区採幼の飼育個体です。アカボシゴマダラとゴマダラチョウの明確な違いは尾部突起で、2本がくっついているのがアカボシゴマダラ、開いているのがゴマダラチョウです。背中の突起も、アカボシゴマダラは白っぽくて4対がよく目立ちます。なお、越冬後の幼虫は下に示しているように随分と雰囲気が異なります。

↑左:アカボシ、右:ゴマダラチョウ
アカボシゴマダラとゴマダラチョウ蛹の比較


夏に羽化する個体同士の比較です(実際の大きさは両者で違いますが、写真上で大きさと向きを合わせています)。ゴマダラチョウは2012年9月、大阪市淀川区採幼の飼育個体です。アカボシゴマダラはゴマダラチョウに比べて明らかに白っぽいです。背中の突起も大きいようです。春に羽化する蛹も同じように見えます。
  • 2016年9月19日 関西ではまたもやクロマダラソテツシジミが大発生のようです。新大阪駅に比較的近い幹線道路沿いのソテツを見ると、本当にいてびっくりしました。この木には新芽はなく、残念ながら卵や幼虫は見つけられませんでした。大阪城公園にも行ってみると大きなソテツはありましたが、残念ながら、何もいませんでした。しかし、ここではムラサキツバメを2回見て、卵も見つかりました。▼飼っているアカボシゴマダラは5齢になりました。ジャノメチョウは結局50卵ほど産んでくれました。ウラギンヒョウモンは数え切れないほど産んでいます。
 
 
クロマダラソテツシジミの静止(♀)
2016年9月17日
大阪市淀川区


久しぶりに関西で発生したクロマダラソテツシジミです。幹線道路沿いのビルの玄関脇に植えられた大きめのソテツの周りを飛んだり葉に止まったりしていました。しかし新芽はなく産卵をあきらめて?飛び去りました。
 
 
ムラサキツバメの卵(マテバシイ)
2016年9月17日
大阪市大阪城公園


なかなか私自身で大阪市内のムラサキツバメを撮影できなかったのですが、この日は複数回成虫を見ることができました。しかしシャッターチャンスには恵まれず。1匹は多くの人が行列して歩いている間を縫うように飛んだり道路上に止まったりしていましたが、そのうち去ってしまいました。次に見たときはこの写真のマテバシイから飛び立つところでした。成虫は消え去りましたが、卵を見つけることができました。
  • 2016年9月12日 ジャノメチョウの卵です。今日も昨日に引き続き産んでくれています。
 
 
 
 
ジャノメチョウの卵(ヒカゲスゲ)
20161年9月12日 撮影
静岡市駿河区 飼育
山梨県の高原 母蝶採集


朝8時に仕込んで、夜見ると10卵程度は産んでいたようです。鉢の中では土の上やスゲの葉の隙間に卵が見つかりました。鉢の外にもあるようですが数えていません。卵の殻は固いようで、紙の上に落とすと、カラカラと音を立てて跳ねました。これはウラジャノメの卵と同じです。
  • 2016年9月11日 昨日は毎年恒例の、採卵用のヒョウモン類♀の確保を主目的に、山梨県の高原に行ってきました。アザミ類に群がるヒョウモンはほぼすべてミドリヒョウモン♂♀でした。しかし、何とか目的の種の一つのウラギンヒョウモンを見つけました。気温が上がるとまあまあの数を見つけることができました。ウラギンヒョウモンは、終齢幼虫までは飼育できているのですが蛹化に失敗していて来年もチャレンジしたいと思います。他にはめぼしい種はおらず、ジャノメチョウも連れ帰りました。9月11日には、両種とも産卵してくれました。季節外れのミヤマカラスアゲハ♀が突然現れ吸蜜しました。美しい蝶だと思います。

↑4匹のミドリヒョウモンの吸蜜

↑ウラギンヒョウモンの吸蜜とミドリヒョウモン
ミドリヒョウモンとウラギンヒョウモンの吸蜜
2016年9月10日
山梨県


ミドリヒョウモンが非常に多い日でした。
クリックで高画質画像へ
(参考)
オオウラギンスジヒョウモンの吸蜜(♀、アザミ類)
2016年9月10日
山梨県


高原のアザミ類は、多くのミドリヒョウモンで独占された感がありましたが、その中に少数の本種が混じっていました。なおこの日に見たのは全て♀でした(4匹)。
クリックで高画質画像へ
 
(参考)
ミヤマカラスアゲハの吸蜜(♀、アザミ類)
2016年9月10日
山梨県


山梨県の高原です。この時期には珍しく、非常に新鮮な個体です。ちょっと暗かったので写真としては今一つですが、美しさは分かると思います。♀は上翅表面にビロード上の筋がありません。
  • 2016年9月7日 空の話です。台風が近づいていますが、その影響もあるのか、いろいろなハロが見られました。久しぶりに、大きく伸びた上部ラテラルアークが見られたのがよかったです。

クリックで大きな画像へ



クリックで大きな画像へ
上部ラテラルアークと環天頂アーク
2016年9月7日
静岡市駿河区


台風の近づいた今日、久しぶりに大きく伸びた上部ラテラルアークを見ることができました。

本日のまとめ写真へ
  • 2016年9月4日 8月28日に採卵したアカボシゴマダラの卵は、予想通り、最初の個体はいまだ孵化せず、黒くなっています。後から採卵した2卵は無事孵化し、もう2齢になりました。大阪府ではまたもや外来種でソテツを食害するクロマダラソテツシジミが発生しているそうです。大阪市の自宅の近所に探しに行ってみましたが、綺麗なソテツの新芽が見られたものの、卵も幼虫も成虫も見られませんでした。
 
 
脱皮前後のアカボシゴマダラの幼虫(1→2齢、6.3→6.8mm頭部と尾部の突起部含む)
2016年9月3、4日撮影
静岡市駿河区 飼育
静岡市駿河区大谷 採卵


個体2。早くも脱皮しました。1齢期間はわずか3日。
  • 2016年8月31日 今日は会社の休日でした。良く晴れそうだったので、再度、アカボシゴマダラを探しに行きました。なかなか現れてくれなかったのですが、28日に見た近くで産卵を始めました。今回は簡単に近づけるところだったのですが、対岸だったので時間がかかり、その間にいなくなりました。そこで、以前から目星をつけていたその少し上流側に行ってみると、見事あたりとなり、今日も産卵を見ることができました。今回は道のすぐそばだったので容易に卵の確認もできました。また、個体は28日のものとは違いました。少なくとも2匹の♀が産卵していることは間違いありません。前回よりも新鮮でかつ近くで撮影できたので、その美しい姿を捉えることができました。
クリックで高画質画像へ
クリックで高画質画像へ
静止するアカボシゴマダラ(♀)
2016年8月31日
静岡市駿河区大谷


下に示す8月28日に観察した後、再度探しに行ったところ、その少し上流で撮影できました。エノキがあると産卵し、それ以外の木の場合には、触れるだけか、この写真のように短時間だけ休むことを繰り返していました。今回も、河川の法面に生えた小さなエノキに産卵していました。翅が少し欠けていますが、比較的新鮮で、欠けの位置が異なるので8月28日に撮影したものとは違う個です。放蝶から広がっていますが、赤星が輝いて大変美しく見えます。蝶には罪はなく、名蝶であることは間違いないと思います。いまだに♂は見ていません。
  • 2016年8月28日 時間ができれば、いつもの所にアカボシゴマダラを探しに行っています。ちょうどそこはポケストップが4つ密集しているところでもあり、リアルとバーチャルを同時に楽しめるわけです。うろうろしていると、本当にアカボシゴマダラが現れました。じっと見ていると、産卵もしています。しかし結構遠いところで、どうしようかと思いましたが、1卵なんとか確保してよく見ると、どうもタマゴヤドリバチが産卵しているようなのです。それはそれで、大変興味深いのですが、アカボシゴマダラを育てることができません。そこで再度出向いてなんとか追加で2卵得ることができました。こちらもヤドリバチにやられているかもしれませんが、とりあえず安堵というところです。普通のゴマダラチョウに比べると大きいように思えます。しかしとにかく、住宅街とはいえ、うっそうとした川で、そこをすべるように飛んでいるのを上から見ると大変美しく、素晴らしい名蝶だと思いました。新鮮なキマダラセセリの静止や産卵飛翔と思われる行動を観察しました。
 
 
静止するアカボシゴマダラ(♀)
2016年8月28日
静岡市駿河区大谷


住宅地裏の川です。法面はびっしりと木や草で覆われています。エノキも生えています。突然、優雅に飛ぶ大きめの蝶が現れ、何かと思えば探し求めていたアカボシゴマダラでした。ゆったり飛ぶ姿は実に優雅で見事です。放蝶が元とはいえ、このような名蝶を野生で身近に見ることができるのは、うれしいものです。複雑な気持ちではありますが。しばらくゆったり飛んだあと、木の葉の上で静止しました。飛んでいるイメージよりはちょっとだらしない感じです。しかし、後翅の赤星は大変魅力的です。
 
 
 
アカボシゴマダラの産卵(エノキ)と環境
2016年8月28日
静岡市駿河区大谷


住宅地裏の川です。法面に生えた樹高1m程度のエノキに盛んに産卵していました。ただし、直後に卵を確認したわけではありません。ですが、30分後に、下に示すように卵を確認しました。この小木にはいかにもゴマダラチョウ系という食痕が多くあり、母蝶にはかなり魅力的な場所のようです。よく言われるように、明るい大木ではなく、日陰の小木が基本なのでしょう。ゴマダラチョウは両方好きなように思います。神奈川では幼虫は日向でも日陰でも小木ならどこでもいるという記事も見ますので、個体密度にも関係するのかもしれません。
 
 
 
アカボシゴマダラの卵(直径1.3mm、高さ1.4mm)とタマゴヤドリバチ?と産卵痕?
2016年8月28日
静岡市駿河区大谷


個体1。産卵を見た後で近づいてなんとか3卵得ることができました。そのうち1卵は産卵を観察して30分程度後で得たのですが、そのとき撮影した写真に怪しい影が。撮影しているときは全く気付かなかったのですが、どうもタマゴヤドリバチが産卵しているように見えます。産卵管を刺していたと思われるあたりに、何か模様が見え、もしかしたら産卵痕かもしれません。
  • 2016年8月21日(2) ヒメシロチョウは無事2匹とも蛹化しました。もともと5卵採取したのですが、最初からオレンジ色だった4卵のうち、2卵はすぐに黒化してしまいました。産卵を観察した卵は既報のとおり、しぼんでしまいました。これらの原因は不明です。寄生や高温が原因かもしれません。黒化した卵はしばらく様子を見ていたのですが、1週間以上変化がなかったので、すっかり忘れて容器を洗ってしまいました。ツルフジバカマは非常に暑いベランダに鉢植えで置いていますが、元気に芽を伸ばしています。幼虫はやはり小さく、せいぜい中くらいのシジミ程度しか食べていない感触でした。
 
 
 
 
(参考)
ヒメシロチョウの前蛹とT字またはY字の体毛
2016年8月18日 撮影
静岡市駿河区 飼育
長野県 産


個体2です。やはり糸を十分はいてから前蛹になりました。なお、個体1もほぼ同時に前蛹になりましたが、頭部の方が尾部より低い位置になっています。ところで、学研の日本産幼虫図鑑によれば日本産のシロチョウ科ではヒメシロチョウとエゾヒメシロチョウだけが持つ特徴があり、それは体毛の形がT字またはY字になっていることです。観察したところ、確かにまっすぐな毛もあるようですが、ほとんどが異形です。
 
 
(参考)
ヒメシロチョウの蛹(16.7mm)
2016年8月20日 撮影
静岡市駿河区 飼育
長野県 産


個体2です。突起の長い蛹ですが、ツマキチョウのように反り返ってはいません。旅行に行っていたため正確な蛹化日が分かりませんが、8月19日としておきます。幼虫を飼うのに使う冷室箱が壊れており、旅行から帰るとなんと36℃になっていました。大変心配しましたが、透明感のある蛹で、おそらく大丈夫だと思います。
  • 2016年8月21日 木曜日から霧ヶ峰・車山高原に行ってきました。天気は今一つでしたが、花、蝶、山といろいろと楽しめました。蝶はあまり期待せず行ったのですが、キアゲハ、アサギマダラ、ミドリヒョウモンが特に多かったです。他に見たのは、ウラギンヒョウモン、ギンボシヒョウモン、ヒョウモンチョウかコヒョウモン。クロヒカゲ、イチモンジセセリ。花は、鹿害防護柵の中は色とりどりの花が咲き乱れていました。ワレモコウがびっしりあって、少々びっくりしました。クガイソウはほとんどなく、似た感じのヒメトラノオが比較的多かったです。霧ヶ峰で急減しているコヒョウモンモドキがヒメトラノオも利用してくれればこのあたりではシーズンには見られるのかもしれません。私にとって今回のハイライトは蓼科山にかかったベール状の傘雲が虹色に輝やく彩雲になってくれたことです。今回の写真集のページを作ってみました。

クリックで大きな画像へ


クリックで大きな画像へ


クリックで大きな画像へ


クリックで大きな画像へ
彩雲となった傘雲(蓼科山)
2016年8月20日
長野県茅野市車山高原


南海上に台風が3つもできていることも関係するのか、日の出とともに霧が晴れて蓼科山が見えてきたと思ったら、きれいなベール状の傘雲がかかり、虹色に輝きました。
  • 2016年8月17日 今日も朝から暑いです。そんな中、駿府城公園に行ってきました。ここはレアなポケモンはほとんどいませんが、暑い中、現実世界の蝶が舞っていました。コムラサキ♂、ツマグロヒョウモン♂、モンキチョウ、ヤマトシジミ、イチモンジセセリを見ました。コムラサキは、さすがに暑いのでしょうか、擦れた♂でしたが吸水していました。公園内にはシダレヤナギも植えられていて、しばらく幼虫を探してみましたが見つけられませんでした。
 
 
 
コムラサキの吸水(♂)
2016年8月17日
静岡市葵区駿府城公園


非常に日差しの強い午前中です。芝地に舞うタテハがいて、何かと思ったらコムラサキでした。飛び古した♂なので、塩類を欲しがってというよりは水が飲みたかったのではないでしょうか。地上で吸水した後はカシ類の葉に付いた水を吸っているようです。
  • 2016年8月16日 告白しますが、完全にポケモンGOにはまっています。これは昆虫採集、バードウオッチング、魚釣り、山菜・キノコ採り、オーキッドハンティングなど、情報力、観察力、行動力が必要な自然相手のコレクターの気持ちを完全に知っていて本当にうまく作られたソフトだと思います。さらに進化と表現される飼育の楽しさも。もともとのゲーム機ソフトでもそう思っていたのですが、GOの場合はますますそのコレクター冥利を刺激してくれます。レア種の設定(逃げたたときのくやしさとリベンジに燃える気持ち)、現実世界における出現場所の限定など。まさに昆虫採集と同じです。しかし、昆虫採集と違うのはレア種が都会にいることとそれを友達や他人と共有できることです。共有するうれしさは、採集ではなく撮影、バードウォッチングや登山に近いものでしょう。夏にいい採集種がないと嘆いている人は、ぜひとも一度やってみることをお勧めします。レア種を殺してしまうことに少しばかりの罪悪感を感じている人には特におすすめです。ちなみに私は今日、レベル19、採集または飼育して育てた種類は89種となりました。ちなみに虫タイプはパラセクト以外は採集済みです。いわゆる聖地と呼ばれるところで頑張ってますが、はっきり言えば異様な光景ですね。とりあえずの目標はレベル20です。これ以上は相当敷居が高そうです。現実世界の蝶でいえば、ルーミスやベニモンカラスあたりでしょうか。私は両方ともいまだに遭遇さえしていません。ちなみにどうでもいいけど虫タイプポケモンは以下のとおり:キャタピー(モチーフ:アゲハの幼虫)、トランセル(アゲハの蛹)、バタフリー(アゲハまたはモンシロチョウ)、ビードル(ミツバチまたはハバチの幼虫)、コクーン(ハチの蛹)、スピアー(アシナガバチ)、パラス(セミ茸)、パラセクト(冬虫夏草)、コンパン(複眼の毒毛虫)、モルフォン(形はモルフォチョウ、性質はドクガ)、ストライク(カマキリ)、カイロス(クワガタ)▼なお、話を現実世界に戻しますが、先日採卵したヒメシロチョウは、卵で見つけたものは終齢になっていますが、産卵を観察した卵はしぼんでしまいました。無精卵なのか、暑さにやられたのか。かなり残念です。
  • 2016年8月7日 アカボシゴマダラを探して、暑い中うろうろしているのですが、二度と表れてくれません。蝶ではない話題です。比較的珍しいのではないかと思われるクモです。もちろん、日頃クモを調べているわけではないので、そんな人が見つけたということは普通種ではあるのでしょう。昨日はシロオビトリノフンダマシ、今日はゴミグモを見ました。クモにそれほど興味があるわけではないですが、ユニークな形をした生き物には何でも魅力を感じます。
 
 
シロオビトリノフンダマシ(♀、黒色型)
2016年8月6日
静岡市駿河区大谷


昨年と同様ですが、今度はススキの葉裏にいました。模様が少しはっきりしています。あくまでもストロボを炊いた場合ですが。
 
 
 
ゴミグモ
2016年8月7日
静岡市駿河区大谷


突起の多い腹部を持つゴミグモです。その名の通り、食べかす、脱皮殻、ゴミなどを集めてその陰に潜んでいます。
  • 2016年8月6日(2) 最近御多分に漏れず?Pokemon Goをやっています。子供が小さい時にポケモンルビー、サファイヤが流行ってから、子供と一緒に自分のカートリッジを持ってやっていました。昆虫採集と同じ気持ちで、冬や夜に遊べます。しかしGoの場合は、日中に外で遊ぶわけで、そうなると、リアルな蝶探しとバーチャルなポケモン探しが同時に進行するわけです。これは本当に困ったことで、今僕は何を探しているのか混乱することがあります。しかし、リアルな目当ての蝶(今日の場合はアカボシゴマダラ)が見つからず、もちろん、普通種のモンキアゲハやキチョウなどはいっぱい出てくるのですが、意気消沈するところを、バーチャルな普通種の虫ポケモンのキャタピーなどが出てきてまあいいかと喜ぶという、非常に変な気分になります。
  • 2016年8月6日 信州と甲州で撮影したその他の蝶です。7月30日はヒメシロチョウ以外には出はじめと思われるスジグロチャバネセセリを見ることができました。他にはモンキチョウやジャノメチョウがやたら多かったです。スジボソヤマキチョウがきれいでした。大きなツバメシジミも印象的でした。7月31日は宿で出会ったMa氏にムモンアカシジミ、クロツバメシジミ、ミヤマシジミのポイントに連れて行ってもらいました。ムモンアカシジミは二人の協力?で無事に撮影できましたが、かなり飛び古した後のようで、今年は発生が早かったのかもしれません。こちらにムモンアカシジミのページをアップしました。
 

↑右♀

↑左の木が発生木と思われるミズナラ。この枝の葉上にペアがいる。

↑枝を揺らして下におろした状態。

↑根本付近のクサアリ類?。マダラマルハヒロズコガ幼虫のミノ(隠れ家)が見える。

↑クサアリ類?。
ムモンアカシジミの交尾と発生木ミズナラとクサアリ類
2016年7月31日
長野県


Y氏が昨年見つけたポイントです。ここに偶然会った初対面のMa氏に車で連れて行ってもらいました。両名に深くお礼申し上げます。例年なら、出はじめと思われる時期ですが、既に♂はかなり翅が大破しており、♀も欠けています。この日は、なかなかポイントが見つけられなかったのですが、M氏がうまく見つけ、僕が他を探し歩いている間に2回見たそうです。その後粘っていると、13時ぐらいに樹上を飛ぶのが見られ、ふと見るといつの間にか交尾した個体が地上3mぐらいのところにいてびっくりしました。この時は13:45でした。かなり暑い日でした。それにしてもこういうポイントを見つけるY氏の行動力・探索力には頭が下がります。樹上には多数のアリがおり、おそらくクサアリ類だと思います。ちなみにマダラマルハヒロズコガ幼虫は、ミノの中にアリ成虫を引きずり込んで食べる(こともある)そうで、ミノの作り方含め非常に興味深い昆虫です(ありんこ日記(アントルーム)2015年10月25日参照)。

飛び立つ瞬間。クリックで高画質画像へ

(参考)
スジボソヤマキチョウの吸蜜(♂、ラベンダー)
2016年7月30日撮影
長野県


信州の高原です。観光目当てに道路と歩道の間に植えられたラベンダーに突然黄色の蝶が現れて吸蜜を始めました。いつ見ても美しい蝶ですが、紫色とのコントラストが最高です。たまたま飛び立つ瞬間にシャッターが降り、翅の表が写せました。
 
 
(参考) クロツバメシジミの静止と卵(ツメレンゲ)
2016年7月31日
山梨県


Ma氏に連れて行ってもらった小さな発生地です。わずかながらツメレンゲが生え、卵も見られました。

↑産卵中

↑産卵直後

↑産卵後の休息
(参考)
ヒメシロチョウの産卵と休息(♀)
2016年7月30日
長野県


しばらく低位空飛行を続けたり、吸蜜したりしていましたが、比較的開けたところにあったツルフジバカマにとまると、産卵しました。その後、もう一度ツルフジバカマに静止したので、産卵かと思いましたがしばらく何も起きませんでした。

↑産卵後18時間

↑産卵後33時間
(参考)
ヒメシロチョウの卵(高さ1.6mm、ツルフジバカマ)
2016年7月30日
長野県


産まれた卵は細長く感じました。モンキチョウやモンシロチョウの卵より長いです。
  • 2016年7月31日 信州にヒメシロチョウとムモンアカシジミの観察に行ってきました。写真などはまた後日。暑い2日間でした。
  • 2016年7月24日 この週末は蝶の活動は行っていません。飼育しているツマグロキチョウとヒメキマダラセセリは順調に大きくなっています。先週の写真ですが、キアゲハです。
 
キアゲハの吸蜜(コオニユリ)
2016年7月17日
静岡市駿河区宮川


翅裏に花粉を付けて少し赤くなっています。
  • 2016年7月17日 今日は天気が悪いのかと思っていたのに、雲が多いものの晴れて暑かったです。いつものコースで観察に出かけました。正直何も期待していなかったのですが、かなりいろんな自分なりの発見がありました。まず、ここに何か来てくれたらいいなと思っていた庭先のコオニユリにキアゲハが来ました。幸先いいと思っていると、今度はなんと別の庭先のエノキにアカボシゴマダラがまとわりついているではないですか。これにはかなりびっくりしました。実はすでにこのあたりに進出しているのは複数の人が報告済みです。しかしそのことをすっかり忘れていました。野生のアカボシを見るのは生まれて初めてです。放蝶由来とはいえ赤い星はずいぶん魅力的です。その後、今度はムラサキツバメが複数たむろっているところを見つけました。これまで夏にムラサキツバメを見たことがなく、どこかに避暑に行って秋に戻ってくるのではないかと思っていたのですが、ちゃんとこの地にとどまっていたようです。卵もいっぱい見つけました。そのあと久しぶりにこの地でコムラサキ(通常型ですが)を見たり、クロアゲハの吸蜜を見たり、久しぶりにヒメジャノメを見たり、リュウキュウムラサキの食草とされるアオイ科のキンゴジカを見つけたり、いろいろ楽しい日でした。他には、カラスアゲハ、ナガサキアゲハ、モンキアゲハ、ジャコウアゲハ産卵、ゴマダラチョウ産卵、アサマイチモンジ、ダイミョウセセリ卍、ベニシジミ、キチョウ、ムラサキシジミ、ウラギンシジミ産卵、ルリシジミなど。▼昨日は安倍川にカワラケツメイの群生地を見つけました。すぐ近くでアレチケツメイに卵や幼虫を見つけたのに、カワラケツメイには卵はなく、ここのツマグロキチョウは既にアレチをより好むようになったのか、あるいは第一世代がカワラケツメイで育ったのか、それとも似た違う種なのかいろいろと考えさせられます。

↑左にアレチケツメイ、右にカワラケツメイ

↑カワラケツメイの群生

↑特徴的な蜜腺

↑アレチケツメイの近くでの求愛

↑河原での吸蜜
カワラケツメイの群生
2016年7月16日
静岡市葵区安倍川南部左岸(地点F)


先週久しぶりに複数のツマグロキチョウを見たと喜んでいましたが、その近くでカワラケツメイの群生を見つけました。安倍川でカワラケツメイを見つけたのは2009年以来です。今増えているツマグロキチョウはアレチではなくカワラを食べて育ったものかもしれません。しかし、この日は、カワラケツメイをかなりしつこく観察しましたが、卵も幼虫も食痕も見つけられませんでした。アレチのほうでは、卵や幼虫が見つかりました。単に生えている場所が気に入らなかったのか、それとも第2世代はアレチの方が好きなのでしょうか。
 
 
産卵ポーズするアカボシゴマダラ(♀)
2016年7月17日
静岡市駿河区宮川


以前に普通のゴマダラチョウが産卵に来ているのを見た人家のエノキです。樹高4mぐらいあるでしょうか。ふと見たところ、蝶影が見え、さらに見ると赤い紋があってびっくりしました。少し高い所(2.5mぐらいか)だったので、残念ながら卵の確認はできていません。なので、産卵ではなく産卵ポーズとしておきます。何カ所かで産卵体勢になった後飛び立ち、しばらく近くをゆっくり飛んでいたのですが、その後遠くに飛び去ってしまいました。結局卵の確認はできていません。それにしてもとうとうここまでやってきたかと思うと、正直うれしい気持ちがかなり大きいです。一体どこまで広がるでしょうか。なお、比較的近いところで、普通のゴマダラチョウの産卵も見ました。
 
ムラサキツバメの吸汁とと静止(マテバシイ)
2016年7月17日
静岡市駿河区大谷


夏に成虫を見たことがなかったのですが、この日は、マテバシイの大木の日陰になったところに少なくとも3匹見ました。夏はどこかに行っているのかと思ったのですが、ちゃんとこの地にとどまっていることがはっきりしました。
 
 
ムラサキツバメの卵(マテバシイ)
2016年7月17日
静岡市駿河区大谷


上の項と同じ日ですが、少し離れたところです。いつもムラサキツバメを観察しているところです。蝶影が見えたのでもしやと思って探すと、幼木の伸びかけた新芽に卵がいっぱいついていました。一つは既に孵化しているようです。アリもうろうろしていました。さらに、この日、もしかしたらと思って探してみたところ、街の街路樹のマテバシイでも3卵みつけました。
  • 2016年7月10日 今日は一転、晴れました。空は極めて澄んでいて、富士山も環水平アークもくっきり見ることができました。クロコムラサキがそろそろ出ていないかと、安倍川沿いを遡っていったのですが、全くコムラサキを見ませんでした。その代わりというわけでもないのですが、久しぶりにツマグロキチョウを複数見ました。アレチケツメイへの産卵、求愛、吸蜜、吸水といろいろ見られ、復活するのかと楽しみです。他には、モンキアゲハの終齢幼虫がカラスザンショウにいました。成虫では、ナガサキアゲハ多、モンキアゲハ、カラスアゲハ♀の吸蜜(ネムノキ)、アオスジアゲハの吸水、ヒメアカタテハ、ゴマダラチョウ、ヒメウラナミジャノメ、ダイミョウセセリ、スジグロシロチョウ、キタキチョウ、ツバメシジミ多など。クズの花がもういっぱい咲いていて、ウラナミシジミも飛び交っていました。ウラギンシジミの幼虫も多かったです。
 
 
ツマグロキチョウの吸水(夏型)
2016年7月10日
静岡市葵区安倍川南部左岸(地点F)


あまり湿り気のなさそうなところで、盛んに吸水していました。しかし、やはり水分が少ないためか、一カ所での滞在時間は短くて、撮影に苦労しました。
 
 
 
ツマグロキチョウの求愛(夏型)
2016年7月10日
静岡市葵区安倍川南部左岸(地点F)


久しぶりに複数の個体を観察できました。クズの茂みを歩き始めると2匹のツマグロキチョウが飛び出し、♀がクズの葉に止まるとすぐに求愛が始まりました。しかし♀は時折翅を広げ、尾端を上げて交尾を拒否し交尾には至りませんでした。
 
 
 
 
 

↑小葉に産まれた別の卵(小葉の一部を除去後に撮影)
アレチケツメイに産卵するツマグロキチョウと卵(夏型)
2016年7月10日
静岡市葵区安倍川南部左岸(地点F)


最近は全くカワラケツメイを見ないので心配していましたが、いよいよこの地でもアレチケツメイを好む個体が増えてきたのかもしれません。比較的小さいアレチケツメイの主脈に産んでいます。卵はピントが合っていません。持ち帰って小葉を取って撮影しました。久しぶりに飼育しようと思います。なお、小葉に直接産まれた卵もありました。
  • 2016年7月9日 静岡市もかなり強い雨が降り続きました。今は晴れているようです。先日来飼っていた薄黄褐色の卵から羽化した蝶、白色の卵から羽化した蝶、そして地元静岡市駿河区のスジグロシロチョウ♂の発香鱗(はっこうりん、ニオイ袋を持つ鱗粉)の比較を行ってみました。白色の卵から羽化した蝶の発香鱗はその他の中間的な様子ですが、卵の色や、幼虫の気門、成虫の斑紋から、スジグロシロチョウでよいと思います。そして、薄黄褐色の卵はやはり、ヤマトスジグロシロチョウで正解でしょう。▼Windows 10にアップした後も特に問題なかったのですが、Photoshop Elements 12が突然立ち上がらなくなった。再インストールしたら何とか動いていますが、いろいろできないことも起こっていて、どうしたものか。
(参考)
ヤマトスジグロシロチョウとスジグロシロチョウ♂の発香鱗の比較
2016年7月6、9日 撮影
静岡市駿河区 飼育
山梨県富士山麓 産


♂の上下翅表面には通常の紋に交じって発香鱗(はっこうりん)と呼ばれる特殊な鱗粉が並んでいます。どこにでもあるわけではないのですが、白い所では広く分布しているようです。発香鱗の先にはにおいの元となる物質が詰まった袋がくっついています。この発香鱗の形は、ヤマトスジグロシロチョウとただのスジグロシロチョウでは異なり、明瞭な識別点です。近隣で先週捕まえたスジグロシロチョウではかなり強いレモン臭がしましたが、ここまでに示してきた白い卵からの♂ではほとんど匂いません。ちょっと心配になりましたが、3者を比べると、はやりこれもただのスジグロシロチョウで間違いないようです。ヤマトスジグロシロチョウはただのスジグロシロチョウに比べて、先が平らかV字、ニオイ袋(香嚢こうのう)やそれを抱える穴が小さい、比較的太いまま付け根に至る、という感じです。

翅を直接高倍率レンズで撮影しても、なぜかほとんど発香鱗が見つかりません。そこで、黒いレンズキャップに木工用接着剤を薄く塗り、ここにすこしピンセットでこすって鱗粉をはがした翅を軽く押し付けて鱗粉を転写したものを撮影しました。すると、発香鱗がいっぱい並んでいるところなどもあり、いったいなぜ翅のままでは見つからないのかちょっと理解できないでいたのですが、よく見ると、膨らんだ部分が、通常鱗粉の根元側に向いています。つまり特徴的なふくらみ部分が根元にあたり、通常形の鱗粉の下に隠れているのでしょう。
↑薄黄褐色卵より

↑白色卵より

そこで、ピンセットで翅をこすり鱗粉を除去して見ました。すると、下に隠れていた発香鱗が“逆さに向いて”出てきました。しかもあまり白くない半透明です。これでは見つからないはずです。
↑白色卵より。ピンセットで一部の鱗粉を除去。コントラスト強調処理。
  • 2016年7月3日 毎年恒例の、中部地方にメスアカミドリシジミを見に行ってきました。しかし1匹しかおらず(0匹よりはもちろんずっといいのですが)、ありきたりのシーンしか撮れませんでした。結構メジャーなところで網の人も多くて、新たなところを探しているもののいまだに見つけられません。他には、ヒメキマダラセセリの産卵を見ました。写せなかったのですが卵は持ち帰りました。コキマダラセセリも出始めでした。かなり暑い日でした。
 
メスアカミドリシジミ(♂)、コキマダラセセリ(♂)
2016年7月3日
中部地方


暑い日でした。
  • 2016年7月2日 梅雨の中休みなのか、暑い日でした。昨日は会社構内でクマゼミも鳴いていました。今日は、ゆっくり起きていつものところに行きました。何かいるかなと思っていましたが、ナガサキアゲハが比較的多かったです。♂だけでしたが。新鮮なアカタテハも見ました。ダイミョウセセリも出ていました。終齢幼虫もいました。ルリシジミも3化でしょうか、かなりいましたが、ナツフジの蕾に幼虫も見つかりました。他には、ツバメシジミ、ヒメウラナミジャノメ、キアゲハ、モンキアゲハ、カラスアゲハ、スジグロシロチョウ。▼飼っているヤマトスジグロシロチョウは羽化し始めました。ツマグロヒョウモンは5齢(終齢)になりました。
 
クリックで高画質画像へ
 
ナガサキアゲハの吸蜜(♂、アガパンサス、トウネズミモチ)
2016年7月2日
静岡市駿河区大谷


この日は多くのナガサキアゲハを見ました。いずれも♂で夏型が出始めたころなのでしょう。梅雨の晴れ間で気温も上がった日でした。アガパンサスは花壇でよく見ますが、ヒガンバナ科またはユリ科で別名紫君子蘭というそうです。トウネズミモチはいろんなところで花盛りでした。

クリックで大きな画像へ
ダイミョウセセリの占有行動
2016年7月2日
静岡市駿河区大谷


第2化でしょうか。この日は3匹ほど見ることができました。食草らしきヤマノイモ類の葉上での行動で、印象的でした。

クリックで大きな画像へ
アカタテハの占有行動
2016年7月2日
静岡市駿河区大谷


突然道のそばの石垣に赤い蝶が止まりました。一瞬、ヒメアカタテハかと思いましたが、アカタテハでした。今年はこのあたりで全く巣を見なかったので、いてくれてうれしかったです。くすんだ石や緑の葉と対照的で美しかったです。
  • 2016年6月26日 先々週持ち帰ったヤマトスジグロシロチョウとただのスジグロシロチョウと思われる幼虫は無事にマメグンバイナズナで成長し、多くは蛹化しました。ただし、最も注目して観察している産卵直後からのものは、いま5齢(終齢)幼虫です。先週持ち帰ったツマグロヒョウモンは、3齢になりました。こちらも成長が早いです。▼静岡の近所でニイニイゼミの声を今日聞きました。

↑黄褐色卵より。1齢、孵化直後、6/14、21:40。葉がなかったので摂食前。2.1mm。

↑白色卵より。1齢、孵化直後、6/14、21:41。接触後。2.6mm。

↑黄褐色卵より。1齢、孵化後成長、6/15、20:54。3.1mm。

↑白色卵より。1齢、孵化後成長、6/15、20:55。3.5mm。

↑黄褐色卵より。2齢、脱皮後成長、6/18、11:07am。6.4mm。左右反転。

↑白色卵より。2齢、脱皮後成長、6/18、11:11am。6.0mm。

↑黄褐色卵より。2齢頭部、6/18、11:07am。

↑白色卵より。2齢頭部、6/18、11:11am。

↑黄褐色卵より。3齢、6/20、7:25am。

↑白色卵より。3齢、6/19、12:00am。8.2mm。

↑黄褐色卵より。3齢頭部、6/20、7:25am。

↑黄褐色卵より。4齢、6/22、7:31am。14.6mm。左右反転。

↑白色卵より。4齢、6/22、7:35am。18.9mm。

↑黄褐色卵より。4齢頭部、6/22、7:31am。

↑白色卵より。4齢頭部、6/22、7:35am。

↑黄褐色卵より。5齢、6/26、16:34。22.5mm。左右反転。

↑白色卵より。5齢、6/26、16:30。25.8mm。左右反転。

↑黄褐色卵より。5齢気門(第2、 3)、6/26、16:35。左右反転。

↑白色卵より。5齢気門(第2、3)、6/26、16:31。左右反転。黄褐色卵からの幼虫と同縮尺。

↑黄褐色卵より。5齢頭部、6/26、16:36。

↑白色卵より。5齢頭部、6/26、16:32。
(参考)
ヤマトスジグロシロチョウとスジグロシロチョウの幼虫の変遷(マメグンバイナズナ)
2016年6月14日〜 撮影
山梨県富士山麓


2つの卵から孵化した幼虫の成長を比較しながら観察しています。孵化時に餌がなかったためか、ヤマトスジグロの成長が少し遅れています。孵化直後は、卵の色と同じで、ヤマトスジグロは黄褐色、スジグロは白色です。また、ヤマトスジグロの方が、頭部がより暗く、気門周囲の黄色部が小さいです。
 
 
 
脱皮後成長したツマグロヒョウモンの幼虫と食痕(2齢、5.7mm、スミレ類)
2016年6月25日 撮影
静岡市駿河区 飼育
大阪市淀川区宮原 産


2齢になると毛というよりは棘になります。棘に毛が生えた感じです。
  • 2016年6月19日 先週持ち帰ったヤマトスジグロシロチョウとただのスジグロシロチョウと思われる卵は3日で孵化しました。色はともに大きくは変化せず、前者は少しこい黄色になった程度、後者は微妙に薄い黄色味が出た程度でした。ただし、孵化直前は会社にいたのでわかりません。昨日は、大阪の街中でツマグロヒョウモンの産卵を見ました。久しぶりに飼ってみようと思います。先週持ち帰ったアサマイチモンジの卵は、悲しいことに、一緒に持ち帰ったスイカズラにくっついていたサシガメに吸われてしまいました。以前から飼っていたアカタテハとダイミョウセセリは羽化しました。成長が早いです。
 
 
ツマグロヒョウモンの産卵(スミレ類)
2016年6月19日
大阪市淀川区宮原


住宅、店舗、事務所などの立ち並ぶ一角の道路脇です。このスミレ類の株や近くの1cm程度の小株に盛んに産卵行動していましたが、卵は3個しか見つけられませんでした。小株に2個、大株の葉裏に1個です。これらを持ち帰り飼育することにしました。

↑産卵後3時間

↑産卵後33時間

↑産卵後33時間
ツマグロヒョウモンの卵(スミレ類)
2016年6月18、19日 撮影
静岡市駿河区 飼育
大阪市淀川区宮原 産


大株のスミレ類の葉裏に産まれた卵です。

↑産卵9時間後の卵(同倍率比較)。左:薄黄褐色、右

↑産卵1日と4時間後

↑産卵1日と19時間後

↑産卵2日と9時間後。黄褐色、白色卵ともに目が確認できる。

↑産卵2日と19時間後。白い卵もわずかに黄色気味になる。

↑産卵3日と0時間後(孵化直前)。黒い毛も明瞭に見える。黄褐色卵は初期より黄色味が強いかもしれない。
  • 2016年6月13日 アカセセリが無事羽化しました。ここまで長かったです。

↑7:28:20am

↑7:28:34

↑7:34:10
(参考)
羽化直後のアカセセリ(♀)
2016年6月13日 撮影
長野県の高原 母蝶採集
静岡市駿河区 飼育


無事羽化しました。長くかかりましたが、喜びもひとしおです。羽化の瞬間は見逃してしまいました。ヒカゲスゲの細い葉に登りましたが、非常に不安定で、枯枝を差し出すとすぐに落ち着いてくれました。(♂としていましたが♀でした。訂正します)
  • 2016年6月12日 なぜか今日も天気がいいので、休養日のつもりでしたが、去年の今頃サツマシジミがいたというサンゴジュの多いところに行ってきました。結果は全くダメでした。サンゴジュの花は満開を過ぎたあたりでしたがそこに来ていたのは、ぼろぼろのモンキアゲハ、アオスジアゲハ、カラスアゲハ、ベニシジミ、及び多数のハチやガでした。ルリシジミやウラギンシジミも近くで見ました。ルリシジミはハギに、ウラギンシジミはナツフジに産卵しようとしていました。サツマシジミを探しているときにアサマイチモンジの産卵を観察しました。久しぶりに飼ってみようと思います。他にはテングチョウがエノキの枝先に止まったので、産卵か、と思ったのですが確認できず飛び去りました。そのあと卵を探しましたが見つけられませんでした。▼空では薄い内暈と環水平アークが見られました。
 
(参考)
アサマイチモンジの産卵と卵
2016年6月12日
静岡市駿河区大谷


サツマシジミがいないかと、サンゴジュの生垣を見ていたら、黒い蝶が止まりました。アサマイチモンジです。単に翅を広げて休息しているのかと思ったら、とまっているのがスイカズラの葉ということに気づき、見ると葉表にまだ濡れた感じの黄色の卵が見つかりました。なお、サツマシジミは見つけられませんでした。
  • 2016年6月11日 何かいないかと富士山麓に行ってきました。ヤマトスジグロシロチョウと思われる薄黄褐色に色のついた卵の産卵を見ることができました。成虫ではヤマトとただのスジグロの違いは私はいまひとつわかりませんが、卵は明瞭に区別できるそうです。ただの方は孵化直前も幼虫自身も白色半透明ですが、ヤマトではともに色づいているそうです。そういうことを知ってから、かつて飼育してとりあえずヤマトとしている卵を見ると、ヤマトで間違っていないようです。いずれにしても、今回両方の産卵を見て卵も両方持ち帰ったので同時に飼育して比較していきたいと思います。▼空では、富士山にはいいハロはかからなかったのですが、静岡に戻ってから、環天頂アーク、上部タンジェントアーク、左右幻日が見えました。富士山麓では薄い内暈、小さくて薄い環水平アークが見られました。

↑薄黄褐色の卵を産んだ。

↑拡大。元写真が白飛びしているので明るさ、コントラスト補正後のため、下の写真との比較は難しい。

↑白色の卵を産んだ。

↑拡大。

↑産卵直後の卵(同倍率比較)。左:薄黄褐色、右:白
(参考)
ヤマトスジグロシロチョウとスジグロシロチョウの産卵(ヤマハタザオ)
2016年6月11日 撮影
山梨県富士山麓


スジグロシロチョウ類♀が盛んに産卵飛翔している場所の近くでヤマハタザオを見つけました。そこで薄黄褐色の卵を数個見つけ持ち帰って飼うことにしました。その後、昨年卵を持ち帰った場所に移動したところ、ここでもハタザオを見つけて産卵を撮影しました。この時のものが上記の1、2枚目の写真です。そのちょっと前に、そこから300mほど離れたより暗い所で写したのが3、4枚目の写真です。さらに産卵直後に撮った卵の写真を並べています。また、この下に持ち帰って拡大撮影した写真(産卵後9時間)を並べています。明白に色や模様が異なります。白い卵の方が、縦筋が太く見えます。

↑産卵9時間後の卵(同倍率比較)。左:薄黄褐色、右:白
 
 
環天頂アークとタンジェントアーク
2016年6月11日
静岡市駿河区曲金


この日は、富士山麓に行って、富士山上にハロが出ないかと期待したのですが、ごく薄い内暈がでました。しかし太陽が移動してから富士山とは違う方向に小さい環水平アークがでました。残念だったのですが、静岡市に帰ってから比較的きれいな環天頂アークが出て、その後薄くなってから、タンジェントアークや左右幻日が見えました。普通種ハロのそろい踏みです。
  • 2016年6月5日 3月下旬に孵化したアカセセリがやっと蛹化してくれました。2卵だけ孵化し、そのうち1幼虫は途中で死亡したので、1匹だけの蛹化ですが、本当に安堵しました。卵で越冬するゼフィルスの多くは、1か月以内に蛹化するので2倍以上の時間がかかりました。アカセセリの飼育の様子はアカセセリのページにアップしてあります。アカセセリの幼虫は他の幼虫とは全く異なる黒褐色で、非常に興味深かったので、うまく蛹化まで至りうれしかったです。同時に飼っているダイミョウセセリはあっという間に前蛹になりました。こちらは鉢植えのオニドコロを使ったこともあり、何の世話もなく成長してくれて楽でした。こちらの飼育の様子も静岡のダイミョウセセリのページにアップしてあります。
 
 
 

↑古い巣の中の様子と食痕
(参考)
飼育の様子と脱皮後少し成長したアカセセリの幼虫と巣(5齢、24.5mm、ヒカゲスゲ)
2016年5月25日 撮影
長野県の高原 母蝶採集
静岡市駿河区 飼育


また新たなヒカゲスゲの束に巣が移りました。古い巣の上部の内側にはやはり密に糸が吐かれています。体色はほぼ一様に黒褐色ですが、よく見るとより黒い筋が真ん中に通っています。
 
 
 
(参考)
蛹化1日後のアカセセリの巣と蛹(18.5mm)
2016年6月2日 撮影
長野県の高原 母蝶採集
静岡市駿河区 飼育


繭のある巣をひっくり返してみると、粗い繭の中の蛹が見えます。その後、繭をはがして撮影しました。黒い小さな斑点がちりばめられた模様です。
  • 2016年5月29日 大阪周辺ではアカシジミなどゼフィルスも飛び始めていますが、静岡のいつもの場所にはゼフィルスはほぼいません。ですが何かいないかといつものように観察に行きました。多かったのはルリシジミ♀で、ナツフジの蕾に産卵するのを何度も見ました。他にもコマツナギなどで産卵場所を探して歩いていましたが、産卵は見られませんでした。意外にクロ系アゲハ、特にモンキアゲハ♂が多かったのですが、大きさからすると春型のように見えます。かなりだらだら発生なのでしょうか。ゴマダラチョウの産卵を見ました。他には、カラスアゲハ、ナガサキアゲハ、アゲハ、アオスジアゲハ、コジャノメ、ヒメウラナミジャノメ、ダイミョウセセリ、キチョウ、スジグロシロチョウ、ウラギンシジミ。ベニシジミも2化が増えてきて♂の卍巴も見られました。

↑ルリシジミの産卵

↑ルリシジミの卵(産卵の写真とは違う蕾上)

↑ゴマダラチョウの産卵

↑ゴマダラチョウの卵
ルリシジミとゴマダラチョウ
2016年5月29日
静岡市駿河区大谷


 
  • 2016年5月21日 京都の疏水(そすい、琵琶湖疏水)を歩いてきました。京都の疏水はいわゆる運河として上水源としてそして水力発電目的で作られた琵琶湖の大津〜鴨川(夷川発電所))〜伏見間の水路です。その沿線は疏水ウォークとしてハイキングが盛んで、明治期に作られた疏水施設、大津宮が作られた飛鳥時代以降の歴史史跡、そして水路まわりの自然を楽しめるコースです。疏水沿いに植えられたソメイヨシノはキマダラルリツバメの発生木として有名です。しかし多くの木は老化して枯れ伐採されています。今はヤマザクラが多く植えられているようです。さて散歩の間、普通種ではありますが何種かの蝶も観察できました。驚いたのはトイレの中に止まっていたイシガケチョウ。いつの間にかこんな地域にまで侵入していたのですね。他には新鮮なテングチョウ、コクワガタと共に吸汁していたサトキマダラヒカゲ、コミスジ、産卵しかけていたホシミスジ。新しいカメラ(Olympus TG-4)を買いました。このカメラに慣れる必要がありますが、通常使っているRicoh GX200に比べると、接写はピントが合いやすく撮りやすいです。ただ、特に風景を望遠で撮るとハレーションがひどく、これはこのカメラの仕様なのか、この個体がおかしいのか悩んでいるところです。またGX200にはいろいろと利点もあり、こちらも手放せそうにはありません。
(参考)
イシガケチョウの静止
2016年5月21日
京都市山科区御陵


疏水べりにあるトイレの中です。場所が場所だけに慌ててうまく撮れませんでしたが、いつのまにかこんなところまで勢力を拡大しているようです。

↑疏水べりのフェンスに止まるテングチョウ

↑疏水べりのフェンスに止まるテングチョウ

↑コナラの樹液に集まるサトキマダラヒカゲ>
(参考)
テングチョウとサトキマダラヒカゲ
2016年5月21日
京都市山科区御陵


サトキマダラヒカゲが集まっていたのですが、最大6匹はいました。コクワガタもいました。
  • 2016年5月15日 いつもの場所に観察に行きました。あまり蝶の成虫は見られなかったのですが、モンシロチョウやベニシジミは2化が出ていました。アゲハ類もいろいろまだ飛んでいました。アオスジアゲハが翅を開いて動かないので変だと思ったのですが、どうもクモに襲われているようです。アオスジアゲハを捕えるなんてすごいですね。クロコノマチョウは幼虫が簡単に見つかりました。ダイミョウセセリは成虫もいましたが、オニドコロに3卵見つかりました。久しぶりに飼ってみようと思います。他には、コミスジ、アサマイチモンジ、コジャノメ、ヒメウラナミジャノメ、ゴマダラチョウ、チャバネセセリ、イチモンジセセリなど。▼空では今日も非常に薄い環水平アークが見られました。
 
 
クモに襲われた?アオスジアゲハと吸蜜するアオスジアゲハ(トベラ)
2016年5月15日
静岡市駿河区大谷


通常は翅を閉じて止まるアオスジアゲハが翅を開いて動きません。おかしいなと思って見ていましたが、写真を拡大すると何かの足が翅にかかっています。おそらく大きなクモがアオスジアゲハを捕えているのでしょう。近くでは2匹のアオスジアゲハが盛んに吸蜜していました。
 
 
クロコノマチョウの幼虫(2齢)と食痕、環境
2016年5月15日
静岡市駿河区大谷


この時期、水際に生えているススキを探すと簡単にクロコノマチョウの卵や幼虫を見つけることができます。
 
(参考)
ダイミョウセセリの卵(オニドコロ)

2016年5月15日
静岡市駿河区大谷


オニドコロの葉表に2卵見つかりました。2卵が1枚の葉にあるのは初めて見ました。付いている毛の量が異なるので、2回目は毛不足なのかもしれません。
  • 2016年5月14日 今日もまた静岡市葵区の南部に観察に行ってきました。目的はクロコムラサキでしたが、かないませんでした。なんとか通常型がを柳で吸汁しているのを見ることができました。オオスズメバチが2匹もいてちょっと怖かったです。近くでクロコノマチョウの産卵を見ることができました。他には、アゲハ類は相変わらず飛んでいます。チャバネセセリとイチモンジセセリ、アサマイチモンジ、サカハチチョウなど。▼空では比較的きれいな内暈と、ごく薄い環水平アークが見られました。
 
 
 
クロコノマチョウの産卵と卵(ススキ)
2016年5月14日
静岡市葵区南部


道に少しせり出したススキの葉の裏で産卵していました。そっと撮影していたのですが、気になったようで2卵だけ産んで飛び去ってしまいました。少し雲が出て陽を隠していましたが晴れた日の14時ぐらいでした。
コムラサキの吸汁
2016年5月14日
静岡市葵区南部


河原のヤナギです。
  • 2016年5月8日 静岡市葵区の南部に観察に行ってきました。去年はウスバシロチョウやミスジチョウを見つけたところです。今日はそう言った珍しいものは見つけられませんでしたが、コミスジの産卵を撮影できました。また、ジャコウアゲハの食草のオオバウマノスズクサの花を見つけました。植物自体はよく見るのですが、なかなか花をつけるほど成長しているものを見ることはありません。独特のニオイで小昆虫をよんでいるようです。外にも中にも小昆虫がいました。サカハチチョウは今年も健在でした。他にはカラスアゲハ、モンキアゲハ、ナガサキアゲハ、ツマキチョウ♀、コキマダラセセリ、ダイミョウセセリなど。途中の安倍川左岸土手でアザミで吸蜜するチャバネセセリを見ました。▼空では久しぶりに環水平アークが見られました。
 
 
 
(参考)
コミスジの産卵と卵(クズ)と環境
2016年5月8日
静岡市葵区南部


山地の車道脇斜面に生えたクズに、突然コミスジが止まり、すぐに産卵して飛び去りました。先端部表面です。
 
 
 
←中
 
 
オオバウマノスズクサの花とその中の昆虫

2016年5月8日
静岡市葵区南部


静岡市の山地ではどこでもオオバウマノスズクサを見ます。しかし、花を見ることはめったにありません。非常に久しぶりに花を見つけました。独特のニオイで虫をよぶようで、花にはショウジョウバエのような昆虫がくっついています。さらに切って中を見てみました。Webなどの情報通り、中には虫の死骸が入っていました。ウマノスズクサに比べるとそれほど嫌なニオイではありません。
  • 2016年5月7日 ゴールデンウイークは、熊野古道(和歌山県田辺市)を歩いてきました。当然、蝶も少しは期待していました。たしかに、アオスジアゲハ、モンキアゲハは各地で多数見ました。しかし、少しばかり期待していたミカドアゲハ(オガタマノキは確認)、サツマシジミ幼虫(サンゴジュの蕾は時々チェック)、クロツバメシジミ(マンネングサ類は多数)、シルビアシジミ(ミヤコグサは多数)は全く気配さえ感じられませんでした。残念。今日は、いつものところを歩いてきました。アゲハ類はもう減ったのかもしれませんが、何種か見ました。ムラサキツバメの幼虫も終齢になっていました。もう一度飼育したいと思っているアカタテハは卵も巣も全く見つかりませんでした。代わりにラミーカミキリをこの地で初めて見ました。ゴマダラチョウが2匹吸汁し、そのまわりでヒカゲチョウ2匹が追飛していました。このあたりにもアカボシゴマダラが侵入しているらしいですが私は今のところ見ていません。他に今日見たのは、アオスジアゲハ、アゲハ、ジャコウアゲハ、ナガサキアゲハ、モンキアゲハ、オナガアゲハ(この地では初めて)、カラスアゲハ、クロコノマチョウ、ツマグロヒョウモン♂、コミスジなど。
 
オナガアゲハの吸蜜(♂、ミカン類)
2016年5月7日
静岡市駿河区大谷


非常に見づらいうえに、尾状突起が欠けていて、判断しにくいですが、翅の感じはオナガアゲハでしょう。この地でオナガアゲハを見たのは初めてです。

クリックで大きな画像へ
ダイミョウセセリの吸蜜(ミカン類)
2016年5月7日
静岡市駿河区大谷


ミカン畑で1本だけ特に花が多い木があり、強い芳香が漂っていました。これに誘われてか、いろいろな蝶がやってきました。ダイミョウセセリも来ました。他に来たのはアオスジアゲハ、カラスアゲハ、モンキアゲハ、オナガアゲハ。
  • 2016年4月24日 急に初夏のような陽気になりました。昨日は服部緑地公園、今日は神崎川あたりを歩いてみました。いずれも、アゲハ、アオスジアゲハ、モンシロチョウが多く、気持ちの良い観察ができました。アゲハやアオスジアゲハはおそらく今が羽化の最盛期なのでしょう、鮮度の良い個体を多数見ることができました。一時期非常に増えていたツマキチョウはもうほとんど見ることができないのはとても寂しいです。非常に気に入られていた産卵植物のカキネガラシが非常に減っています。たまに繁茂している場所を見つけても、卵は全く付いていませんでした。成虫は昨日1匹だけ見ることができました。冬に越冬幼虫を見つけたコムラサキは、ずいぶん成長して終齢幼虫と蛹になっていました。緑地公園ではジャコウアゲハが多く、神崎川でも卵を確認できました。他に見たものは、昨日はサトキマダラヒカゲ、ヒメウラナミジャノメ、コミスジ?、ムラサキシジミ、ヤマトシジミ、今日は、ヤマトシジミ、ベニシジミ。家の近所でクロアゲハ。
 
 
産卵場所を探して飛翔するジャコウアゲハ(♀、ウマノスズクサ)

2016年4月23日
大阪府豊中市服部緑地公園


以前示した越冬蛹は無事に羽化したものが多かったようで、この日は公園で広く成虫が見られました。もう時期的に遅いのでしょうが、1♂のほかは全て♀でした。いずれも産卵場所を探しているようで、植物に触れながら飛翔していました。いまのところウマノスズクサが生えているのはごく一部の場所だけですが、この写真の場所は上記の場所から少し離れているところでここでは初めて見ました。上の写真の左下方あたりのウマノスズクサの蔓に2卵すでに産み付けられていました。
 
アゲハの静止とアオスジアゲハの吸蜜

2016年4月23、24日
大阪府豊中市服部緑地公園、大阪市淀川区


 
 

↑幼虫のいるところ
 

↑蛹のいるところ
コムラサキの幼虫(5齢)と蛹
2016年4月24日
大阪市淀川区

越冬幼虫を見つけたヤナギで終齢幼虫と蛹を見つけました。越冬幼虫が3匹だけだとすると、少なくとも2匹は終齢幼虫以上に育ったので、越冬させ成功すれば、その後の死亡率は低いのかもしれません。なかなか見つけづらかったのですが、なんとなく怪しいと感じたところに幼虫がいました。蛹の方は、突然目に飛び込んできました。ヒトの識別能力はなかなか不思議なものです。
  • 2016年4月17日 今日は静岡市でも大雨になっています。昨日の報告の続きです。エノキは多くの蝶の食樹になっています。今年もヒオドシチョウの幼虫群が見つかりました。今年は2集団となっていて、おそらく2匹の♀が産んだのでしょう。ムラサキシジミは♀がまだ伸びないアラカシの芽を探して盛んに産卵していましたが、既に2齢になった幼虫も簡単に見つかりました。小さなエノキに、アカボシゴマダラ(中国産)が見つからないかずっと見て回っていますが、ゴマダラチョウも含め全く見つけられません。カラムシも、アカタテハの卵が見つかりません。今年は久しぶりに飼ってみようと思っているのですが。▼ベランダで飼っているミスジチョウは無事蛹化しました。結局、昨年の夏に持ち帰った枯葉に蛹化したので、最初の葉が重要だということが分かります。▼静岡市は一時大雨が降りましたが、雨の上がりかけに久しぶりに薄いながらも虹がかかりました。

↑左右に2集団

↑個体群Aの幼虫群

↑個体群Bの2つの幼虫群

↑個体群Bの卵塊
ヒオドシチョウの幼虫群と卵塊(エノキ)
2016年4月16日
静岡市駿河区大谷


2013年に産卵と幼虫を観察したエノキの頂部に2ヶ所、葉が少ないところを肉眼で見つけ、望遠レンズで見ると幼虫群と卵塊が見つかりました。他の方のHPを見ると、結構低いところで産卵することもあるようですが、この地ではいつも地上から4、5mの頂部でしか産んでくれず詳しく観察できません。
 
 
ムラサキシジミの幼虫(2齢?)とアリ
2016年4月16日
静岡市駿河区大谷

まだ産卵する♀もよく観察されますが、アラカシの開いた柔らかい葉に食痕も目立つようになり、裏面に幼虫が見つかりました。やはりアリが守っています。
 
 
 
 
(参考)
ミスジチョウの蛹と吐糸補強(モミジ)
2016年4月16日 撮影
長野県 産
静岡市駿河区 飼育


前蛹になった2日後に蛹化しました。じっくりと、吐糸による補強状況を観察してみました。ぶら下がる糸座から針金までずっと糸が吐かれていることが分かります。
  • 2016年4月16日 熊本から大分にかけて甚大震災が起きてしまいました。心からお悔やみを申し上げます。こういうことが起こるとなかなか気分が晴れやかにならないのですが、こちらは天気も良く、いつものところに観察に出かけました。新たに、ヒメウラナミジャノメ、ツマグロヒョウモン、ツマキチョウ(撮影できず)、スジグロシロチョウを見ることができました。マテバシイ林ではムラサキツバメの卵もさらに増え、近くで成虫も見ることができました(撮影できず)。ムラサキシジミは産卵もしていました。他には多数のモンシロチョウ、ベニシジミ、ヤマトシジミ、キチョウ、ルリタテハ、黒いアゲハ(たぶんジャコウ)。成虫二種のみ写真を貼っておきます。そのほかの幼虫などはまた明日アップします。▼空では今年初めて環水平アークが見られました。非常に薄くて記録にするか迷いましたが、初としておきます。夕方は幻日が見られました。
 
ツマグロヒョウモン♂とヒメウラナミジャノメ
2016年4月16日
静岡市駿河区大谷


 
  • 2016年4月10日 昨日ですが大阪市と堺市の境を流れる大和川の堺市側の堤防でジャコウアゲハ♂を見ました。▼飼育しているアカセセリは、無事に育っています。与えているスゲは自信度合いは低いのですが、唯一の食草とされるヒカゲスゲでいいのでしょう。もう一つのミスジチョウも夜行性のようで、夜、開きかけているモミジの葉を食べています。
 
(参考)
アカセセリの幼虫と巣(1齢、4mm?、ヒカゲスゲ)
2016年4月10日 撮影
長野県の高原 母蝶採集
静岡市駿河区 飼育


2015年も母蝶を採取し、静岡市のベランダで強制採卵しました。2016年3月30日に孵化した幼虫です。駿河区大谷でみつけたヒカゲスゲらしきスゲで飼育していますが、今のところ順調に育っているようです。ヒカゲスゲの小株塊をベランダで鉢植えにして育て、そこから小さい株を切り取って小さいタッパーで育てています。幼虫は根元近くで糸を吐き、さらに葉の小片や糞を付けて簡単な巣を作って潜んでいます。
 
(参考)
摂食中のミスジチョウの幼虫(5齢?、23mm、モミジ)
2016年4月10日 撮影
長野県 産
静岡市駿河区 飼育


冬越ししたモミジの鉢植えの葉は食べられる量より成長する量が少なく、新たに鉢植えを作って、幼虫を枯葉の住処ごと移しました。毎日葉を1枚ぐらいずつ食べているようです。夜行性のようで、この写真は夜の20時ぐらいに撮りました。昼はいつもの枯葉の上にいます。
  • 2016年4月3日 世間はすっかり花見気分、そしてチョウマニアはギフチョウもうでの季節となりました。僕も昨日は会社の花見でしたが寒かったです。今日も天気はあまりよくないのですが午後は気温も上がり日差しも出てきました。いつものコースに観察に行きました。まさに春うらら、杉花粉も少なくなっていい感じです。田んぼと畑のあるところでモンシロチョウが多く飛び交い、中には田んぼで吸水するものがいました。春型の吸水は記憶になく珍しいと思います。真冬にアカタテハの幼虫がいたところではすっかりカラムシが伸びていましたが、アカタテハのいる気配は全くありませんでした。ナナホシテントウの幼虫と成虫が多かったです。ムラサキツバメの越冬地では、無事卵を見つけることができました。マテバシイの多くが伐採された跡地でカラスザンショウがいっぱい生えていてそこにアゲハが盛んに産卵していました。他にはベニシジミの卵、ルリタテハの卵を見ました。キチョウが比較的多かったです。他にはキタテハ、テングチョウ、ヤマトシジミ、たぶんクロコノマチョウを見ました。▼夏に採卵したアカセセリの卵が2匹だけ孵化してくれました。ヒカゲスゲと思われるスゲをこの散歩コースで見つけて育てていますが何とか食いついてくれました。
 
 
モンシロチョウ春型の吸水
2016年4月3日
静岡市駿河区富士見台


田んぼと畑が隣接するところです。田んぼで春型♂が吸水していました。モンシロチョウ春型の吸水は記憶になく珍しいと思います。畑の白菜?の葉が田んぼにまかれていて、その影響を受けたのかもしれません。明らかに腐ったアブラナ科のにおいがしていました。
 
アゲハの産卵の瞬間(カラスザンショウ)
2016年4月3日
静岡市駿河区大谷


ムラサキツバメの多いマテバシイ林のマテバシイの多くが伐採された跡に、多くのカラスザンショウが生えてきました。そこに盛んに産卵していました。まだ4月になったばかりで早い産卵と思います。

↑2016年4月3日 春になりカラムシは既に30cmぐらいに成長していましたが、全くアカタテハの巣は見つかりませんでした。



↑2016年4月3日 代わりにいたのはカミキリ、ナナホシテントウの成虫と幼虫でした。
カラムシ
2016年4月3日
静岡市駿河区宮川


4月に訪れるとカラムシは既に大きく成長していましたが、巣や食痕は全くありませんでした。卵もありませんでした。
  • 2016年3月26日 今週末は寒いようです。ベランダで飼っているミスジチョウは冬眠から覚めて?脱皮しました。枯葉を付けているモミジはまだ芽が固いのですが、同じ鉢のもう一本は葉が開いてきました。その葉を食べて成長しています。
 
 
 
(参考)
脱皮後成長したミスジチョウの幼虫(5齢?、18mm、モミジ)
2016年3月23日 撮影
長野県 産
静岡市駿河区 飼育


尾部に白い模様が出てきました。
  • 2016年3月21日 三連休を利用して、熊野古道を歩いてきました。既にギフチョウ含めいろいろな新蝶の季節が始まってはいますが、年度初めも近い今こそ、神聖な土地に行って身を清めたいと思った次第です。というのはかなり大袈裟ですが、いつかは行くべき価値のある所であることは確かだと思っていたのです。ただまあ、今の季節杉花粉が大変でした。コースは、まず和歌山県の新宮で熊野三山の一つ熊野速玉大社にお参りし、バスで那智駅に移動、ここから熊野那智大社と西国三十三ヶ所の一番札所の青岸渡寺を目指して歩きます。ここで一泊して翌日山を越えて1泊、さらに山を越えて熊野本宮大社を目指すというものです。なかなかいい山旅でした。ずいぶんと脚は疲れましたが心地いいものでした。蝶はずっとテングチョウが多く、他には熊野本宮大社で、モンシロチョウと思ったけど飛び方が変だったので気付いたイシガケチョウぐらいしか見ませんでした。社にオガタマノキの大木を見たので、きっと季節にはミカドアゲハが飛んでいることでしょう。赤い実のなる一両ともよばれるアリドオシがいっぱい生えているところがありました。写真等はまた近いうちにアップしたいと思います。
  • 2016年3月13日 ベランダで飼っているミスジチョウの幼虫はまだ動いていませんが、モミジの芽は少し膨らんできました。もうすぐ動き出すのでしょう。▼冬はどうしても暇になり、空を見たり(今日は内暈と上部ラテラルアークが見えましたが、薄いものでいまいち面白くありません)、赤い実を探したりしますが、それでも暇はつぶれません。そこで、最近はいろいろと目標を決めて歩こうということになりつつあります。もちろん、慣れない道を興味を持って歩くことは脳にもいいはずです。先日テレビでもやっていましたが、富士山の周りを歩くのもよさそうですが、実は富士山はいつも見えるわけではありません。最近は熊野古道に興味が出てきました。調べてみると、九十九王子とよばれる神社跡というのが100程度あり、これをたどっていくのも面白そうです。コレクター魂というのが間違いなく潜んでいて、蝶でもなんでも、数をこなして達成するというのは何とも気持ちのいいものです。百名山しかり。先日は紀伊路の南部側を5つほど見てきました。昨日は、大阪市内のものを5つ見てきました。大阪市民ではあるのですが、西の端に棲んでいることもあって、このあたりのことは全く疎く四天王寺にも初めて行ってみました。ここにも熊野権現礼拝石というありがたそうな石があります。
 
窪津王子と熊野権現礼拝石
2016年3月12日
大阪市中央区、天王寺区


  • 2016年3月5日 今日は暑かったです。日陰に入ると気持ちよく感じました。いつものところに観察に行きました。アパートから出たとたん、飛ぶ蝶を見つけました。隣家の庭にキチョウが飛んでいました。途中モンキチョウを追いかけるキタテハを見ました。キタテハは数匹は見ました。しかし他のタテハは全く見ませんでした。いつもの年ならルリタテハは確実だと思ったのですが。畑ではモンシロチョウを初見しました。さらにベニシジミやヤマトシジミ、ルリシジミを見ることができました。ルリシジミは残念ながら飛び去ってしまいましたが、その色合いから間違いないと思います。一方、ムラサキシジミやムラサキツバメはなぜか出てきてくれませんでした。
 
 
キチョウ、モンシロチョウ、ベニシジミ
2016年3月5日
静岡市駿河区


  • 2016年2月27日 静岡市はうららかな早春の陽気でした。何か飛び出さないかといつものところに行けば、さっそく新鮮なモンキチョウを見ることができました。さらに、ヤマトシジミまで現れました。ただしどちらも1匹ずつでした。静岡市は周辺地域より暖かいと思うのですが、2月にこれらを見たのは私にとっては初めてだと思います。他の蝶は、成虫越冬種も含め、全く見ませんでした。近所では、ツマグロヒョウモンが6匹も日向ぼっこしていました。いよいよ春ですね。
 
 
モンキチョウの静止(♂)
2016年2月27日
静岡市駿河区大谷


静岡市は大阪市より暖かい日が多いのですが、モンキチョウに限っては特に早くみられるわけではなさそうです。それでも2月のうちに見ることができたのは、今年はやはり暖冬だったからでしょう。南斜面で時折日光浴をしていました。
早春のヤマトシジミ(♂)
2016年2月27日
静岡市駿河区大谷


この年の初見です。2月に見たのは初めての経験です。もっとも今年は1月3日も見ています。やはり暖冬の影響でしょう。1月に見たときと同じ場所で、南斜面です。
 
 
越冬後のツマグロヒョウモンの幼虫(5齢?)
2016年2月27日
静岡市駿河区


近所の道路脇です。民家の敷地の縁です。おそらく、この家の住人はスミレを守っています。真冬でも花を咲かせていましたが、今日見ると6匹の幼虫がいて、どうやら緑の葉をほぼ食べつくしてしまったようです。朝の10:30頃見たときは1匹しかいなかったのですが、今日は日差しも十分で13:10頃見ると、6匹に増え、活発に動いているものもいました。
  • 2016年2月21日 年末に見つけた大阪の近所のコムラサキの幼虫を見てきました。しっかり3匹、枝に張り付いていました。このシダレヤナギは、背が低く、幹の肌が荒れておらず、見つけやすいのです。
 
 
 
 
 
コムラサキの越冬幼虫(3齢?)
2016年2月21日
大阪市淀川区

コムラサキは樹幹で越冬しますが、通常のヤナギの幹は、ひだひだだらけで簡単には見つけられません。しかし比較的若い木で越冬する場合には、ひだひだが少ないため、運が良ければ見つけることができます。3匹見つけることができました。上3枚の写真は広範囲の写真、下3枚の写真は幼虫のアップです。
  • 2016年2月13日 気温は高いけど雨、というのが予報だったと思うのですが、朝目が覚めると妙に明るい。窓を開けると温暖、快晴、富士山もよく見える。ということで、もうひと眠りした後いつものところに散歩に行き、ついでに富士山も見てきました。暖かいのだからムラサキツバメの日光浴を見たかったのですが、蝶で唯一見られたのはムラサキシジミでした。空には吊るし雲や傘雲がかかり、富士山頂上は見られませんでしたが、雰囲気は良かったです。その後急激に曇ってきたので、出かけたタイミングはギリだったようです。よかったです。
ムラサキシジミ♀の日光浴
2016年2月13日
静岡市駿河区大谷


暑いぐらいだったのですが、唯一見られた蝶です。

↑1月8日撮影。クリックで大きな画像へ


↑2月8日撮影。クリックで大きな画像へ


↑2月13日撮影。クリックで大きな画像へ
傘雲のかかる富士山
2016年1月8日、2月8、13日
静岡市駿河区


いずれもコントラストを強調する処理を行っています。1月8日、2月8日、そして今日の富士山と傘雲です。この季節だからなのか、傘雲が時々かかります。傘雲がかかると必ず撮るようにしています。正月明けはほとんど雪がなかったことがよく分かります。
  • 2016年2月7日 ベランダのアカタテハ幼虫を飼っているカラムシは残念ながら完全に枯れてしまいました。さすがに幼虫は生き延びれないのではないかと思っていますが、探してはいません。▼空の方は、金曜日に薄い環天頂アークが、土曜日にはごく薄い内暈が見えていました。▼赤い木の実の話です。検索するとよく出てくる京都府立植物園に行ってきました。食草・食樹図鑑では何度もお世話になっている場所です。赤い実のなる木も充実しています。見ることができたのは鈴生りのナナミノキ、モチノキ(緑の実しかなかったけど)、ソヨゴ(黒くなっていたけど)、一両として知られるアリドオシとツルコウジ、アリドオシに近いジュズネノキ、ウメモドキ、林になっているヒイラギモチ、アマミヒイラギモチ(実がなかったけど)などがありました。以前民家の庭で見た木は、セイヨウヒイラギではなくてアマミヒイラギモチではないかと思いました。

クリックで大きな画像へ


クリックで大きな画像へ

ナナミノキと赤い実
2016年2月6日
京都市京都府立植物園 植栽


ここには2本あり、もう一本には実がありませんでした。雄木かもしれません。それにしても、遠くからも目立ち、思わずすごいと声が出てしまいました。他の樹種の多くの赤い実がなくなってしまっているこの時期でもこれだけ残っているということは、ここにいる鳥には人気がないのでしょう。
  • 2016年1月31日 久しぶりにいつものところに行ってみました。目的はアカタテハの幼虫でしたが、残念ながら全く見当たりませんでした。カラムシも緑の葉がありませんでした。一方、1月4日に持ち帰った幼虫は、ベランダで何とか先週の寒波を乗り切ってくれました。しかし緑の葉は残り少なくなっています。陽が射すと暑いぐらいになりました。一瞬、ムラサキシジミらしきが飛びましたが確認はできませんでした。

↑2015年12月19日 巣を作っています。

↑2015年12月19日

↑2015年12月19日

↑2015年12月26日 周りは枯れた葉ばかりです。巣を作る葉を求めて歩いているように見えます。

↑2015年12月26日

↑2016年1月3日 何とか残っているカラムシで越年しました。葉を食べています。少なくとも4匹は生きているのを確認しました。

↑2016年1月3日

↑2016年1月3日 別の個体と環境です。

↑2016年1月3日 持ち帰って飼うことにしました。

↑2016年1月3日環境。

↑2016年1月31日 久しぶりに訪れたときの様子です。寒波のためか、幼虫が食べつくしたためか、緑の葉は全くなくなり、幼虫も見つかりませんでした。
真冬のアカタテハの幼虫
2015年12月19日〜2016年1月31日
静岡市駿河区大谷


12月を過ぎたのに、幼虫が巣を作ったりカラムシの葉を食べています。暖冬でカラムシ自体はまだ大丈夫だったのですが、草刈りのために残った緑のカラムシの葉はわずかです。1月24日から始まった寒波の時の最低気温に関する気象庁静岡(駿河区曲金)の記録は以下のとおりです。24日:-1.1℃(深夜)、25日:-3.2℃、26日:-2.0℃、27日:-1.4℃。

↑2016年1月4日 6.1mm、おそらく3齢。別のところから採ってきたカラムシを鉢植えにして葉の上に幼虫を置きました。するとしばらくして葉を食べ始めました。ここまでは室内です。この後、ベランダに置きました。

↑2016年1月4日

↑2016年1月16日 ほとんどの葉は萎れてしまいましたが1株のみ元気で、ここに巣を作りました。

↑2016年1月16日

↑2016年1月31日 朝見たときは茎の上にいたのですが、午後見ると葉が落ちていて、その葉を食べていました。

↑2016年1月31日

↑2016年1月31日 風で飛ばされそうなので洗濯ネットを掛けました。
真冬のアカタテハの幼虫の飼育
2016年1月4日〜2016年1月31日
静岡市駿河区大谷 産
静岡市駿河区 飼育


1月4日に飼育を決意して再度行って幼虫を持ち帰りました。カラムシは別のところから採ってきました。ここは南斜面でかなり暖かいということもあり、また刈られてから伸びた若い枝葉のためか、緑の葉が豊富です。その後カラムシのほとんどの葉は萎れてしまいましたが、一部のみ元気で移植は何とか成功したようです。さらに、1月24日以降の寒波に耐えてカラムシもアカタテハも生き延びました。
  • 2016年1月24日 去年の11月29日に見つけたアサギマダラの幼虫の様子を見てきました。無事に越冬しつつあるようで、おそらく4齢の幼虫を見つけました。前回見たときはどれもほぼ同じ大きさだったのですが、今回は差があります。あの後さらに産卵したとは思えないので、どうしなったのかわかりません。▼最近冬の新しい趣味を始めました。赤い木の実探索です。実家の庭にアオキや南天、クロガネモチが植えてあったり、近所の山にマンリョウやヤブコウジが生えていたりで親しみ深<感じていました。こちらの赤い木の実のページを見てください。
 

↑左が頭
(参考)
アサギマダラの幼虫と食痕(4齢?、キジョラン)
2016年1月23日
静岡市南部


静岡市でも氷点下を記録することがありますが、今のところ乗り切っているようです。
  • 2016年1月16日 いつも見ている静岡市の裏山ともいえる谷津山に一人ハイキングに行ってきました。気にはしていたのですが今まで全く行っていなかったのが不思議なくらいです。家から護国神社までまず歩きます。モチノキの実がまだ色づいていなかったのががっかりです。その境内から登り口があります。わずか100m程度の山なので簡単に登れます。今日は霞んでいたので今一つでしたが、ライオン砦と称する展望台からは、富士山や南アルプスがきれいに見えました。折り返して静岡市中心街方向(西方向)に歩き、途中、古墳の谷津山1号墳、そのそばの107.9mの三角点を通過して、清水山公園に着き、そこから市街に階段で降りました。蝶はムラサキシジミらしいのを見ただけでした。しかし春から秋にはいろいろと楽しめるのではないでしょうか。さて、さらに歩いて駿府城公園を歩いて、そこからさらに歩いて帰りました。途中、ふと、静岡駅に近い寶泰禅寺(宝泰寺)という寺に寄ってみました。こんなところに寺があるのも知りませんでした。全くの通りすがりです。ところが、なぜか心がものすごく癒されたのです。そこは石の彫刻、わらべ地蔵がいっぱい置かれていたのです。是非紹介したくてこちらに寶泰禅寺のページを作ってみました。
 

クリックで大きな画像へ
谷津山のライオン砦と富士山
2016年1月16日
静岡市葵区


3才ぐらいの子も親に連れられて登ってきていました。
↑クリックで高画質画像へ
わらべ地蔵
2016年1月16日
静岡市葵区伝馬町 寶泰禅寺



  • 2016年1月11日 比較的近い大阪府箕面昆虫館に行ってみました。伊丹に比べてかなり規模が小さく、年々種数も減っている気がして心配です。それでも近いのと運動がてら暇な冬に年に一度行くことが多いです。オオゴマダラ、ツマムラサキマダラ、リュウキュウムラサキ、キチョウがいました。あまり面白いシーンはなかったのですが、クワ科の植物に盛んに産卵していました。
 
ツマムラサキマダラの産卵と卵(クワ科)
2016年1月10日
大阪府箕面昆虫館


かなり高い所だったのでぶれた写真しか撮れませんでした。求愛飛翔もよく見られました。
  • 2016年1月4日 今日も気温が上がりました。ほんの短い時間だけ、いつものところに行ってきました。ウラナミシジミも飛んでいました。他には、ヤマトシジミ♂、キチョウ、ムラサキシジミ、ムラサキツバメ♂、ウラギンシジミ♀も見られました。大阪府の各地で見られたというモンシロチョウは見ませんでした。ある意味ほっとしています。
越年したウラナミシジミの吸蜜(ノギク類)
2016年1月4日
静岡市駿河区大谷


最高気温が17.6℃になった日です。日差しも強くてじっとしていると汗ばみます。ウラナミシジミはこの個体だけ見られました。一方ヤマトシジミは複数見られました。

クリックで大きな画像へ
シダの葉で翅を広げるムラサキツバメ♂
2016年1月4日
静岡市駿河区大谷


この冬はマテバシイ林を切られたためか集団は見つけられませんが、いろんな場所でごくたまに活動中の個体を見ることができます。
  • 2016年1月3日(2) 非常に天気がよく、気温も上がった日です。いつものように、昼前から散歩に行きました。先週も見られたヤマトシジミ♂が今日も飛んでいました。あっさり初蝶となりました。やはり異常に気温が高いのでしょう。大阪市でもモンシロチョウが見られたという驚きべき情報があります。アカタテハは2〜4齢の幼虫が活動していました。帰り、非常にきれいな環天頂アークが見られました。昼前にはきれいな光環も見られました。大阪では昨日も環天頂アークが見られ、今年は心を入れ替え?空はきれいな現象を頻繁に見せてくれると信じましょう。
 
遅い記録のヤマトシジミ成虫
2016年1月3日
静岡市駿河区大谷


新年早々の鮮度良い成虫ですが、年末の2015年12月26日にも成虫が見られているので遅い記録というべきでしょう。この日は本州全般に高温の記録が出た日です。静岡市駿河区の気象台最高気温は16.2℃でしたが、風が弱く日差しも強くて暑く感じました。少なくとも4匹の成虫(全て♂)を見ました。

クリックで大きな画像へ


クリックで大きな画像へ
環天頂アークと鴨
2016年1月3日
静岡市駿河区


せいぜい10分程度でしょうか、ハロショーが見られました。最初薄い右幻日から始まり、タンジェントアークや内暈が見えたと思ったら、突然環天頂アークが現れ、急激に輝きを増して、そして消えてしまいました。

こちらにこの日の現象をまとめています。
  • 2016年1月3日 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
 
 
 


 
  • 2015年12月26日 今日もいい天気でしたが、風が少々強くどうかなと思いましたが、いつものところに行ってきました。風が弱い南斜面ではなんとかヤマトシジミ♂を3匹見ることができました。先週と違ってウラナミシジミは全く見られず、どこに行ったのでしょうか。静岡はそれほど気温が下がったわけではないのできっとどこかにいるはずです。越冬蝶では久しぶりにムラサキツバメ♂が目の前で開翅してくれました。アカタテハの幼虫もまだ健在でした。いまだに赤とんぼが飛んでいました。

↑ムラサキツバメ♂

↑アカタテハ幼虫

↑赤とんぼ
ムラサキツバメ、アカタテハ幼虫、赤とんぼ
2015年12月26日
静岡市駿河区大谷


 
  • 2015年12月19日 今日もいい天気で風も弱く、南斜面では大変気持ち良い気候でした。蝶も多く、ウラナミシジミやヤマトシジミは求愛追飛もたびたび見られました。ベニシジミも見られ、探していたムラサキツバメも2匹飛んでいましたが、遠くて撮れませんでした。アカタテハはいまだに2齢幼虫がいますがこれから成虫になるのは餌不足もあって難しいでしょう。

↑ウラナミシジミ♀

↑ヤマトシジミ♂

↑アカタテハ幼虫
ウラナミシジミ、ヤマトシジミ、アカタテハ幼虫
2015年12月19日
静岡市駿河区大谷


 
最近の話題のバックナンバーへ

トップページへ