前日までの話題 と 更新情報
  • 2017年10月15日 静岡市も大阪市も雨の季節になってしまいました。通常なら、暑くもなく寒くもない最適なアウトドアシーズンなのに、残念です。ですが、幼虫観察には問題ありません。アカボシゴマダラが、都市部にまで及んできているようです。こうなると、静岡市では細々と生きていたゴマダラチョウはかなり厳しい状況と想像します。
 
アカボシゴマダラの幼虫(エノキ)
2017年10月15日
静岡市駿河区豊田


かなり交通量の多い道路沿いの歩道の植栽中に、自然に生えたエノキです。こんなところでも3匹のアカボシゴマダラの幼虫が見つかりました。かなり寒くなってきましたが、頭部突起の形は非越冬態のそれです。
  • 2017年10月9日 かなり広い地域で暑い日でした。大阪市にいたのですがやはり暑かったです。舗装道路を歩いていて、赤い幼虫が目立っていました。ツマグロヒョウモンの終齢幼虫です。数えていませんが、20匹ぐらい日向ぼっこしていたようです。一般の人にはちょっと辛い光景かもしれません。
 
 
ツマグロヒョウモンの終齢幼虫(スミレ類)
2017年10月9日
大阪市淀川区


大阪市でも静岡市でも、舗装道路脇のちょっとした隙間にスミレ類が群生していることがあります。そういうところで探すと、幼虫がよく見つかりますが、狭い領域に15匹はいたでしょう。これほど高密度にいたのを見たのは初めてです。
  • 2017年9月24日 去年と今年のお気に入りの写真を、デジタルベストのページに6点加えました。クリックすると新しいページが開きます。左側にサムネール(小写真)が並べてあるので、クリックすると大きな写真が出てきます。追加分は下の方にあります。種名、解説などは書いていません。ファンクションキーF11を押すと全画面モードになります。もう一度F11を押すと元に戻ります。
  • 2017年9月23日 秋分の日です。朝晩はめっきり涼しくなりました。暑さ寒さも彼岸まで、温暖化が進んで、すっかり使われなくなった古い言葉の意味を少しは感じます。そんな中、いつものところに観察に行きました。涼しくなったおかげで、昼にも蝶は結構いました。羽化後間もないと思われるアカボシゴマダラがいたり、ムラサキツバメが産卵したり、この地で私は初めて撮影したミドリヒョウモンが複数いたり。他には、コミスジ、キタテハ、キチョウ、ヒメウラナミジャノメ、ダイミョウセセリ、キマダラセセリ。相変わらずイチモンジセセリは多いですが、チャバネセセリは見つかりません。帰り際の畑でツマグロヒョウモン♀が美しく吸蜜していました。また、川の土手で久しぶりにヒメジャノメを見ました。
クリックで高画質画像へ
クリックで高画質画像へ。
なお、この写真は、画像処理によりクモの糸を消しています。
ツマグロヒョウモンの吸蜜(♀、ハッカ類)
2017年9月23日
静岡市駿河区宮川


ツマグロヒョウモン♀は♂とは違う模様です。新鮮な個体は非常にきれいです。鳥にとって毒をもつマダラチョウ科に擬態していると言われ、そのためゆったり飛ぶことが多いと思います。
 
 
羽化後間もないアカボシゴマダラと蛹殻(エノキ)
2017年9月23日
静岡市駿河区大谷


上に紹介した産卵場所の近くです。蛹殻のある枝でしばらく止まっていました。おそらく羽化直後の♀だと思います。この場所はかなり安定してアカボシゴマダラを見ることができるようになりました。
 
 
ムラサキツバメの産卵と卵(マテバシイ)
2017年9月23日
静岡市駿河区大谷


いつも観察をしているところです。伸びてきたマテバシイの枝の新芽に産卵していました。ムラサキツバメは、古い葉の裏に産み付けることが多いですが、時々新芽にも産んでいます。
 
ミドリヒョウモンの吸蜜
2017年9月23日
静岡市駿河区大谷


2週前にもこの地で初めてミドリヒョウモンと思われる個体を2匹見ましたが、この時は撮影できませんでした。この日は、少し高い木の白い花に2匹のミドリヒョウモンを見つけ、望遠レンズで撮影できました。この写真は同一個体と思います。どのあたりで発生してここまで来ているのか気になります。いまだに、6月にミドリヒョウモンを見たことはありません。
  • 2017年9月19日 連休を利用してフィンランドのヘルシンキなどに行ってきました。蝶はほとんど見なかったのですが、ヘルシンキの西の森でスジボソヤマキチョウかその近似種を見ることができました。旅行自体は楽しく、英気を養うことができました。旅行の写真はこちらにあります。
ヌクーシオ国立公園
クリックで大きな画像へ

日光浴するスジボソヤマキチョウの仲間♀
2017年9月16日
フィンランド、ヌクーシオ国立公園


バス停に向かってゆっくり歩いていると、何かが目の前を舞い落ちました。なんとなく枯葉ではないなと思ってみると、スジボソヤマキチョウかその近縁種でした。越冬場所を探しているのでしょうか。黄色の落ち葉にとまったのは身を隠す術を知っているからでしょう。曇ってきたので翅を傾けて日光浴しているようです。旅行中、ほぼ初めて見る蝶だったのでとてもうれしかったです(このちょっと前に白い蝶を見ました)。
  • 2017年9月9日 今日も午前中にいつものところに観察に行きました。比較的家に近い途中の川で、シダレヤナギではないヤナギにコムラサキの蛹殻を見ました。ここでも繁殖しているのだと思うと嬉しいです。ダイミョウセセリの吸い戻しを見ました。吸い戻し行動は、乾燥した鳥の糞などに自ら尾端から水を出し、それを吸う行動です。栄養分を溶かして摂取しているのだと言われています。ダイミョウセセリで見たのは2度目です。他には、あいかわらずクロ系アゲハが多く、今日特にクロアゲハを数匹見ました。他には、キマダラセセリ、アサマイチモンジの♂どうしの追いかけあい、キチョウ、ウラギンシジミ、コミスジ、ヒカゲチョウ、アカボシゴマダラ。相変わらずイチモンジセセリは多いですがチャバネセセリは見ませんでした。クズも咲き始めていますが、ウラナミシジミはまだ見ません。2房探しただけですが卵もありませんでした。全く違う場所ですが、葵区の比較的市街地に近い公園の花壇でナガサキアゲハ♀の吸蜜を見ました。遠すぎていい写真は撮れませんでした。
 

↑アップです。

↑ときどき尾端をグイっと曲げます。葉も濡れているようです。

↑アップです。尾端に水滴が見えます。
ダイミョウセセリの吸い戻し
2017年9月9日
静岡市駿河区大谷


再度吸い戻しを見ることができました。
  • 2017年9月2日 9月になって一気に秋めいてきた感じです。朝ドアを開けた時の空気の涼しさにほっとします。今日もいつものところに行ってきました。予想通り、イチモンジセセリが非常に増えています。変わったところでは、目立たない花のカクレミノで多くの個体が吸蜜していました。このところ気にしているチャバネセセリは、わずか1匹だけ確認できました。かなり心配しています。今日はチャバネセセリよりキマダラセセリの方が多かったぐらいです。といっても2匹見ただけですが。両方ともとても新鮮でおそらく今日羽化したのでしょう。ケイトウで吸蜜しているのがとても美しく感じられました。キマダラセセリは郊外の蝶で、ちょっと深い山に行くと全然いません。こちらも絶滅のリスクは高いのではないかと思っているので姿を見つけるとほっとします。他にはかなり古びたクロ系アゲハが多かったです。クロ、モンキ、ナガサキ。ナガサキアゲハ♀がミカンに産卵しようとしていました。久しぶりにアサギマダラを見ました。他にはおそらくアサマイチモンジ、コミスジ、アオスジアゲハ、キチョウ、ダイミョウセセリ、アカタテハ、ツマグロヒョウモン、クロコノマチョウ、コジャノメ、ヒメウラナミジャノメなど。
 
イチモンジセセリ、アオスジアゲハ、コミスジの集団吸蜜(カクレミノ)
2017年9月2日
静岡市駿河区大谷


地上3mぐらいでしょうか。多くの昆虫が目立たない花に群がっているのに気付いて、望遠で撮ってみました。多くのイチモンジセセリとともに、コミスジとアオスジアゲハが盛んに吸蜜していました。視覚的には目立たないので、何かいい匂いでも出しているのでしょうか。

クリックで高画質画像へ


クリックで高画質画像へ


クリックで高画質画像へ

キマダラセセリの吸蜜(ケイトウ)
2017年9月2日
静岡市駿河区大谷


車のほとんど通らない道路沿いの花畑です。ケイトウが見事に咲きそろって多くの蝶が吸蜜していました。そのほとんどはイチモンジセセリでしたが、キマダラセセリも来ていました。ちょうど羽化直後のような新鮮な個体でした。他にアカタテハやクロアゲハも短時間来ていました。濃ピンクと黄色のコントラストが鮮烈です。
クリックで高画質画像へ ナミアゲハの吸蜜(夏型、♂、ヤブカラシ)
2017年9月2日
静岡市駿河区小鹿


ヤブカラシにアゲハが来ていました。新鮮な夏型♂です。いかにも夏という感じがします。
  • 2017年8月27日 このところ静岡も大阪も猛暑で、蝶の観察に行けません。猛暑だけが理由ではないですが。先日産まれたタテハモドキの卵はその後全然変化しません。しぼみもしないので期待もあったのですが、1週間たって色に変化がないので、残念ながら、予想通り無精卵と判断せざるを得ません。▼空の話です。久しぶりにきれいな幻日が新幹線の中から見られました。今年は猛暑や長雨、豪雨などいろんな異常気象が起こって大迷惑ですが、空の虹色もかなり少ないように思います。観察できないのは仕事やほかのことが忙しいということもあります。
幻日
2017年8月27日
兵庫県


窓から撮ったので色はよくないですが、巻雲が横に連なってきれいでした。
  • 2017年8月20日 先週見つけたタテハモドキは、帰省の間、網の中に放置していたのですが、無事、産卵してくれていました。もっとも、おそらく無精卵だろうと思いますが、とりあえず様子を見ます。もしも当地で野生で発生したのなら、複数個体いてもおかしくないので、発見場所周辺(=いつものコース)を散策してきました。残念ながら見たタテハはキタテハだけでした。今日見た蝶ではクロ系アゲハ(ナガサキ、モンキ、カラス)、アゲハ、アオスジアゲハが多かったです。ほかには、コジャノメ、コミスジ、ベニシジミ、キチョウ、ダイミョウセセリ。
 
 
 
タテハモドキの卵(イワダレソウ)
2017年8月20日 撮影
静岡市駿河区 母蝶採集
静岡市駿河区 飼育


卵はイワダレソウの枝の先の葉の裏または表に産まれていました。葉の調子が悪く、巻いた感じになっていたので、本来は裏に産むものと思われます。母蝶を網に入れたまま放置していたので、産卵期日は8月14日から19日の間ですが、どの日か分かりません。少なくとも6卵見つかりました。
  • 2017年8月13日 久しぶりの驚きの発見でした。いつものコースを歩いていると、オレンジ色のタテハが吸蜜していました。まずはツマグロヒョウモン♂だと思うでしょう。何気に近づいてみると、なんとタテハモドキでした。九州では定着していますが、もちろん静岡では迷蝶でしょう。非常に新鮮な♀なので、こちらで羽化したのでしょうが、果たして何を食べたのでしょう。もちろん、放蝶の可能性もあります。撮影と採卵用の採集後、いつものコースを歩いてみましたが、他にはいませんでした。♂は近くにいないかもしれずまた新鮮なので採卵は無理かもしれませんが、とりあえず鉢植えのイワダレソウといっしょにしています。
 
 
タテハモドキの吸蜜(ヤブカラシ)と静止
2017年8月13日
静岡市駿河区


道路脇の荒れ地です。
  • 2017年8月6日 今日も暑かったです。台風が南風を吹かせたのだとか。そんな暑い日でしたが、ヤマトシジミは元気に求愛していました。
ヤマトシジミの吸蜜と求愛
2017年8月6日
静岡市葵区城内町


駿府城のお堀のわきです。
  • 2017年8月5日 今日は暑い日でした。それでも昼前後にいつものところに行ってきました。黒系アゲハが多かったです。この暑いのにと思いますが、彼らはちょうどいいのかもしれません。多かったのはカラスアゲハとナガサキアゲハですが、モンキアゲハもいました。キアゲハもいました。この時期ナミアゲハの♀もかなり黄色っぽいですが、キアゲハは一目瞭然の黄色です。アカボシゴマダラは初めて♂と思われる飛翔を見ました。撮影はできませんでしたが。産卵も見ましたが、3齢幼虫もいました。成長度合いはかなりばらついてきています。ボロのムラサキツバメもいました。ルリシジミは相変わらず多く、ほかには、コミスジ、キチョウ、アオスジアゲハ(多)、ウラギンシジミ。クロコノマチョウの大きな終齢幼虫も多かったです。
 
 
アカボシゴマダラの産卵直後、2、3齢幼虫(エノキ)
2017年8月5日
静岡市駿河区大谷


ゴマダラチョウは全く見ませんが、アカボシゴマダラは本当に普通種になっています。
キアゲハの吸蜜
2017年8月5日
静岡市駿河区


民家の庭で吸蜜していました。紫の花に黄色が冴えます。
  • 2017年7月22日 静岡も暑いですが、猛暑というほどではありません。いつものところに観察に行きました。かなり大きくなったジュズダマに大きな食痕があり、見るとすぐにクロコノマチョウの幼虫が見つかりました。ススキにも食痕が多く見られましたが、幼虫がいるのは半分ぐらいでしょうか。この近くでは、アカボシゴマダラの産卵も見られました。ナツフジで、ウラギンシジミなどの幼虫を探すのですが、なかなか見つかりません。しかし、突然、大きな終齢幼虫に気付きました。いったん気づいた後探すと結構見つかります。家の近くで、ムラサキツバメと卵を見ました。真夏に街でムラサキツバメを見たのは初めてです。▼空では久しぶりに環水平アークが見られました。
 
ムラサキツバメの静止と卵(マテバシイ)
2017年7月22日
静岡市駿河区南八幡町


今年も盛夏の7月に、しかも市街で母蝶を見ることができました。産卵シーンは観察できなかったのですが、ひこばえの新芽に数個の卵を確認できました。スマホで撮ったのでピントが合っていません。
 
クロコノマチョウの幼虫(4齢?、ジュズダマ)、環境
2017年7月22日
静岡市駿河区大谷


この日は多くの幼虫を見ることができました。ジュズダマで見たのは初めてです。ススキにも多くの食痕が見られましたが、幼虫がいるのは半分程度でした。中には、頭部だけ残ったものがありました。おそらくアシナガバチに肉団子にされたのでしょう。
 
アカボシゴマダラの産卵と卵(エノキ)
2017年7月22日
静岡市駿河区大谷


昨年の夏も産卵を見た場所の近くです。ここで、今日は3匹のアカボシゴマダラを見ました。いずれも♀でしょう。ここは木の陰になっていて、小さいエノキも多く、産卵に適しているのでしょう。
環水平アーク
2017年7月22日
静岡市駿河区


ちゃんと色が明瞭に写るぐらいの環水平アークを見たのは久しぶりです。
  • 2017年7月17日 週末は大阪に帰っていました。散歩がてら淀川を歩いてみました。十三花火の準備が着々と進んでいましたが、ウマノスズクサは残っており、近くにジャコウアゲハの蛹がありました。先週持ち帰ったコミスジの卵は無事孵化し、巣も作り始めたのですが、全く成長せず、3卵すべて死亡しました。現地も見てきましたが、こちらも成長せず姿がありませんでした。やっぱりアレチヌスビトハギは食草にならないのかもしれません。

↑7月14日撮影

↑7月17日撮影
コミスジ幼虫の巣と死亡確認時の飼育の様子(アレチヌスビトハギ)
2017年7月14、17日 撮影
静岡市駿河区 飼育
静岡市駿河区大谷 採卵


無事7月12日に孵化し、その後葉先で巣を作っています。しかしながら、幼虫は全く成長せず、7月17日には死亡が確認されました。同時に持ち帰った1葉2卵の方も、孵化したものの、葉先の卵は同様な状況でした。中央に生まれた卵の幼虫はほとんど移動もせず死亡しました。飼育は小さいガラス水槽で行っていますが、部屋の最高気温が33℃を超えるので、暑すぎた可能性もあります。
  • 2017年7月9日 いつもの静大裏山に行きました。今日の静岡市は少し涼しげな風が吹いていました。そのせいか、蝶の数も多かったです。特に目立ったのがコミスジです。産卵シーンを観察できました。個人的には驚いたのですが、アレチヌスビトハギに産卵しました。この植物、花はきれいなのですが、いわゆるひっつきもちで大変厄介で嫌いな植物ですが、コミスジが利用するのならちょっと見方を変えないといけません。他にはキタテハの産卵も見ました。一番多かったのはヒメウラナミジャノメで、ちょうど2化の出始めのようです。新鮮なものが多く、交尾も見られました。夏型の大きなモンキアゲハが比較的多く、アゲハではクロアゲハやカラスアゲハが見られました。蝶以外にも昆虫が多く、タマムシ(飛んでいたのを見ただけ)、キリギリス(いつもは草の中で見つけられない)、名の知らないカミキリなど。アカボシゴマダラの幼虫が3匹いるエノキもありました。ゴマダラチョウの幼虫は相変わらず見られません。
 
 
 
 
コミスジの産卵行動(アレチヌスビトハギ)
2017年7月9日
静岡市駿河区大谷


いかにも産卵しそうな感じでゆっくり飛んでいたコミスジを見つけました。しかし食草と思われるフジやクズがありません。どうするのかなと思っていたら、なんとアレチヌスビトハギと思われる葉に産卵しました。まず葉の中央に静止し、その後後ずさりして尾端が葉先に達すると産卵しました。
 
コミスジの産卵行動(2卵)
2017年7月9日
静岡市駿河区大谷


上に示す前に産んだ葉が気に入ったようで、それには葉の中央にも産卵しました。
 

↑1枚目の写真の範囲外にいる4齢幼虫

↑1枚目の写真の左側の5齢幼虫
アカボシゴマダラの幼虫
2017年7月9日
静岡市駿河区大谷


あまり車の通らない車道脇の、樹高2m程度のエノキに3匹の幼虫を見つけました。おそらく4齢1、5齢(終齢)2です。
  • 2017年7月8日 久しぶりに山梨県の高原に行ってきました。といっても毎年の恒例になっていて楽しみにしていたのですが、一番見たかった蝶はいませんでした。多かったのはコキマダラセセリで終齢幼虫から♀成虫までいました。成虫はいずれも鮮度はよかったです。今年初めて見るゼフィルスとなったちょっと古びたウラゴマダラシジミがいてくれました。他に、蝶ではないですがツノトンボの仲間がいました。ツノトンボはたまに見ていた気がするのですが、非常に久しぶりです。残念ながら、種名は不明です。
 
 
コキマダラセセリ♀、ウラゴマダラシジミ♀、ツノトンボ
2017年7月8日
山梨県


 
  • 2017年6月24日 またいつものところに観察に行ってきました。端境期なのか、あまり蝶に会えませんでしたが、きわめて新鮮なアオスジアゲハがいました。おそらく羽化直後と思われます。そのすぐそばのナツフジには、ルリシジミとウラギンシジミが盛んに産卵していますが、探しても幼虫はそれほど多く見つかりません。とくに、ルリシジミは少ないですが、たまたま近くに両種の幼虫を見つけました。おそらく両方3齢でしょう。他に見たのは新鮮なクロアゲハ♀、ダイミョウセセリの幼虫などです。
 

クリックで高画質画像へ


クリックで高画質画像へ
羽化直後のアオスジアゲハ
2017年6月24日
静岡市駿河区大谷


何気なく見たところにアオスジアゲハがいました。擦れも欠けもない、羽化直後と思われます。全く動かず当分飛ばないと思っていましたが、ちょっと葉を揺らしたとたんに飛んで行ってしまいました。美しいです。
 

↑ウラギンシジミ

↑ルリシジミ
ウラギンシジミとルリシジミの幼虫(ナツフジ)
2017年6月24日
静岡市駿河区大谷


卵殻は多く見つかるのですが、幼虫はあまり見つかりません。
  • 2017年6月18日 昨日のことですが、久しぶりに大阪のバタフライガーデンの木の剪定をしました。剪定と言っても、長く伸びた枝を切るだけですが、結構大変です。エノキに蛹の抜け殻を2個見つけ、おそらくここで越冬に成功したのだろうと思います。ナミアゲハがやたらと何度も現れ、切って地面に置いたスダチにも産卵していて、申し訳ないなと思ってしまいました。モンシロチョウやジャコウアゲハも現れました。蝶以外では、南方系の大型カメムシのキマダラカメムシが何匹かいました。
 
ナミアゲハの飛翔とキマダラカメムシ
2017年6月17日
大阪市淀川区


キマダラカメムシはエノキの枝にいたものです。
最近の話題のバックナンバーへ

トップページへ