前日までの話題 と 更新情報
  • 2018年6月30日 関東地方は昨日梅雨明け宣言が出ましたが、静岡も今日は雲が多いながらも梅雨明けを思わせる暑い日となりました。いつものように静大裏に出かけましたが、家から見ていると午前中はずっと霧がかかっていたので、晴れるのを待っていたら非常に暑くなりました。それでも元気に飛ぶ蝶は多く、行く途中の川沿いを含めると、アゲハ、キアゲハ、アオスジアゲハ、ナガサキアゲハ、スジグロシロチョウ、ベニシジミ、ツバメシジミ、ルリシジミ、アサマイチモンジ、キタテハ、ツマグロヒョウモン、ヒメウラナミジャノメなどが見られました。ナツフジの近くで羽化したてのルリシジミ♂が見られましたが、サツマと思わせるぐらい大きかったです。ヒメウラナミジャノメは逆光で美しかったです。
↑クリックで高画質画像へ
ヒメウラナミジャノメとルリシジミ♂
2018年6月30日
静岡市駿河区大谷


ルリシジミは非常に大きかったので採集して調べましたが、やっぱりただのルリシジミでした。ナツフジの蕾は栄養豊かなのでしょう。
  • 2018年6月17日 梅雨の晴れ間で、いつものところに行ってきました。途中にある川にはランタナの群落があり、新鮮なアゲハの夏型が複数吸蜜していました。モンキチョウも来ていました。私がバタフライガーデンと呼んでいるところでは、ベニシジミが多くいました。ベニシジミは勝手に生えているヒメジオンが好きですが、植えている花にも来ていました。管理されている方がいたので声をかけて見ました。あくまでも花壇として世話しているとのことで、蝶を意識してはいないとのことでした。とはいえ、ノアザミなど自然に生えている花も丁寧に残しているので、ナチュラルな感じ、を意識されているのではと思っています。他には、ムラサキシジミの産卵、コミスジの吸水(大きさから♀と思われる)、ルリシジミの幼虫、モンキアゲハ、カラスアゲハ、アオスジアゲハ、キチョウ、ツマグロヒョウモン、コジャノメ、たぶんキマダラセセリ、蝶ではないですがスジクワガタなど見ました。▼空では、非常に久しぶりに、内暈、幻日、環水平アーク、環天頂アークがそろって(もちろん同時ではないですが)見られました。環水平アーク、環天頂アークは薄くて気が付きにくいレベルです。
 

↑上とは別のシーン
コミスジの吸水
2018年6月17日
静岡市駿河区大谷


私には産卵場所を探しているように思えたのですが、葉にとまっては離れ、を繰り返した後、アスファルト道路の割れ目で給水を始めました。大きさからも♀だと思いました。♀もときどき吸水するようです。

↑アゲハとランタナ

↑ランタナの繁茂する川

↑アフリカンアイズで吸蜜するベニシジミ

↑ムラサキシジミの産卵

↑卵

↑ルリシジミ幼虫とアリ(ナツフジ)
今日見た蝶
2018年6月17日
静岡市駿河区恩田原および大谷


 
  • 2018年6月10日 昨日ですが4年ぶりに大阪梅田のスカイビルの庭を訪れました。スカイビルの庭についてはこちらを参考にしてください。ここにはバタフライガーデンや自然環境を模擬した雑木林もあって、まさに都会の中のオアシスです。蝶はあまり多くはありませんが、ナミアゲハの吸蜜や求愛が見られました。
 
 
 
花野、別名 新・里山の彫刻とナミアゲハ
2018年6月9日
大阪市北区大淀中


花野には多くの彫刻が置かれています。下に説明する中自然の森と同様に、森の精霊かもしれません。2014年に来た時より増えている気がしますがどうでしょうか。木に咲く白い花にアゲハが訪れて長く吸蜜していました。
  • 2018年6月3日 梅雨前の6月といえば、平地性ゼフィルスかあるいはクモマツマキチョウか、と思う人が多いのでしょうが、僕は相変わらず近場の観察にいそしんできました。いつもの静大裏です。3週間ぶりとなるともはや夏の蝶でにぎわっていました。マテバシイやクリの花が満開です。じっと目を凝らして探しましたが、ゼフィルスはいませんでした。この地でゼフィルスはよっぽどの幸運に恵まれない限りあきらめるしかなさそうです。代わりに、新鮮で大きいムラサキシジミがいました。ベニシジミ、ツバメシジミ、ルリシジミ、ウラギンシジミ、ナミアゲハは夏型(2化)で多くの個体を見ることができました。ナツフジはすでに蕾穂を伸ばしていて、ルリシジミとウラギンシジミの卵がすでに産まれていました。近くに両種の母蝶も飛んでいました。ウラギンシジミ♂は美しいです。ミカンの小木に、アゲハ類の幼虫が4匹いました。3匹はモンキアゲハでしょう。成虫もこちらは春型と思いますが、まだまだ飛んでいました。他には、キタテハ、モンシロチョウ、キチョウ。例のバタフライガーデンでは、まだアザミの花が健在でしたが、いろいろ大きくなったり夏の花が咲いていたりでかなり雰囲気が変わっていました。モンキアゲハがアザミで吸蜜指定たり、ベニシジミやツバメシジミを見ました。
 
ムラサキシジミの吸蜜(マテバシイ)
2018年6月3日
静岡市駿河区大谷


マテバシイが満開でした。すでに最盛期は過ぎているようです。白い花は雄花です。その下に、膨らんでいる雌花がありますが、色は地味です。ゼフィルスでもいないかと目を凝らして探しましたが、いたのはこのムラサキシジミでした。かなり大きくムラサキツバメかと思いましたが、翅の形からムラサキシジミに間違いないでしょう。
 
 
 
ウラギンシジミの静止(♂、♀)、卵(ナツフジ)
2018年6月3日
静岡市駿河区大谷


毎年、ナツフジに、ウラギンシジミとルリシジミの卵が見られます。

↑終齢(5齢)1

↑終齢(5齢)2

↑おそらく2齢

↑全景
モンキアゲハの幼虫(終齢2匹、2齢1匹)(ミカン類)
2018年6月3日
静岡市駿河区大谷


細い道のそばに生えている樹高1m以下のミカン類の木に、アゲハチョウ科の幼虫が3匹いました。終齢はモンキアゲハに違いないでしょう。他に、4齢のナガサキアゲハと思われるものと、2齢のモンキアゲハと思われる幼虫もいました。
  • 2018年5月27日 Y氏のブログ“ひでキング! 日鳥事DE日記蝶”の5月6日の記事にサンコウチョウがゴマダラチョウを咥えた写真を撮った人がいると書かれていました。サンコウチョウとゴマダラチョウの組み合わせに思わず興奮してしまいました。お願いして写真をお借りできました。ここに両氏に深く感謝申し上げます。実に素晴らしい。▼おとといは、久しぶりに大阪の地元近くの神崎川を散歩しました。モンキチョウが比較的多く、外来のクサフジの仲間で吸蜜したり、シロツメクサに産卵するなどが観察できました。他には、アゲハ、モンシロチョウ、ヤマトシジミ、それにここでは珍しいルリシジミ(撮影できず推定)を見ました。▼ハロの季節です。内暈や幻日は見るのですが、環天頂アークや環水平アークが全く見られません。
↑クリックで高画質画像へ
↑クリックで高画質画像へ
サンコウチョウ(鳥)につかまったゴマダラチョウ
撮影者は匿名
2018年5月6日
大阪市中央区大阪城公園


Y氏のブログ“ひでキング! 日鳥事DE日記蝶”に、バードウォッチャーの憧れの鳥でもある(私にとっては、見ること過去1度のみ、もちろん写真などはありません)サンコウチョウがゴマダラチョウを咥えている写真を撮った方がいるという情報が載りました。蝶の観察者にとって、鳥に翅の一部を噛み取られた跡(beak mark、ビークマーク)がある蝶はしばしば話題になるのですが、鳥が蝶を咥えたところはほとんど見たことがないのではないでしょうか。しかもそれがサンコウチョウと、大阪市でも比較的まれなゴマダラチョウの組み合わせとなると、、、、。この記事を見た途端に興奮してメールしてしまいました。撮影者に無理を言って写真をお借りすることができましたので、ここで紹介いたします。サンコウチョウの目の青い縁取りがまことにまぶしいですが、ゴマダラチョウの胸あたりを見事に一撃しています。蝶観察者からすると、蝶は翅がもろいおかげで、鳥の攻撃はうまくかわしているので、昼に飛んでも繁栄できているのでは、と思っていたのですが、実際のところは、結構食べられているのかもしれません。ちなみに、大阪城公園ではアオスジアゲハがよく捕らえられているとのこと。かなり速く飛ぶ蝶ですが、鳥はやはりそれを捕らえる術を持っているようです。ちなみにサンコウチョウは三光鳥とかき、つき・ひ・ほしー(月日星)と鳴くことから名づけられています。姿も名前も実にかっこいいです。撮影者とY氏に深く感謝いたします。なお、勝手ながら少しトリミングしました。
 
 
モンキチョウの卵(シロツメクサ)と環境
2018年5月26日
大阪市淀川区西三国(神崎川)


神崎川の河川敷です。この地ではシロツメクサが主たる食草になっています。蝶を観察しながら歩いているとモンキチョウが産卵しました。見るとその葉には卵が2つありました。写真下側の卵は純白なので産卵直後でしょう。
  • 2018年5月12日 気持ちの良い休日です。いつものように静大裏まで往復しました。できつつあるバタフライガーデンでは、満開になったノアザミにカラスアゲハ♂が盛んに吸蜜していました。ここを通るのが楽しみです。前回みたヒオドシチョウ幼虫は蛹になっていました。今日新たに、ヒカゲチョウ、アカボシゴマダラ、イチモンジセセリを見ました。また、空では小さいけどかなりきれいな環水平アークを見ました。今年はなかなか見られませんが、やっぱりみられると嬉しくなります。
クリックで高画質画像へ カラスアゲハの吸蜜(♂、ノアザミ)
2018年5月12日
静岡市駿河区大谷


静岡大学の敷地の道路脇の部分にバタフライガーデンライクな庭ができつつあります。元から生えているノアザミやワレモコウ(なぜ?)は残しながら、見て楽しめる花々が植えられつつあります。今日はカラスアゲハが長くとどまってノアザミで吸蜜を繰り返していました。キタテハ(夏型)も来ていました。また、白いセリ科の花ではヒメウラナミジャノメが吸蜜していました。
環水平アーク
2018年5月12日
静岡市駿河区大谷


きれいです。
  • 2018年5月6日 大型連休も今日まで。幸いにして天気に恵まれ、いろいろ活動できました。とはいえ、今年は遠出はせず、近場で観察や散策を楽しみました。5月1日は大阪の服部緑地公園で観察しました。ウマノススズクサの周りを飛ぶぼろぼろのジャコウアゲハ♀を見ました。思った通り、伸びたウマノスズクサには卵がいっぱい産まれていました。雑木林ではサトキマダラヒカゲ3匹を見ました。一度に3匹見たのは久しぶりな気がします。ただ、ほかには蝶影は薄く、ナガサキアゲハ♂を見たぐらいでした。ただ、帰りの道中、クロアゲハの産卵が見られたのは良かったです。5月5日は京都を散策しました。これは蝶とは関係ないのですが、サトキマダラヒカゲが5匹とゴマダラチョウ1匹が樹液の周りを飛び回っていました。残念ながら集団吸汁の場面は撮れませんでした。静岡ではアカボシゴマダラが席巻しており、普通のゴマダラチョウを見るとなぜかほっとします。▼今日静岡に帰ってきました。駿河区八幡山ではコジャノメ、クロ系アゲハを多く見ました。実は良かったのは富士山で、日本平の上に(あるように見える)まで伸びている吊し雲が見事でした。
 
ジャコウアゲハ♀の産卵飛翔と卵(ウマノスズクサ)
2018年5月1日
大阪府豊中市服部緑地公園


両前翅ともにかなり欠けていますが、産卵できるウマノスズクサを探して飛んでいました(推定です)。しかし、おそらくすでに多くの卵が産み付けられていて、産卵できる葉を見つけられなかったようで、産卵シーンは見られませんでした。
 
クロアゲハの産卵と卵(ミカン類)
2018年5月1日
大阪府豊中市


樹高3m程度のミカン類の葉裏に産卵しました。卵は明らかにナミアゲハのものより大きいです。
サトキマダラヒカゲの吸汁(コナラ)
2018年5月1日
大阪府豊中市服部緑地公園


上側にいるぼろぼろの個体がまず陣取っていたのですが、新鮮な下にいる個体はまず下方にとまり、そろそろと近づいて吸汁していました。
クリックで高画質画像へ
クリックで高画質画像へ
富士山と吊し雲
2018年5月6日
静岡市駿河区八幡山より


いずれもパノラマ合成。
  • 2018年4月29日 今日もいつものところに行ってきました。気温や天気は昨日と同じような感じでした。しかし蝶の数はちょっと少なかったような気がします。トラフシジミがいなかったのでそう思っただけかもしれませんが。以前ヒオドシチョウの産卵を見たエノキは、今年は卵も幼虫もいないな、と思っていたのですが、その近くで台座を作っていた幼虫を見つけました。1匹だけでした。注目していたエノキではなく違うエノキから来たのかもしれません。蝶ではないのですが、面白い昆虫を見ました。ヒモワタカイガラムシです。白い卵嚢が大きく目立ち、虫とは思えない形態です。(4月30日にヒオドシチョウについて追記しました。下の写真も同)
 
台座を作るヒオドシチョウの幼虫(推定5齢)
2018年4月29日
静岡市駿河区大谷


近くに以前産卵を見た大きなエノキがあります。その根元から2mぐらいの地上から50cmぐらいの草の葉裏です。葉の柄にも糸を吐いて落ちなくはしていますが、草に蛹化するのはちょっと心もとなく感じます。無事羽化することを願いますが、寄生されているのかもしれません。
 
 
 

↑下側から出てきているようです。
ヒモワタカイガラムシ♀と白い卵嚢
2018年4月29日
静岡市駿河区大谷


一度見たいと思っていたカイガラムシです。白いのは卵嚢で、中に卵が入っているそうです。褐色の親に比べて大きな卵嚢がどうやってできるのか不思議です。1匹しかいませんでしたが、いろんな角度から撮ってみました。
  • 2018年4月28日 今日も静岡市は快晴ですが風が少し冷たい感じで比較的すごしやすです。先週と同じ表現になってしまいますが、午前中、いつものところを散策しましたが、まさに春らしい大変気持ちよく過ごせました。蝶も比較的多くの個体を見ることができました。トラフシジミの産卵を2か所で見ました。どちらもウツギの蕾です。今日多かったのはヒメウラナミジャノメとコジャノメ。ダイミョウセセリは初見でした。モンキチョウがスズメノエンドウに産卵していました。見たのは初めてです。幼虫もいたので食草なのでしょう。他には、コミスジ、ムラサキシジミ、ベニシジミ、ヤマトシジミ、アオスジアゲハ、ジャコウアゲハ♀(卵も)、アゲハ、モンキアゲハ、クロアゲハ、カラスアゲハ、ナガサキアゲハ、キチョウ。先週キアゲハの産卵を見たセリ科には1齢幼虫がいました。▼新しくNikon D7500を買いました。今日の写真はそれで撮りました。今までD90を使っていましたが、それに比べてピントが素早くちゃんと合ってくれて気持ちいいです。もしかしたら、D90はピントがずれていたのかもしれません。悔しい。
 

↑別のシーン

↑その時の卵

↑近くで見つけた幼虫
モンキチョウの産卵、卵、幼虫(4齢?、スズメノエンドウ)
2018年4月28日
静岡市駿河区大谷


シロツメクサ、アカツメクサ以外の植物への産卵を初めてみました。近くにカラスノエンドウもいっぱい生えていましたが、そちらへの産卵は見ませんでした。幼虫もいたので食草として問題ないでしょう。
 

↑中央やや左よりに卵

↑別の場所、別の個体
 
トラフシジミの産卵、卵(ウツギ)、開翅、環境
2018年4月28日
静岡市駿河区大谷


水路に覆いかぶさるようなウツギへの産卵を2か所で見ました。どちらも、休息中に半開しました。両方ともかなり擦れた個体でした。今日は日差しは強かったのですが空気は少しひんやりした感じがあり、そのための日光浴かもしれません。1匹目の個体は、ノイバラで吸蜜していました。
  • 2018年4月22日 今日は静岡市は快晴ですが風が少し冷たい感じで比較的すごしやすです。午前中、いつものところを散策しましたが、まさに春らしい大変気持ちよく過ごせました。蝶も昨日より多く飛んでいたように思います。今日も静大裏に行ってきました。自然史博物館ができたからか、敷地の一部が、自然を残しながらの花壇になりつつあり、そこでキアゲハが産卵と吸蜜を繰り返していました。バタフライガーデンを意図しているのかもしれません。今日新たに見た蝶もいました。トラフシジミ、モンキアゲハ、サトキマダラヒカゲです。だいぶ前からいたに違いないですが、モンキチョウも今日初めて見ました。トラフシジミは時々産卵するいつものウツギにいました。産卵は確認できませんでしたが。ほかに、アオスジアゲハが多く、青空をバックにタブノキ?の周りを飛んでいました。他には久しぶりにツマキチョウを撮ることができました。しかし少ないです。ジャコウアゲハも多く、♀も盛んに食草を探していました。オオバウマノスズクサは多いのですがちょっと見ただけでは卵は見つけられませんでした。他には、カラスアゲハ、ナガサキアゲハ、キチョウ、モンシロチョウ、ムラサキシジミ、ヤマトシジミ、ベニシジミ、コミスジ、ヒメウラナミジャノメ。
 
 
 
キアゲハの吸蜜と産卵(バタフライガーデン?)
2018年4月22日
静岡市駿河区大谷


静岡大学敷地の端、静岡県自然史博物館の近くに、最近花が植えられ始めました。この場所は、もとよりマテバシイ、ノアザミやタンポポ類などが多く、ムラサキツバメ、ベニシジミ、ヒメウラナミジャノメなどの好観察地でしたが、一部が花壇になりました。花壇にしている部分でも元から生えていたノアザミは残されています。もしかしたらバタフライガーデンも意識しているのかもしれまん。この日、植えられたセリ科植物に産卵するキアゲハが、自然に生えているノアザミで吸蜜していて、大変いい感じでした。

↑ツマキチョウ♂の吸蜜

↑アオスジアゲハ

↑ジャコウアゲハ♂
今日見た蝶
2018年4月22日
静岡市駿河区大谷


 
  • 2018年4月21日 今日は全国的に暑くなったようです。静岡も26℃ぐらいにあがりました。エノキが生えていると必ず食痕と幼虫を探すようにしているのですが、これまであまり見つけられませんでした。しかし今日は、葉があまりない枝を見つけ、しつこく探しているとやっと大きく成長したアカボシゴマダラの幼虫を見つけることができました。街の方が、山の中より多そうです。2016〜2017年に成虫や幼虫を観察していたところでは今のところ幼虫を見つけられません。一気に春も進んで、ヒメウラナミジャノメが増え、クロ系アゲハも、カラスアゲハ、ナガサキアゲハを複数見ました。ジャコウアゲハもいました。いずれも♂です。他には、こちらでは初めてアオスジアゲハを見ました。他に、キチョウ、モンシロチョウ、ヤマトシジミ、ツバメシジミ、ツマグロヒョウモン♂。ムラサキツバメは相変わらず食痕もありません。ムラサキツバメを探していたマテバシイできれいなハエトリグモを見つけました。アオオビハエトリというそうです。普通種だそうですが初めて見ました。昨日は会社内で昼休みに静岡市では今年初めてアオスジアゲハを見ました。なお今年の初見は、4月15日に大阪市淀川区神崎川沿いでアオスジアゲハを見ています。

↑個体1

↑個体2
アカボシゴマダラの幼虫(5齢、エノキ)
2018年4月21日
静岡市駿河区小鹿


小公園やその近くに生えている樹高1.5m程度のエノキです。2本の木にいた2匹の幼虫です。勝手に生えている木ですが幸いにして切られずにいたので、幼虫は無事冬を越したようです。今の時期、一部の葉がきれいに食べられているので、そのような枝を見つけるとその近くに幼虫を見つけることができました。そろそろ前蛹になるころでしょう。
 
アオオビハエトリ
2018年4月21日
静岡市駿河区大谷


マテバシイのひこばえで、ムラサキツバメの幼虫を探していて偶然見つけたハエトリグモです。日本にいる種ではかなり派手な種だそうです。青い帯がきれいでした。体長7mmぐらいで家の中でよく見る種より小さいです。
  • 2018年4月8日 今日は昨日より寒かったのですが、それでも静岡市の最高気温は15.8℃まで上がり、南側斜面では蝶も活動していました。今日も新たに初物の蝶を2種追加できました。驚いたのはコミスジです。1匹だけでしたが、きわめて新鮮でした。気温が低いためか活動は鈍かったです。キアゲハも見ました。こちらもやはり地面にとまったりしていました。よく止まってくれるのでこのくらいの気温が撮影には向いています。他には、スジグロシロチョウ、ルリタテハ、ヒオドシチョウの追飛、キチョウの産卵場所探索飛翔を見ました。幼虫ではルリタテハとムラサキシジミがいました。
コミスジの日光浴
2018年4月8日
静岡市駿河区大谷


小川の近くの山際です。この後少し高く飛び去ってしまいました。
 
ムラサキシジミの幼虫(1齢、アラカシ)
2018年4月8日
静岡市駿河区大谷

倒れながらも枯れていないかなり大きなアラカシの新葉の表中央にいます。おそらく孵化して数日以内と思われます。おそらく次第に葉裏生活に移るのでしょう。
 
 
ルリタテハと幼虫(1齢)、食痕、と卵殻(サルトリイバラ)
2018年4月8日
静岡市駿河区大谷


この年は3月から異常に気温が高い日が続きました。ここに示すように既に幼虫も見られましたが同じ日に母蝶と思われる成虫も数匹見ました。わずか30cm程度のサルトリイバラの葉裏に複数の幼虫がいました。
  • 2018年4月7日 昨日の夜は嵐でした。ちょっと心配しましたが11時ぐらいから日もしっかり射して暖かくなりました。そこでいつものところに観察に行きました。2週間ぶりですし、このところずっと暖かったので、今日はちょっと気温が低いものの、いろいろ見られるに違いなと思っていました。さて、期待通り、今年の初物が多く見られました。最大の驚きはカラスアゲハですが、残念ながら撮れませんでした。しかし裏面の模様から間違いないです。ツマキチョウ♂はぶれた飛翔だけですが証拠写真にはなりました。スジグロシロチョウは1♂だけの確認ですがタンポポで吸蜜していました。ヒメウラナミジャノメも3匹見ました。ツバメシジミも少し古びていましたが、枯れ草に鮮やかなブルーの翅を広げて止まっているのはいかにも春を感じさせます。ベニシジミやヤマトシジミは10以上は見たでしょう。アカタテハの卵も散見されました。残念なのは、小さい葉も伸びてきたマテバシイに全く卵も幼虫も見つからなかったことです。ここでのムラサキツバメの越冬は今年は難しいかったのかもしれません。個人的には花粉症もおさまってきて春を満喫しました。

↑ツバメシジミ♂

↑スジグロシロチョウ♂

↑ヒメウラナミジャノメ
今日見た蝶
2018年4月7日
静岡市駿河区大谷


 
  • 2018年3月25日 今日もお花見日和でした。まだ満開ではないですが桜のある公園はどこも人が多かったのではないでしょうか。昨日と同じところに行ってきましたが、午後は所用があるので午前中だけ観察しました。ベニシジミが多く求愛などが見られました。他にはモンシロチョウ、ルリタテハ、キタテハ。昨日より少なくてがっかりでした。さて、初見情報は、毎年載せていますが、これまで一括してまとめるファイルを作っていませんでした。そこでExcelで日付を入れると簡易グラフのようになるものを作ってみました。できる画像は下のようなものです。ナミアゲハのように、グラフのようなものができる種と、アオスジアゲハのように単に記録だけするものとあります。グラフは、初見日以降(5日単位)が赤色に変わります。もしご興味ありましたら、こちらのExcelファイルをダウンロードして好きに変えて使ってみてください。
初見データ整理
 
 


 
  • 2018年3月24日 2週間ごとに同じところに出かけると、かなり季節が進んでいてびっくりします。静岡市は、まだ3月というのに、今日はぽかぽかで、ソメイヨシノはまだ咲き初めでしたが、お花見日和でした。ということで蝶の方も、だいぶ変化がありました。モンシロチョウは初見なのですが、もう飛び古していたり、♀の産卵が見られたりとちょっと初見というイメージとは違ったものになってしまい、残念な感じでした。うれしかったのはコツバメがおそらく複数見られたことです。ぎりぎり証拠になる程度の写真しかないのですが、撮れていない個体で間違いないと思われるものもいて、アセビのある所に行けばいっぱい飛んでいたのかもしれません。他には、目撃だけですがアゲハがいました。ルリシジミ♀吸蜜、ヤマトシジミ♀(初見)、ベニシジミ、ルリタテハの産卵飛翔、キチョウの産卵飛翔、キタテハ、ムラサキシジミ♂。

↑コツバメ

↑ルリシジミ♀

↑モンシロチョウ♂

↑ヤマトシジミ♀
今日見た蝶
2018年3月24日
静岡市駿河区大谷


 
  • 2018年3月11日 待ちに待った春到来です。花粉症におびえながら、いつものところに出かけました。風は少々強いですが、上着は全く必要がないくらいの陽気です。菜の花畑はまずなにも飛んでいませんでした。しかし、山の近くでまずキタテハの追いかけあいを見つけたあと、いかにも新生蝶というかんじのシジミが飛んでいました。目で追っていると下に降りてきて、ルリシジミ♂と確認できました。しばらく撮っていましたが、翅は開いてくれません。次に、コナラの周りで飛ぶ茶色の蝶を見つけると、枯葉にとまりムラサキシジミと確認できました。こんなところで越冬していたのかもしれません。撮影できませんでしたがルリタテハもいました。次にいつも新生蝶が見られる斜面で、期待通りぴかぴかのベニシジミ。やっぱりきれいです。さらには、ハコベ類で吸蜜するテングチョウも。ということで、新生蝶2種、越冬蝶4種の春の観察ができ、大変うれしい一日となりました。しかしこのあたり杉も多くて大変でした。

↑キタテハ

↑ルリシジミ♂

↑ムラサキシジミ

↑ベニシジミ

↑テングチョウ
今日見た蝶
2018年3月11日
静岡市駿河区大谷


 
  • 2018年2月19日 空の話です。去年は空の現象が非常に不作でした。今年もこれまでパッとしませんでしたが、昨日、大阪市で久しぶりに素晴らしいハロが見られました。内暈、幻日、幻日環、環天頂アーク、タンジェントアーク、上部ラテラルアーク、外暈(揺動外暈)です。太陽柱もあったかもしれません。環天頂アークや幻日は見事でした。ラテラルアークは薄かったですが左右に伸びて非常に大きかったです。幻日環は本当に久しぶりです。今朝も薄いですが、環天頂アークと内暈が見えていました。これから復活してくれるといいですね。

↑アンシャープマスクによる強調処理
外暈(揺動外暈)
2018年2月18日
大阪市淀川区十三


3時過ぎから薄い内暈や幻日が見え、次にきれいな環天頂アークと非常に薄いラテラルアークと思われるアークが見えていました。ラテラルアークはかなり長い間見えていましたが、太陽高度が下がるにつれ、環天頂アークと“ラテラルアーク”が離れていき、少なくともこの時は外暈に違いないです。ただおそらく、私が呼ぶところの揺動外暈で、環天頂アークを作り出す六角形の氷晶が揺れているために外暈を作っていると考えられます。画像はアンシャープマスクでかなり強く強調処理をかけたものです。

こちらにこの日の現象をまとめています。
幻日環、幻日、内暈
2018年2月18日
大阪市淀川区十三


非常に久しぶりに幻日環を見ました。
環天頂アーク
2018年2月18日
大阪市淀川区十三


非常に久しぶりにきれいな環天頂アークを見ました。この日は薄いけど大きなラテラルアーク、外暈、幻日環も見ることができました。
  • 2018年2月11日 最近は、寒くて蝶の観察ができていないです。もっぱら富士山を見て過ごしています。昨日は見事な傘雲が見えました。ただ、霞んでいたのではっきりしません。写真は少し手を加えています。
 
富士山と傘雲
2018年2月10日
静岡市駿河区より


10:05と11:30撮影
  • 2018年2月1日 昨夜は月食。こちらでもきれいに見えました。スーパーブルーブラッドムーンとか。
 
月食
2018年1月31日
静岡市駿河区


21:27と21:54撮影
  • 2018年1月14日 相変わらず、蝶の話題がありません。静岡は1月8日(月)は平地では雨が降りましたが、それ以降毎日好天が続いています。その雨の日、富士山ではかなりの雪が降ったようで、地肌が見えていたところも完全に白くなりました。まだそれが続いています。ということでまた富士山の写真です。前回と全く同じところ、同じ画角の写真です。これだけだと寂しいので、おめでたい赤い実です。ルリタテハの幼虫の食べるサルトリイバラは冬に赤い実をいっぱいつけていることがあります。時々クリスマスのレースや生け花に使われたりしますね。
 
富士山とサルトリイバラの赤い実
2018年1月13日
静岡市駿河区大谷


  • 2018年1月7日 遅くなりましたが、新年あけましておめでとうございます。何か蝶の話題をと探して、昨日も静大裏をうろうろしたり、今日も日本平の一部でウロウロしたのですが、いい話題が見つかりませんでした。仕方がないので、昨日の富士山を貼っておきます。雪が降った直後は富士山もきれいに白くなるのですが、天気がいい日が続くとどんどん雪が吹き飛ばされてしまいます。今はかなり黒っぽくなってしまいました。▼蝶の話題もないのですが、空の方は今日何とか環天頂アーク、幻日、タンジェントアーク、内暈がそろい踏みしました。しかし、薄くていい写真はありません。去年は、空のイベントは全くの不作でした。今年は何とかいい日があることを願うばかりです。
富士山
2018年1月6日
静岡市駿河区大谷


  • 2017年12月27日 今年は静岡も寒いこともあってあまり蝶の活動ができていません。いつも通りすがりに見ていたアカボシゴマダラ幼虫がいた数か所のエノキが、雑草のごとく刈られてしまい、少々めげました。最近は、空気がとてもきれいで、富士山がくっきり見える日が多いです。
富士山の朝焼け
2017年12月27日
静岡市駿河区


  • 2017年12月10日 引き続き冬の蝶の話題しかありません。静岡市はありがたいことに冬は比較的暖かく、夏は比較的涼しいです。この季節でも、風があまり吹かない南側斜面にいると、日中日差しが強くて大変暖かいです。そんなところでは、昨日も、ヤマトシジミ、ウラナミシジミ、モンキチョウが盛んに吸蜜や探雌飛翔を繰り返していました。▼カラムシはまだ枯れず、アカタテハの4齢幼虫がいました。▼道路沿いのエノキは雑草としてバッサリ切られ、アカボシゴマダラ幼虫の多くは枯葉に移らず枝に残るため、ほとんどの幼虫はいなくなったかもしれません。街中なのであまり詳しく観察はしていないので分かりませんが。

↑モンキチョウ

↑ウラナミシジミ♂

↑アカタテハ幼虫の巣
モンキチョウ、ウラナミシジミ、アカタテハ幼虫の巣
2017年12月9日
静岡市駿河区大谷


  • 2017年11月25日 静岡市は、小春日和で、特に南側斜面はぽかぽかでした。相変わらずこういう場所ではウラナミシジミが多く、♀を探す♂が争っていました。数か所でそういう光景が見られました。結構新鮮なものも多く、まだ羽化が続いているのかもしれません。他に見た蝶は、ヤマトシジミ、モンキチョウ♀、モンシロチョウ♀、キチョウ、キタテハ。ムラサキシジミもムラサキツバメも見られませんでした。道路沿いの小さいエノキにはいまだに多くのアカボシゴマダラ幼虫が見られますが、突起部は少し色づいてきたものが多いです。

↑ウラナミシジミ♂

↑モンシロチョウ♀

↑キタテハ
ウラナミシジミ、モンシロチョウ、キタテハ
2017年11月25日
静岡市駿河区大谷


  • 2017年11月19日 大阪も静岡もすっかり寒くなってしまいました。富士山もどんどん冬支度を進めているようです。地上で雨が降ると富士山の白さが増します。今の季節は、風で雪が飛ばされて、雪化粧はあまり長く続きませんが、今回はかなり下の方まで雪が積もったようでしばらく楽しめそうです。

↑10月18日 朝

↑10月26日 朝

↑11月19日 夕
富士山 三様
2017年10、11月
静岡市駿河区


前景は一部ぼかしてます。
  • 2017年11月12日 先週アサギマダラの産卵飛翔を見たので、以前見つけた静岡市南部の食草キジョランを見に行ってきました。うれしいことに、卵、1齢、2齢幼虫を見ることができました。

↑卵と幼虫のいるキジョラン

↑葉裏

↑1齢幼虫は3.3o

↑卵

↑別の株の1齢と2齢、食痕

↑2齢、9.2o
アサギマダラの卵、幼虫と食痕(1、2齢、キジョラン)
2017年11月12日
静岡市南部


先週いつもの静大裏でアサギマダラの産卵行動を見たので、以前見つけていた静岡市南部のキジョランを見に行きました。予想通り、卵、孵化直後と思われる幼虫が見つかりました。2齢幼虫もいましたが少なかったです。大きな食痕は見つけられず、この場所で成長しているのかどうかは疑問です。
  • 2017年11月6日 私の会社では今日まで4連休です。ずっと天気が良くて、先週、先々週のストレス開放にもってこいでした。いずれも近場の観察ですが、大阪では豊中市の服部緑地に、静岡ではいつもの静大裏で観察しました。服部緑地は、このところ蝶影が極めて薄いのですが、ツマグロキチョウやシルビアシジミ、ムラサキツバメなどは、ものすごく運が良ければ見られるかもしれません。さて結果は、全くダメでした。いたのはアカタテハとジャコウアゲハの蛹ぐらいでした。本気で探せば、コムラサキ幼虫ぐらい見つけられたかもしれません。静大裏では、アサギマダラを見ることができて、ちょっとうれしかったです。ウラナミシジミもまだまだ多かったですが、ヤマトシジミぐらいの大きさのもいて、餌不足を示唆しています。久しぶりにチャバネセセリを2匹見て少し安心しました。他にはヤマトシジミ(多)、ベニシジミ、ウラギンシジミ、キチョウ、モンシロチョウ、ツマグロヒョウモン。残念ながら、ムラサキツバメ、ムラサキシジミは見ませんでした。虫ではないですが、アケビが素朴な味でおいしかったです。

↑アカタテハの静止

↑ジャコウアゲハの越冬蛹
アカタテハとジャコウアゲハ蛹
2017年11月4日
大阪府豊中市服部緑地公園


ジャコウアゲハは、保護されたウマノスズクサでそだったもので、近くの壁や植物に蛹化しているのが簡単に見つけられます。今年は数はあまり多くなさそうで、生きていそうなのは3匹しか見つけられませんでした。
 
アサギマダラの産卵場所探索飛翔(♀)
2017年11月6日
静岡市駿河区大谷


林の中の車道を歩いていると、不意に大きな蝶が舞い、すぐにアサギマダラと分かります。大きめの葉に何度も止まっては飛び、を繰り返していました。キジョランのような食草を探していたのだと思います。
 
 
アケビ
2017年11月6日
静岡市駿河区大谷


いつものコースを歩いていると、高枝ばさみで何かを取っているおじさんがいました。見ると見事なアケビでした。うらやましいな、と思って歩いていると、なんとごく低いところにも見事なアケビがあるではないですか。うれしくなっていただきました。小さなアリも食べに来ていました。素朴な味ですが、熟す前の柿のような甘さのねっとりしたクリームです。ほとんど食べるところはないですが。
  • 2017年10月29日 週末ごとに台風となると、屋外の観察は厳しいものがあります。それでも散歩経路のエノキにいるアカボシゴマダラ幼虫の観察は続けられるのが幸いです。すでに数日前のことですが、1匹の頭部突起の形態が、越冬態のそれに変わっていました。いつの間にか脱皮したようです。

↑個体1、10月15日

↑個体1、10月24日

↑個体2、10月15日

↑個体2、10月24日

↑個体3、10月24日
アカボシゴマダラの幼虫(3齢、4齢、エノキ)
2017年10月15日、24日
静岡市駿河区豊田


かなり交通量の多い道路沿いの歩道の植栽中に、自然に生えたエノキです。こんなところでも3匹のアカボシゴマダラの幼虫が見つかりました。かなり寒くなってきましたが、10月15日では頭部突起の形は非越冬態のそれです。9日後の10月24日に見たときは、3匹中1匹が脱皮しておそらく4齢の越冬態になったようです。脱皮前の他の2匹の腹部突起は個体差があるようですが、尾端の形状や過去の飼育経験から判断していずれもアカボシには違いなさそうです。
  • 2017年10月15日 静岡市も大阪市も雨の季節になってしまいました。通常なら、暑くもなく寒くもない最適なアウトドアシーズンなのに、残念です。ですが、幼虫観察には問題ありません。アカボシゴマダラが、都市部にまで及んできているようです。こうなると、静岡市では細々と生きていたゴマダラチョウはかなり厳しい状況と想像します。
 
アカボシゴマダラの幼虫(エノキ)
2017年10月15日
静岡市駿河区豊田


かなり交通量の多い道路沿いの歩道の植栽中に、自然に生えたエノキです。こんなところでも3匹のアカボシゴマダラの幼虫が見つかりました。かなり寒くなってきましたが、頭部突起の形は非越冬態のそれです。
  • 2017年10月9日 かなり広い地域で暑い日でした。大阪市にいたのですがやはり暑かったです。舗装道路を歩いていて、赤い幼虫が目立っていました。ツマグロヒョウモンの終齢幼虫です。数えていませんが、20匹ぐらい日向ぼっこしていたようです。一般の人にはちょっと辛い光景かもしれません。
 
 
ツマグロヒョウモンの終齢幼虫(スミレ類)
2017年10月9日
大阪市淀川区


大阪市でも静岡市でも、舗装道路脇のちょっとした隙間にスミレ類が群生していることがあります。そういうところで探すと、幼虫がよく見つかりますが、狭い領域に15匹はいたでしょう。これほど高密度にいたのを見たのは初めてです。
  • 2017年9月24日 去年と今年のお気に入りの写真を、デジタルベストのページに6点加えました。クリックすると新しいページが開きます。左側にサムネール(小写真)が並べてあるので、クリックすると大きな写真が出てきます。追加分は下の方にあります。種名、解説などは書いていません。ファンクションキーF11を押すと全画面モードになります。もう一度F11を押すと元に戻ります。
  • 2017年9月23日 秋分の日です。朝晩はめっきり涼しくなりました。暑さ寒さも彼岸まで、温暖化が進んで、すっかり使われなくなった古い言葉の意味を少しは感じます。そんな中、いつものところに観察に行きました。涼しくなったおかげで、昼にも蝶は結構いました。羽化後間もないと思われるアカボシゴマダラがいたり、ムラサキツバメが産卵したり、この地で私は初めて撮影したミドリヒョウモンが複数いたり。他には、コミスジ、キタテハ、キチョウ、ヒメウラナミジャノメ、ダイミョウセセリ、キマダラセセリ。相変わらずイチモンジセセリは多いですが、チャバネセセリは見つかりません。帰り際の畑でツマグロヒョウモン♀が美しく吸蜜していました。また、川の土手で久しぶりにヒメジャノメを見ました。
クリックで高画質画像へ
クリックで高画質画像へ。
なお、この写真は、画像処理によりクモの糸を消しています。
ツマグロヒョウモンの吸蜜(♀、ハッカ類)
2017年9月23日
静岡市駿河区宮川


ツマグロヒョウモン♀は♂とは違う模様です。新鮮な個体は非常にきれいです。鳥にとって毒をもつマダラチョウ科に擬態していると言われ、そのためゆったり飛ぶことが多いと思います。
 
 
羽化後間もないアカボシゴマダラと蛹殻(エノキ)
2017年9月23日
静岡市駿河区大谷


上に紹介した産卵場所の近くです。蛹殻のある枝でしばらく止まっていました。おそらく羽化直後の♀だと思います。この場所はかなり安定してアカボシゴマダラを見ることができるようになりました。
 
 
ムラサキツバメの産卵と卵(マテバシイ)
2017年9月23日
静岡市駿河区大谷


いつも観察をしているところです。伸びてきたマテバシイの枝の新芽に産卵していました。ムラサキツバメは、古い葉の裏に産み付けることが多いですが、時々新芽にも産んでいます。
 
ミドリヒョウモンの吸蜜
2017年9月23日
静岡市駿河区大谷


2週前にもこの地で初めてミドリヒョウモンと思われる個体を2匹見ましたが、この時は撮影できませんでした。この日は、少し高い木の白い花に2匹のミドリヒョウモンを見つけ、望遠レンズで撮影できました。この写真は同一個体と思います。どのあたりで発生してここまで来ているのか気になります。いまだに、6月にミドリヒョウモンを見たことはありません。
  • 2017年9月19日 連休を利用してフィンランドのヘルシンキなどに行ってきました。蝶はほとんど見なかったのですが、ヘルシンキの西の森でスジボソヤマキチョウかその近似種を見ることができました。旅行自体は楽しく、英気を養うことができました。旅行の写真はこちらにあります。
ヌクーシオ国立公園
クリックで大きな画像へ

日光浴するスジボソヤマキチョウの仲間♀
2017年9月16日
フィンランド、ヌクーシオ国立公園


バス停に向かってゆっくり歩いていると、何かが目の前を舞い落ちました。なんとなく枯葉ではないなと思ってみると、スジボソヤマキチョウかその近縁種でした。越冬場所を探しているのでしょうか。黄色の落ち葉にとまったのは身を隠す術を知っているからでしょう。曇ってきたので翅を傾けて日光浴しているようです。旅行中、ほぼ初めて見る蝶だったのでとてもうれしかったです(このちょっと前に白い蝶を見ました)。
  • 2017年9月9日 今日も午前中にいつものところに観察に行きました。比較的家に近い途中の川で、シダレヤナギではないヤナギにコムラサキの蛹殻を見ました。ここでも繁殖しているのだと思うと嬉しいです。ダイミョウセセリの吸い戻しを見ました。吸い戻し行動は、乾燥した鳥の糞などに自ら尾端から水を出し、それを吸う行動です。栄養分を溶かして摂取しているのだと言われています。ダイミョウセセリで見たのは2度目です。他には、あいかわらずクロ系アゲハが多く、今日特にクロアゲハを数匹見ました。他には、キマダラセセリ、アサマイチモンジの♂どうしの追いかけあい、キチョウ、ウラギンシジミ、コミスジ、ヒカゲチョウ、アカボシゴマダラ。相変わらずイチモンジセセリは多いですがチャバネセセリは見ませんでした。クズも咲き始めていますが、ウラナミシジミはまだ見ません。2房探しただけですが卵もありませんでした。全く違う場所ですが、葵区の比較的市街地に近い公園の花壇でナガサキアゲハ♀の吸蜜を見ました。遠すぎていい写真は撮れませんでした。
 

↑アップです。

↑ときどき尾端をグイっと曲げます。葉も濡れているようです。

↑アップです。尾端に水滴が見えます。
ダイミョウセセリの吸い戻し
2017年9月9日
静岡市駿河区大谷


再度吸い戻しを見ることができました。
  • 2017年9月2日 9月になって一気に秋めいてきた感じです。朝ドアを開けた時の空気の涼しさにほっとします。今日もいつものところに行ってきました。予想通り、イチモンジセセリが非常に増えています。変わったところでは、目立たない花のカクレミノで多くの個体が吸蜜していました。このところ気にしているチャバネセセリは、わずか1匹だけ確認できました。かなり心配しています。今日はチャバネセセリよりキマダラセセリの方が多かったぐらいです。といっても2匹見ただけですが。両方ともとても新鮮でおそらく今日羽化したのでしょう。ケイトウで吸蜜しているのがとても美しく感じられました。キマダラセセリは郊外の蝶で、ちょっと深い山に行くと全然いません。こちらも絶滅のリスクは高いのではないかと思っているので姿を見つけるとほっとします。他にはかなり古びたクロ系アゲハが多かったです。クロ、モンキ、ナガサキ。ナガサキアゲハ♀がミカンに産卵しようとしていました。久しぶりにアサギマダラを見ました。他にはおそらくアサマイチモンジ、コミスジ、アオスジアゲハ、キチョウ、ダイミョウセセリ、アカタテハ、ツマグロヒョウモン、クロコノマチョウ、コジャノメ、ヒメウラナミジャノメなど。
 
イチモンジセセリ、アオスジアゲハ、コミスジの集団吸蜜(カクレミノ)
2017年9月2日
静岡市駿河区大谷


地上3mぐらいでしょうか。多くの昆虫が目立たない花に群がっているのに気付いて、望遠で撮ってみました。多くのイチモンジセセリとともに、コミスジとアオスジアゲハが盛んに吸蜜していました。視覚的には目立たないので、何かいい匂いでも出しているのでしょうか。

クリックで高画質画像へ


クリックで高画質画像へ


クリックで高画質画像へ

キマダラセセリの吸蜜(ケイトウ)
2017年9月2日
静岡市駿河区大谷


車のほとんど通らない道路沿いの花畑です。ケイトウが見事に咲きそろって多くの蝶が吸蜜していました。そのほとんどはイチモンジセセリでしたが、キマダラセセリも来ていました。ちょうど羽化直後のような新鮮な個体でした。他にアカタテハやクロアゲハも短時間来ていました。濃ピンクと黄色のコントラストが鮮烈です。
クリックで高画質画像へ ナミアゲハの吸蜜(夏型、♂、ヤブカラシ)
2017年9月2日
静岡市駿河区小鹿


ヤブカラシにアゲハが来ていました。新鮮な夏型♂です。いかにも夏という感じがします。
  • 2017年8月27日 このところ静岡も大阪も猛暑で、蝶の観察に行けません。猛暑だけが理由ではないですが。先日産まれたタテハモドキの卵はその後全然変化しません。しぼみもしないので期待もあったのですが、1週間たって色に変化がないので、残念ながら、予想通り無精卵と判断せざるを得ません。▼空の話です。久しぶりにきれいな幻日が新幹線の中から見られました。今年は猛暑や長雨、豪雨などいろんな異常気象が起こって大迷惑ですが、空の虹色もかなり少ないように思います。観察できないのは仕事やほかのことが忙しいということもあります。
幻日
2017年8月27日
兵庫県


窓から撮ったので色はよくないですが、巻雲が横に連なってきれいでした。
  • 2017年8月20日 先週見つけたタテハモドキは、帰省の間、網の中に放置していたのですが、無事、産卵してくれていました。もっとも、おそらく無精卵だろうと思いますが、とりあえず様子を見ます。もしも当地で野生で発生したのなら、複数個体いてもおかしくないので、発見場所周辺(=いつものコース)を散策してきました。残念ながら見たタテハはキタテハだけでした。今日見た蝶ではクロ系アゲハ(ナガサキ、モンキ、カラス)、アゲハ、アオスジアゲハが多かったです。ほかには、コジャノメ、コミスジ、ベニシジミ、キチョウ、ダイミョウセセリ。
 
 
 
タテハモドキの卵(イワダレソウ)
2017年8月20日 撮影
静岡市駿河区 母蝶採集
静岡市駿河区 飼育


卵はイワダレソウの枝の先の葉の裏または表に産まれていました。葉の調子が悪く、巻いた感じになっていたので、本来は裏に産むものと思われます。母蝶を網に入れたまま放置していたので、産卵期日は8月14日から19日の間ですが、どの日か分かりません。少なくとも6卵見つかりました。
  • 2017年8月13日 久しぶりの驚きの発見でした。いつものコースを歩いていると、オレンジ色のタテハが吸蜜していました。まずはツマグロヒョウモン♂だと思うでしょう。何気に近づいてみると、なんとタテハモドキでした。九州では定着していますが、もちろん静岡では迷蝶でしょう。非常に新鮮な♀なので、こちらで羽化したのでしょうが、果たして何を食べたのでしょう。もちろん、放蝶の可能性もあります。撮影と採卵用の採集後、いつものコースを歩いてみましたが、他にはいませんでした。♂は近くにいないかもしれずまた新鮮なので採卵は無理かもしれませんが、とりあえず鉢植えのイワダレソウといっしょにしています。
 
 
タテハモドキの吸蜜(ヤブカラシ)と静止
2017年8月13日
静岡市駿河区


道路脇の荒れ地です。
  • 2017年8月6日 今日も暑かったです。台風が南風を吹かせたのだとか。そんな暑い日でしたが、ヤマトシジミは元気に求愛していました。
ヤマトシジミの吸蜜と求愛
2017年8月6日
静岡市葵区城内町


駿府城のお堀のわきです。
  • 2017年8月5日 今日は暑い日でした。それでも昼前後にいつものところに行ってきました。黒系アゲハが多かったです。この暑いのにと思いますが、彼らはちょうどいいのかもしれません。多かったのはカラスアゲハとナガサキアゲハですが、モンキアゲハもいました。キアゲハもいました。この時期ナミアゲハの♀もかなり黄色っぽいですが、キアゲハは一目瞭然の黄色です。アカボシゴマダラは初めて♂と思われる飛翔を見ました。撮影はできませんでしたが。産卵も見ましたが、3齢幼虫もいました。成長度合いはかなりばらついてきています。ボロのムラサキツバメもいました。ルリシジミは相変わらず多く、ほかには、コミスジ、キチョウ、アオスジアゲハ(多)、ウラギンシジミ。クロコノマチョウの大きな終齢幼虫も多かったです。
 
 
アカボシゴマダラの産卵直後、2、3齢幼虫(エノキ)
2017年8月5日
静岡市駿河区大谷


ゴマダラチョウは全く見ませんが、アカボシゴマダラは本当に普通種になっています。
キアゲハの吸蜜
2017年8月5日
静岡市駿河区


民家の庭で吸蜜していました。紫の花に黄色が冴えます。
  • 2017年7月22日 静岡も暑いですが、猛暑というほどではありません。いつものところに観察に行きました。かなり大きくなったジュズダマに大きな食痕があり、見るとすぐにクロコノマチョウの幼虫が見つかりました。ススキにも食痕が多く見られましたが、幼虫がいるのは半分ぐらいでしょうか。この近くでは、アカボシゴマダラの産卵も見られました。ナツフジで、ウラギンシジミなどの幼虫を探すのですが、なかなか見つかりません。しかし、突然、大きな終齢幼虫に気付きました。いったん気づいた後探すと結構見つかります。家の近くで、ムラサキツバメと卵を見ました。真夏に街でムラサキツバメを見たのは初めてです。▼空では久しぶりに環水平アークが見られました。
 
ムラサキツバメの静止と卵(マテバシイ)
2017年7月22日
静岡市駿河区南八幡町


今年も盛夏の7月に、しかも市街で母蝶を見ることができました。産卵シーンは観察できなかったのですが、ひこばえの新芽に数個の卵を確認できました。スマホで撮ったのでピントが合っていません。
 
クロコノマチョウの幼虫(4齢?、ジュズダマ)、環境
2017年7月22日
静岡市駿河区大谷


この日は多くの幼虫を見ることができました。ジュズダマで見たのは初めてです。ススキにも多くの食痕が見られましたが、幼虫がいるのは半分程度でした。中には、頭部だけ残ったものがありました。おそらくアシナガバチに肉団子にされたのでしょう。
 
アカボシゴマダラの産卵と卵(エノキ)
2017年7月22日
静岡市駿河区大谷


昨年の夏も産卵を見た場所の近くです。ここで、今日は3匹のアカボシゴマダラを見ました。いずれも♀でしょう。ここは木の陰になっていて、小さいエノキも多く、産卵に適しているのでしょう。
環水平アーク
2017年7月22日
静岡市駿河区


ちゃんと色が明瞭に写るぐらいの環水平アークを見たのは久しぶりです。
  • 2017年7月17日 週末は大阪に帰っていました。散歩がてら淀川を歩いてみました。十三花火の準備が着々と進んでいましたが、ウマノスズクサは残っており、近くにジャコウアゲハの蛹がありました。先週持ち帰ったコミスジの卵は無事孵化し、巣も作り始めたのですが、全く成長せず、3卵すべて死亡しました。現地も見てきましたが、こちらも成長せず姿がありませんでした。やっぱりアレチヌスビトハギは食草にならないのかもしれません。

↑7月14日撮影

↑7月17日撮影
コミスジ幼虫の巣と死亡確認時の飼育の様子(アレチヌスビトハギ)
2017年7月14、17日 撮影
静岡市駿河区 飼育
静岡市駿河区大谷 採卵


無事7月12日に孵化し、その後葉先で巣を作っています。しかしながら、幼虫は全く成長せず、7月17日には死亡が確認されました。同時に持ち帰った1葉2卵の方も、孵化したものの、葉先の卵は同様な状況でした。中央に生まれた卵の幼虫はほとんど移動もせず死亡しました。飼育は小さいガラス水槽で行っていますが、部屋の最高気温が33℃を超えるので、暑すぎた可能性もあります。
  • 2017年7月9日 いつもの静大裏山に行きました。今日の静岡市は少し涼しげな風が吹いていました。そのせいか、蝶の数も多かったです。特に目立ったのがコミスジです。産卵シーンを観察できました。個人的には驚いたのですが、アレチヌスビトハギに産卵しました。この植物、花はきれいなのですが、いわゆるひっつきもちで大変厄介で嫌いな植物ですが、コミスジが利用するのならちょっと見方を変えないといけません。他にはキタテハの産卵も見ました。一番多かったのはヒメウラナミジャノメで、ちょうど2化の出始めのようです。新鮮なものが多く、交尾も見られました。夏型の大きなモンキアゲハが比較的多く、アゲハではクロアゲハやカラスアゲハが見られました。蝶以外にも昆虫が多く、タマムシ(飛んでいたのを見ただけ)、キリギリス(いつもは草の中で見つけられない)、名の知らないカミキリなど。アカボシゴマダラの幼虫が3匹いるエノキもありました。ゴマダラチョウの幼虫は相変わらず見られません。
 
 
 
 
コミスジの産卵行動(アレチヌスビトハギ)
2017年7月9日
静岡市駿河区大谷


いかにも産卵しそうな感じでゆっくり飛んでいたコミスジを見つけました。しかし食草と思われるフジやクズがありません。どうするのかなと思っていたら、なんとアレチヌスビトハギと思われる葉に産卵しました。まず葉の中央に静止し、その後後ずさりして尾端が葉先に達すると産卵しました。
 
コミスジの産卵行動(2卵)
2017年7月9日
静岡市駿河区大谷


上に示す前に産んだ葉が気に入ったようで、それには葉の中央にも産卵しました。
 

↑1枚目の写真の範囲外にいる4齢幼虫

↑1枚目の写真の左側の5齢幼虫
アカボシゴマダラの幼虫
2017年7月9日
静岡市駿河区大谷


あまり車の通らない車道脇の、樹高2m程度のエノキに3匹の幼虫を見つけました。おそらく4齢1、5齢(終齢)2です。
  • 2017年7月8日 久しぶりに山梨県の高原に行ってきました。といっても毎年の恒例になっていて楽しみにしていたのですが、一番見たかった蝶はいませんでした。多かったのはコキマダラセセリで終齢幼虫から♀成虫までいました。成虫はいずれも鮮度はよかったです。今年初めて見るゼフィルスとなったちょっと古びたウラゴマダラシジミがいてくれました。他に、蝶ではないですがツノトンボの仲間がいました。ツノトンボはたまに見ていた気がするのですが、非常に久しぶりです。残念ながら、種名は不明です。
 
 
コキマダラセセリ♀、ウラゴマダラシジミ♀、ツノトンボ
2017年7月8日
山梨県


 
  • 2017年6月24日 またいつものところに観察に行ってきました。端境期なのか、あまり蝶に会えませんでしたが、きわめて新鮮なアオスジアゲハがいました。おそらく羽化直後と思われます。そのすぐそばのナツフジには、ルリシジミとウラギンシジミが盛んに産卵していますが、探しても幼虫はそれほど多く見つかりません。とくに、ルリシジミは少ないですが、たまたま近くに両種の幼虫を見つけました。おそらく両方3齢でしょう。他に見たのは新鮮なクロアゲハ♀、ダイミョウセセリの幼虫などです。
 

クリックで高画質画像へ


クリックで高画質画像へ
羽化直後のアオスジアゲハ
2017年6月24日
静岡市駿河区大谷


何気なく見たところにアオスジアゲハがいました。擦れも欠けもない、羽化直後と思われます。全く動かず当分飛ばないと思っていましたが、ちょっと葉を揺らしたとたんに飛んで行ってしまいました。美しいです。
 

↑ウラギンシジミ

↑ルリシジミ
ウラギンシジミとルリシジミの幼虫(ナツフジ)
2017年6月24日
静岡市駿河区大谷


卵殻は多く見つかるのですが、幼虫はあまり見つかりません。
  • 2017年6月18日 昨日のことですが、久しぶりに大阪のバタフライガーデンの木の剪定をしました。剪定と言っても、長く伸びた枝を切るだけですが、結構大変です。エノキに蛹の抜け殻を2個見つけ、おそらくここで越冬に成功したのだろうと思います。ナミアゲハがやたらと何度も現れ、切って地面に置いたスダチにも産卵していて、申し訳ないなと思ってしまいました。モンシロチョウやジャコウアゲハも現れました。蝶以外では、南方系の大型カメムシのキマダラカメムシが何匹かいました。
 
ナミアゲハの飛翔とキマダラカメムシ
2017年6月17日
大阪市淀川区


キマダラカメムシはエノキの枝にいたものです。
最近の話題のバックナンバーへ

トップページへ