前日までの話題 と 更新情報
ツバメシジミの日光浴(♂)
2017年4月2日
静岡市駿河区大谷


おそらく羽化直後なのでしょう。あまり飛ばず、時折翅を開いて鮮やかな青色を見せていました。
  • 2017年3月20日 今日は昨日に比べて肌寒い感じでした。今日も同じように観察に行きましたが、新生蝶は、モンシロチョウしか見られませんでした。気象台の最高気温は16.6℃で昨日とほとんど変わらなかったようですが。▼ベランダの鉢植えで放し飼いしているジャノメチョウは、無事に2齢になりました。頭部に薄い縞模様ができました。

↑3月12日

↑3月12日、5.7mm

↑3月13日
脱皮後のジャノメチョウの幼虫(2齢、ヒカゲスゲ)
2017年3月12、13日 撮影
静岡市駿河区 飼育
山梨県の高原 母蝶採集


一つの小さな鉢に植えているヒカゲスゲに、複数の幼虫を放し飼いにしています。そのため、同じ個体を追うことができません。3月5日に撮影した眠に入っていた幼虫かどうかはわかりませんが、12、13日にそれぞれ幼虫を写すことができました。1齢幼虫にはなかった模様が頭部にあることが分かりました。
  • 2017年3月19日 先々週の週末と同様に今日の静岡の最高気温は17.0℃ということで、日差しは柔らかく、まさに春の一日でした。花粉がひどかったですが、めげずに観察に行きました。期待通り、新蝶を追加観察できました。先々週はヤマトシジミ♂だけでしたが、今日はさらにモンシロチョウ2、モンキチョウ1♂(たぶん)、ベニシジミ1です。越冬蝶では、キタテハ1、ウラギンシジミ1♀(除去され畑にまかれた苺の葉っぱで何か吸汁しているようでした)、キチョウ3♂を見ました。ムラサキシジミとムラサキツバメは見ませんでした。

↑ヤマトシジミ

↑モンシロチョウ

↑モンキチョウ

↑ベニシジミ
今日見た蝶
2017年3月19日
静岡市駿河区大谷


見た順番に並べました。
  • 2017年3月18日 春と言えば、スプリングエフェメラル(春だけ出てくる花や蝶)と思いますが、ハロの季節でもあります。この日は、見事に輝く外接ハロ気味の内暈が見え、さらに薄い下部ラテラルが虹色になっていましたが、さらに非常に薄いながら外暈が見えました。外暈は、飛行機からはよく見られるのですが、地上から見えるのはめったにありません。

↑そのまま

↑協調処理(アンシャープマスク)

クリックで大きな画像へ

↑太陽高度52°、アンシャープマスク後に3枚パノラマ合成。写真では内暈と同心円になっていませんが、パノラマ合成のため補正が不十分なためです。
外暈(がいうん、46度ハロ)(強調処理済み)
2017年3月18日
神奈川県横浜市港南区


この日、まず外接ハロ気味な強く輝くハロが見え、さらに、左下に薄い下部ラテラルアークが見えてきました。そのあと、非常に薄いですが、太陽をぐるっと囲むように外暈が見えていました。そのままの写真ではほとんど移っていませんが、アンシャープマスク処理をすると、何とかわかります。ほぼ真昼の時刻で太陽高度は52度なので、上部ラテラルアークが見える状況ではありません。
  • 2017年3月5日 今日の静岡の最高気温は16.9℃ということで、上層雲の下で日差しは柔らかく、まさに春の一日でした。花粉がひどかったですが、めげずに観察に行きました。期待通り、新蝶を観察できました。ヤマトシジミ♂です。2匹が追いかけあいをしたり、半開して日光浴をしていました。越冬蝶では、キタテハ2匹とムラサキシジミ1♂、キチョウ1♂を見ました。▼空では、外接ハロの上部がまあまあでしたが、後が続きませんでした。
 
ヤマトシジミの追いかけあいと日光浴(♂)
2017年3月5日
静岡市駿河区大谷


花は、カタバミ、カラスノエンドウ、タンポポ類などが咲いていました。
 
キタテハの日光浴と吸蜜(タンポポ類)
2017年3月5日
静岡市駿河区大谷


こちらも南斜面ですが、ヤマトシジミを見た場所とは異なります。
  • 2017年2月26日 きょうも天気よく、いつものところに出向きましたが、午前中でまだ肌寒いこともあってか、飛んでいる蝶はいませんでした。飼っているジャノメチョウは、無事寒い時期を越して、わずかながら成長しています。まだ1齢のままです。▼空の方はひさしぶりに比較的きれいな幻日や外接ハロ気味のタンジェントアークを見ました。
内暈と幻日
2017年2月26日
静岡市駿河区


一日薄いながらも何かハロが見えていました。
 
 
ジャノメチョウの幼虫(1齢、4.9mm?、ヒカゲスゲ)と摂食の様子
2017年2月26日 撮影
静岡市駿河区 飼育
山梨県の高原 母蝶採集


無事に最寒の時期を超えて、わずかに成長しています。鉢植えのヒカゲスゲは新しい葉を伸ばしていますが、多くの新葉は食べられています。新しい葉を食べるときは、この写真のように、葉先から食べていくようです。
  • 2017年2月18日 久々に蝶の写真を出せると思ったのですが、前回出したのと同じで、結構つらいところです。ムラサキツバメ♀の日光浴です。今日は、午前中は日差しもありかなりあり、暖かかったので期待していましたが、今年初めて2匹見ました。カラスノエンドウなども咲いており、春はもうすぐそこという感じです。しかし、動く蝶はこの2匹だけでした。空の方は久々にまあまあの状態で、環天頂アーク、幻日、内暈を朝と夕と見ました。
ムラサキツバメの日光浴(♀)
2017年2月18日
静岡市駿河区大谷

 
  • 2017年2月5日 昨日は暖かく、午前中にいつものコースを歩きました。早めに歩いたので蝶の成虫は何もおらず、幼虫が無事なことを確認して終わりました。富士山がずっと見えていました。▼空の方は本当に不作です。雨の前には何かハロが見えることを期待するのですが、今年は雨も少なく、前線が近づいても上層雲が広がることがほとんどありません。上層雲があってもハロがほとんど出ません。今年になってまだ薄い内暈3回(1回は比較的きれいな月暈)と環天頂アークが1回だけです。今日は、朝は晴れていましたが、昼前から雨でした。
  • 2017年1月29日 書くネタがなくて困ります。飼っているジャノメチョウ幼虫はほとんど成長はしておらず1齢のままですが、ヒカゲスゲの葉を食べていることは間違いないです。一方の、ウラギンヒョウモン幼虫は少しずつ成長して2齢になっているようです。
  • 2017年1月22日 静岡市駿河区小黒の車の多い交差点で横断歩道を渡っているときにムラサキツバメと思われる大きさの昆虫が飛んでいるのを見ました。この近くのマテバシイの街路樹では、秋に幼虫をよく見るところです。
  • 2017年1月21日 このところ毎年ムラサキツバメの集団越冬を観察しているところで、この冬初めて成虫を見ました。マテバシイ林の木の多くが切られたので、かなり厳しい状況だと思っていましたが、どこかで越冬はしているようです。しかし見たのは1♀だけでした。見た蝶の成虫はこの1匹だけでした。
ムラサキツバメの日光浴(♀)
2017年1月21日
静岡市駿河区大谷

 
  • 2017年1月15日 虫のネタはないので富士山でも。大阪から静岡に新幹線で帰ってきましたが、京都〜名古屋は吹雪でした。それでも徐行で30分程度の遅れで済みました。名古屋からは快晴で、富士山もきれいに見えており、雪はだんだん減っているようです。西高東低の冬型気圧配置では、富士山には雪が降らず、風だけが吹いて積もっていた雪が吹き飛んでしまうのです。
富士山
2017年1月15日
静岡市駿河区

 
  • 2017年1月8日 今日は冷たい雨が降っています。1月3日のことですが、去年、コムラサキの越冬幼虫を見つけた柳をまた見てみました。期待通り、今年も見つけることができました。それにしても、割れ目の少ない若い木なので見つけ易いはずですが、それでも非常に見つけにくい幼虫の模様と形態です。
 
 
 
コムラサキの越冬幼虫(3齢?)
2017年1月3日
大阪市淀川区

期待して去年越冬幼虫を見つけた、まだ若い柳の木を探すと、何とか幼虫が見つかりました。何とか、と書いたのは、非常に見つけづらかったからです。あきらめかけたころ1匹認識し、その後もう1匹見つけました。写真を撮るためカメラを向けて、はじめてそのそばにもう1匹いるのに気付いた次第です。
  • 2017年1月4日 新年あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。毎年、年賀状は一般と自然の2種類作っています。今年の一般は、富士山特集としたので、ここでは両方を紹介したいと思います。

  • 2016年12月29日 今日から冬休みです。今年最後の更新となります。今年も1年間ありがとうございました。さて、天気も良く、富士山もすっきり見えています。今日もいつものところに観察に行ってきました。日当たりのよい南側斜面では、まだ、ヤマトシジミとウラナミシジミがいました。ほかに見たのはキチョウだけです。ムラサキツバメは何度探しても見つかりません。鳥が多かった印象ですが、ヒノキのてっぺんにタカと思われる大きめの鳥が悠然と止まってあたりを見回していました。普段あまり鳥にはカメラを向けませんが、やはりワシタカ科には大変興味があります。
 
 
ヤマトシジミ、ウラナミシジミ、ワシタカ類
2016年12月29日
静岡市駿河区大谷


ヤマトシジミは2匹、ウラナミシジミはこれ1匹のみ見ました。
  • 2016年12月25日 この三連休は天気が良かったのですが、家族と過ごしたので、虫の観察は行っていません。それでも、越冬中のジャノメチョウの幼虫は少しずつ大きくなっているようです。
  • 2016年12月18日 昨日今日と非常に天気が良く、空気も澄み、さらに今年は雪が多いようで、くっきりと富士山が見え続けていました。さて、そんな中、いつものように静岡大学の裏山に何かいないかと観察に行きました。先週と同じく、ウラナミシジミとヤマトシジミが活発に活動していました。ほかに見たのはキチョウのみ。さて、ついでというのは失礼ですが、このごく近所に新たに設立されたふじのくに地球環境史ミュージアムで、蝶の特別展と記念講演があるというので拝聴しに行きました。最大の目玉は、門外不出だったブータンシボリアゲハの標本や、それを納めた箱、一緒に入っていたという国王の名刺など。また、探索された東大矢後先生の講演と、ミュージアム設立にも貢献された、静昆創立者の高橋先生、ほかに鹿児島の福田さん、蛾類学会長の岸田さんの講演もありました。みなさん、面白い講演で勉強になり有意義な午後となりました。
 
ウラナミシジミ♂の低温期型か
2016年12月18日
静岡市駿河区大谷


♂の前翅表に濃淡の模様があり、濃いところに大きく見える鱗粉が載っているようです。少し擦れているので、最初からこういうのかわかりませんが、低温期または短日期に現れる状態なのかもしれません。
富士山
2016年12月18日
静岡市駿河区大谷


昨日も今日も、雲一つない富士山が続きました。これはあまりないことだと思います。写真としては少し面白くないですが。

↑ミュージアム

↑ブータンシボリアゲハの展示

↑ブータンシボリアゲハの展示

↑箱と国王陛下からのメッセージカードと名刺
特別展:静岡のチョウ/世界のチョウ
2016年12月18日
静岡市駿河区大谷 ふじのくに地球環境史ミュージアム


ここは、フラッシュを使わなければ撮影可です。講演会の様子も撮ったのですが、許可を得ていないので掲載はしません。皆さん、楽しそうにお話しされていました。やはり蝶や蛾が大好きなのでしょう。
  • 2016年12月11日 昨日は天気も良く、南斜面は暖かかったです。いつものところに観察に行きました。予想通り、まだ非成虫越冬の蝶が飛んでいました。多かったのはヤマトシジミで、5匹以上。次に、ウラナミシジミを2匹。どちらの種もボロと新鮮なものが混じっていました。ウラナミシジミの♀は、低温期型になると白い帯が目立つようになります。枯れすすきに止まったのが非常に印象的でした。ほかには、ムラサキシジミとキチョウを見ましたが、今日もムラサキツバメは見なかったので、もしかしたら今年はここで越冬していないのかもしれません。
 
クリックで高画質画像へ
クリックで高画質画像へ
ウラナミシジミの吸蜜(♀、センダングサ類)
2016年12月10日
静岡市駿河区大谷


12月に入ってもまだ暖かい日が多いです。まだ羽化して間もないと思われる♀が盛んに吸蜜していました。そうはいっても、今日ウラナミシジミを見たのはこれを入れて2匹だけでした。枯れすすきにとまって見せる新鮮な翅表は、ちょっと違和感がありますが、美しかったです。
  • 2016年12月3日 昨日は大阪は大変天気が良く、久しぶりに豊中市の服部緑地公園に行ったのですが、蝶というものをキチョウ以外、全く見ませんでした。12月に入ったとはいえ、ムラサキシジミやウラギンシジミ、タテハ類、あるいは、ベニシジミ、ヤマトシジミぐらいはいてもよさそうなものです。代わりと言っては何ですが、人馴れした鳥のカワセミがいました。バードウォッチャーの数台の大砲で分かりました。ごくたまに動くと連射の音が響きます。こちらは、動きの感じられない写真しか撮れませんが紹介します。
 
カワセミ
2016年12月2日
大阪府豊中市服部緑地公園


近くを人が頻繁に通るのですが、微動だにしません。
  • 2016年11月27日 昨日は天気が良かったのですが、所用であまり観察ができていません。今日は天気が悪かったのですが、雨が降っていない時間にいつものところに行ってきました。成虫は期待できませんが、幼虫観察なら大丈夫です。目的のものは見つけているのでその様子を観察してきました。まだここでは紹介できないのが残念です。▼兵庫県丹波市でイシガケチョウを見た、という報告をいただきました。どこまで広がるのでしょう。しかし、周りを囲むように増えていますが、まだ、私のかつてのフィールドである豊中市では少なくとも幼虫の報告がないようです。大阪府箕面市では11月22日にクロマダラソテツシジミ成虫がいたそうですが、めっきり見なくなったようです。
  • 2016年11月20日 ジャノメチョウの幼虫は、次々と孵化しています。しかし、タッパーで飼っていたものは、水滴にやられて死亡しました。そこで、観察は難しいのですが、ほとんどの幼虫は鉢植えのヒカゲスゲに移していますが、すぐにいなくなってしまいました。それでも11月12日に最初から鉢植えの中で見つけた幼虫は、ほとんど動いていないで観察継続中です。▼この頃は、多くの自由時間を街中の赤い実探索に向けています。モチノキ科やヤブコウジ科の多くはまだ赤くなっていませんが、バラ科などその他の実はもう十分熟していたり、既に小鳥に持っていかれてなくなっているものが多いです。赤い実探索は、今年の初めに始めた趣味ですが、秋のうちに無くなってしまうものが多いので新たな発見も多くて楽しいです。赤い木の実のページはこちら
 
ジャノメチョウの幼虫(1齢、3.2mm、ヒカゲスゲ)
20161年11月20日 撮影
静岡市駿河区 飼育
山梨県の高原 母蝶採集


ヒカゲスゲの鉢植えに最初からいた幼虫です。11月20日に見つけて以来ほとんど移動していません。最初の時の大きさは測れていないのですが、他の個体の大きさと比較すると、わずかに成長しているようです。
  • 2016年11月13日 採卵してベランダに置いていたジャノメチョウの卵が孵化しました。寒くなってから孵化するというのはどういう戦略なのでしょうね。

↑11月6日夜 顔や体の模様が見えます。

↑11月8日朝 体の一部が出てきました。
孵化直前のジャノメチョウの卵と孵化途中の様子
20161年11月6、8日 撮影
静岡市駿河区 飼育
山梨県の高原 母蝶採集


卵は、湿らせたティッシュペーパーを敷いた密閉容器にばらまいています。これを室内とベランダにそれぞれ置いています。温度は室内の方がずっと高いはずですが、まずベランダの卵が孵化しました。産卵から2か月近くたっています。寒くならないと孵化しないようです。
 
 
孵化後間もないジャノメチョウの幼虫(1齢、2.1mm、ヒカゲスゲ)
20161年11月8日夜 撮影
静岡市駿河区 飼育
山梨県の高原 母蝶採集


孵化した幼虫はティッシュペーパーの上でじっとしていました。ヒカゲスゲの葉に付けてみました。
  • 2016年11月12日 今日は暑いぐらいの小春日和。いつもの場所を観察してきましたが、多くの蝶が舞っていました。多かったのはウラナミシジミとヤマトシジミ。ウラナミシジミはほとんどがボロでしたが、産卵も見られました。久しぶりにアサギマダラもいました。ほかには、キチョウ、モンシロチョウ、ムラサキシジミ、ベニシジミ、ウラギンシジミ、キタテハ、ヒメアカタテハ、チャバネセセリ。ダイミョウセセリのまだ2齢と思われる幼虫もいました。残念ながらムラサキツバメを見ることができませんでした。
 
 
 
 
ウラナミシジミ産卵、卵、キタテハの吸水、ヒメアカタテハの吸蜜、アサギマダラ飛翔
2016年11月12日
静岡市駿河区大谷


 
  • 2016年11月6日 良い天気が続きます。あまり蝶のために出かけるチャンスはありませんでした。母が菊を作っていて、出品した菊花展を見に田舎に帰っていました。なかなか見事な作品が並んでいました。気持ちの良い日で、蝶も、キタテハやキチョウが舞っていました。
 
 
 
菊花展
2016年11月5日
岡山県長船町公民館


 
  • 2016年10月30日 昨日も今日も駿河湾周辺は天気が悪かったようです。しかも急激に気温が下がって蝶があんまり飛びません。それでも少しの可能性を信じて、ツマグロキチョウを探しに安倍川まで行ってきました。今日は全行程徒歩で行ってきました。Googleナビでは往復22kmです。残念ながら、夏に多かったところでもツマグロキチョウは見ませんでした。時折日差しがあるこ時もあり、特にそういう時はウラナミシジミが多く飛び交っていました。曇っていても飛ぶ蝶もあり、他に見た蝶は、ツマグロヒョウモン(多)、ヒメアカタテハ(1)、キタキチョウ(多)、モンシロチョウ、モンキチョウ、ヤマトシジミ、ベニシジミ、ウラギンシジミ、?セセリ。▼ベランダで蛹化していたヤマトシジミが羽化しました。♂でした。
 
 
ベニシジミとウラナミシジミ
2016年10月30日
静岡市葵区


 
  • 2016年10月25日 空の話です。北海道の空が、ものすごいことになっていたようです。例えばこちら。ここにアップされている画像を見るだけでも、内暈、外暈、パリーA、上下のタンジェントA(外接ハロ)、下部ラテラルA、幻日、120度幻日、幻日環、ウェゲナーA(向日Aの1種)。もしかしたら、太陽にクロスする太陽Aもあるような。まさに夢の世界。
  • 2016年10月23日 ベランダのヤマトシジミは無事に蛹化しましたが、アリが相変わらずまとわりついています。誘引するにおいを出し続けているのでしょう。ウラギンヒョウモンの卵を部屋に置いていたら、期待通り孵化しました。とりあえず、このまま飼ってみるつもりです。
 
ヤマトシジミの蛹(9.3mm)とアリ
2016年10月18日
静岡市駿河区


いつの間にか蛹化していました。アリは相変わらず離れられないようです。
ウラギンヒョウモンの幼虫
2016年10月21日 撮影
山梨県 母蝶採集
静岡市駿河区 飼育


孵化した幼虫は芽生えて間もない葉しか食べないようです。
  • 2016年10月16日 ベランダには食草・食樹の多くの鉢があるのですが、いつの間に生えたタチカタバミにヤマトシジミの終齢幼虫がいました。しかもアリまでいます。隣のススキにはイチモンジセセリの幼虫もいました。母蝶の嗅覚は大したものです。昨日は蝶とは関係ないですが、長野県と山梨県の県境にある百名山・金峰山2599mに同僚と登ってきました。富士山の見える素晴らしい景色でした。ナナカマドがとてもきれいでした。
 
ヤマトシジミの幼虫(14.5mm)とアリ
2016年10月13日
静岡市駿河区


ベランダでいろいろと食草を栽培していますが、勝手に生えてきたタチカタバミにいつの間にかヤマトシジミが発生していました。しかもやはりいつの間にか侵入したアリがくっついていました。その後ここで蛹化しました。
 
 
羽化後間もないアカボシゴマダラ(おそらく♀)
2016年9月29日 撮影
静岡市駿河区 飼育
静岡市駿河区大谷 採卵


どちらの個体かわからなくなってしまいましたが、蛹化後、わずか6日で羽化しました。
↑左から、富士山、南アルプス、金峰山、八ヶ岳連邦
クリックで高画質画像へ

クリックで高画質画像へ

↑ナナカマド
朝日岳より富士山
2016年10月15日
長野・山梨県境の朝日岳


  • 2016年10月10日 相変わらずクロマダラソテツシジミです。この時期、暑かったからか、新芽を伸ばすソテツを多く見ます。しかしすべてクロマダラソテツシジミに食害を受けています。まだ、ソテツを植えている多くの人が気づいていないようです。大阪の家の近所の新芽にすごい数の幼虫がいました。久しぶりに豊中市の服部緑地公園に行きました。めぼしい蝶はいないのですが、ホシミスジが複数飛んでいました。
 
 
 
クロマダラソテツシジミの幼虫とソテツ
2016年10月10日
大阪市淀川区


ものすごい数の幼虫に食われていて、芽に限って言えばほぼ枯死寸前です。すでに食べつくされた芽もあり、こちらの方は少し前に襲われたようです。
  • 2016年10月2日 クロマダラソテツシジミが猛威を振るっているようで、園芸家の方は十分注意願います。大阪の自宅の近所でも新芽に卵が確認されました。ところで、知人の方やこのHPを見ていただいた方からの情報ですが、本日、大阪城公園でリュウキュウムラサキが確認されました。最近はネットのオークションで卵が売られたりしますので、放蝶の可能性も高いですが、大阪ではなかなか見られない蝶です。また、大阪市内某所ではミドリヒョウモンが確認されたようです。私自身は、今日、京都府立植物園に赤い実の観察に行ったのですが、ヒヨドリバナまたはフジバカマにアサギマダラを見ました。まさに移動の季節です。アカボシゴマダラは無事♂♀1ずつ羽化しました。
 
ソテツとクロマダラソテツシジミの卵(推定)
2016年10月2日
大阪市淀川区


結構立派なソテツです。新芽があり、卵が数卵見つかりました。次見るときはボロボロになっている可能性があります。
  • 2016年9月24日 飼っているアカボシゴマダラは無事2匹蛹化しました。ゴマダラチョウより明らかに大きいです。以前夏に飼ったゴマダラチョウと、終齢幼虫と蛹を比べてみました。越冬後の終齢幼虫とは模様が違うので少し注意が必要です。

↑アカボシゴマダラ

↑ゴマダラチョウ

↑左:アカボシ、右:ゴマダラチョウ
アカボシゴマダラとゴマダラチョウ幼虫の比較


夏に羽化する個体同士の比較です(実際の大きさは両者で違いますが、写真上で大きさと向きを合わせています)。ゴマダラチョウは2012年9月、大阪市淀川区採幼の飼育個体です。アカボシゴマダラとゴマダラチョウの明確な違いは尾部突起で、2本がくっついているのがアカボシゴマダラ、開いているのがゴマダラチョウです。背中の突起も、アカボシゴマダラは白っぽくて4対がよく目立ちます。なお、越冬後の幼虫は下に示しているように随分と雰囲気が異なります。

↑左:アカボシ、右:ゴマダラチョウ
アカボシゴマダラとゴマダラチョウ蛹の比較


夏に羽化する個体同士の比較です(実際の大きさは両者で違いますが、写真上で大きさと向きを合わせています)。ゴマダラチョウは2012年9月、大阪市淀川区採幼の飼育個体です。アカボシゴマダラはゴマダラチョウに比べて明らかに白っぽいです。背中の突起も大きいようです。春に羽化する蛹も同じように見えます。
  • 2016年9月19日 関西ではまたもやクロマダラソテツシジミが大発生のようです。新大阪駅に比較的近い幹線道路沿いのソテツを見ると、本当にいてびっくりしました。この木には新芽はなく、残念ながら卵や幼虫は見つけられませんでした。大阪城公園にも行ってみると大きなソテツはありましたが、残念ながら、何もいませんでした。しかし、ここではムラサキツバメを2回見て、卵も見つかりました。▼飼っているアカボシゴマダラは5齢になりました。ジャノメチョウは結局50卵ほど産んでくれました。ウラギンヒョウモンは数え切れないほど産んでいます。
 
 
クロマダラソテツシジミの静止(♀)
2016年9月17日
大阪市淀川区


久しぶりに関西で発生したクロマダラソテツシジミです。幹線道路沿いのビルの玄関脇に植えられた大きめのソテツの周りを飛んだり葉に止まったりしていました。しかし新芽はなく産卵をあきらめて?飛び去りました。
 
 
ムラサキツバメの卵(マテバシイ)
2016年9月17日
大阪市大阪城公園


なかなか私自身で大阪市内のムラサキツバメを撮影できなかったのですが、この日は複数回成虫を見ることができました。しかしシャッターチャンスには恵まれず。1匹は多くの人が行列して歩いている間を縫うように飛んだり道路上に止まったりしていましたが、そのうち去ってしまいました。次に見たときはこの写真のマテバシイから飛び立つところでした。成虫は消え去りましたが、卵を見つけることができました。
  • 2016年9月12日 ジャノメチョウの卵です。今日も昨日に引き続き産んでくれています。
 
 
 
 
ジャノメチョウの卵(ヒカゲスゲ)
20161年9月12日 撮影
静岡市駿河区 飼育
山梨県の高原 母蝶採集


朝8時に仕込んで、夜見ると10卵程度は産んでいたようです。鉢の中では土の上やスゲの葉の隙間に卵が見つかりました。鉢の外にもあるようですが数えていません。卵の殻は固いようで、紙の上に落とすと、カラカラと音を立てて跳ねました。これはウラジャノメの卵と同じです。
  • 2016年9月11日 昨日は毎年恒例の、採卵用のヒョウモン類♀の確保を主目的に、山梨県の高原に行ってきました。アザミ類に群がるヒョウモンはほぼすべてミドリヒョウモン♂♀でした。しかし、何とか目的の種の一つのウラギンヒョウモンを見つけました。気温が上がるとまあまあの数を見つけることができました。ウラギンヒョウモンは、終齢幼虫までは飼育できているのですが蛹化に失敗していて来年もチャレンジしたいと思います。他にはめぼしい種はおらず、ジャノメチョウも連れ帰りました。9月11日には、両種とも産卵してくれました。季節外れのミヤマカラスアゲハ♀が突然現れ吸蜜しました。美しい蝶だと思います。

↑4匹のミドリヒョウモンの吸蜜

↑ウラギンヒョウモンの吸蜜とミドリヒョウモン
ミドリヒョウモンとウラギンヒョウモンの吸蜜
2016年9月10日
山梨県


ミドリヒョウモンが非常に多い日でした。
クリックで高画質画像へ
(参考)
オオウラギンスジヒョウモンの吸蜜(♀、アザミ類)
2016年9月10日
山梨県


高原のアザミ類は、多くのミドリヒョウモンで独占された感がありましたが、その中に少数の本種が混じっていました。なおこの日に見たのは全て♀でした(4匹)。
クリックで高画質画像へ
 
(参考)
ミヤマカラスアゲハの吸蜜(♀、アザミ類)
2016年9月10日
山梨県


山梨県の高原です。この時期には珍しく、非常に新鮮な個体です。ちょっと暗かったので写真としては今一つですが、美しさは分かると思います。♀は上翅表面にビロード上の筋がありません。
  • 2016年9月7日 空の話です。台風が近づいていますが、その影響もあるのか、いろいろなハロが見られました。久しぶりに、大きく伸びた上部ラテラルアークが見られたのがよかったです。

クリックで大きな画像へ



クリックで大きな画像へ
上部ラテラルアークと環天頂アーク
2016年9月7日
静岡市駿河区


台風の近づいた今日、久しぶりに大きく伸びた上部ラテラルアークを見ることができました。

本日のまとめ写真へ
  • 2016年9月4日 8月28日に採卵したアカボシゴマダラの卵は、予想通り、最初の個体はいまだ孵化せず、黒くなっています。後から採卵した2卵は無事孵化し、もう2齢になりました。大阪府ではまたもや外来種でソテツを食害するクロマダラソテツシジミが発生しているそうです。大阪市の自宅の近所に探しに行ってみましたが、綺麗なソテツの新芽が見られたものの、卵も幼虫も成虫も見られませんでした。
 
 
脱皮前後のアカボシゴマダラの幼虫(1→2齢、6.3→6.8mm頭部と尾部の突起部含む)
2016年9月3、4日撮影
静岡市駿河区 飼育
静岡市駿河区大谷 採卵


個体2。早くも脱皮しました。1齢期間はわずか3日。
最近の話題のバックナンバーへ

トップページへ