目次 大阪市について 蝶のリスト 種別生態写真・解説 生態別 幼虫図鑑 食草食樹図鑑
ヒメアカタテハ 大阪市とその周辺の蝶
http://butterflyandsky.fan.coocan.jp/
アオスジアゲハ
バタフライガーデン 緑のネットワーク 緑地探訪 ギャラリー 生態用語解説図鑑 自己紹介
空のページ(気象光学) 虹色実験 赤い木の実 備忘 伊丹市講演 更新履歴
Last update 2019年7月14日 since 2003年2月23日
アクセスありがとうございます。これからも末永くよろしくお願いいたします。
フレーム対応ブラウザなのにこのページの左側に目次フレームがない場合には ここ をクリックしてください。 スマホの場合フレーム対応していないようです。フレーム表示でスクロールできない場合、 ここ をタップしてmain.htmlを直接表示してください。
@homepege3.nifty.comが容量オーバーとなったため、こちらに移動しました(2014年3月15日)
 大阪市には蝶(チョウ)などの自然(しぜん)が少なくなっていると言われています。 でも、ちょっと気をつけてあたりを見てみましょう。きっと蝶をはじめとした多くの生き物が見つかるはずです。蝶の観察(かんさつ)は多くのドキドキ発見の連続(れんぞく)です。このホームページでは、大阪市の蝶やその周辺地域の蝶について、卵から成虫までの生態写真(せいたいしゃしん)や環境写真(かんきょうしゃしん)を使って紹介(しょうかい)しています。このホームページを見た人が、蝶を身近に感じられ、自分も観察(かんさつ)してみようと思ってくれることを願っています。また、自宅のバタフライガーデンや緑のネットワークの考え方、淀川や大和川なども緑地探訪として紹介しています。
 皆様が大阪市とその周辺の地域で変わった蝶を見つけたら、ぜひ年月日、時間、場所(地名や環境)、蝶の特徴(とくちょう)、できればデジタル写真をメールください。なるべくこのページでも紹介したいと思います。
 なお、2006年秋から、空(気象光学現象)の観察も始めました。
 2009年4月からは静岡市の蝶や空についても報告してまいります。とりあえず、このページの名前は変えずにおきます。さらには飼育も含め、全国の蝶を(参考)として紹介します。
空のページ入口    サイト内検索 by Google メールはこちら
今日の話題 と 更新情報
  • 2019年7月14日 相変わらず天気が悪くまともな観察ができません。それでも訓練を兼ねて日本平を往復してきました。こちら(日本平)に簡単な記録ページを作っています。実際ずっと曇ってはいたのですが、蝶は少し飛んではいました。アオスジアゲハが比較的多かったですが撮っていません。あとはヒカゲチョウやクロ系アゲハ、ルリシジミ、ベニシジミ、ツバメシジミ、キチョウを見ました。また、ヨモギではヒメアカタテハの終齢幼虫が巣から出て食事中でした。かなり危ない行為だと思います。また、樹液のにおいがプンプンする木を見つけたのですが、カナブン類は多かったものの、蝶は何も来ていませんでした。美しい赤いカミキリを見つけました。おそらくタブノキを親子とも食べるというホシベニカミキリでしょう。

↑ヒメアカタテハ幼虫

↑ヒメアカタテハ幼虫の巣

↑カナブンとクロカナブン

↑ホシベニカミキリ?

↑カミキリの頭
道中で見つけた昆虫
2019年7月13日
静岡市清水区(日本平)


蝶がいないと甲虫に目が行きます。他にも様々な甲虫がいましたが、撮影していません。
  • 2019年6月30日 天気が悪く蝶の観察がままなりません。しかし、この夏は富士登山も計画していて、体を鍛える必要もあり、近場の低山ハイクを続けています。新たな趣味の浅間神社巡りも一部兼ねています。先週の日曜日は、静岡市に北から細く伸びている賎機山、昨日は街中に横たわっている谷津山をそれぞれ縦走しました。いずれも天気が悪く、蝶はほとんど見ていません。コジャノメ、ヒカゲチョウ、カラスアゲハぐらいでした。こちら(賎機山谷津山)に簡単な記録ページを作っています。
  • 2019年6月22日 2週連続でアップなしですいません。先週は旅行で京都府北部の伊根あたりをうろうろして、蝶とはほとんど無縁でしたが、モンキアゲハが多かった印象です。今日は天気はダメだったのですが、たまに小雨ぐらいで済んだので、いつもの静大裏に行ってきました。モンシロチョウとナミアゲハがやたら多い印象でした。とはいえ、面白いシーンは見られずと思っていたところ、キアゲハがミツバの蕾に産卵してくれました。ミツバは飼育ではよく聞きますが、実際に産卵しているのは初めて見ました。しかも葉にではなくて蕾に固執していたのが興味深いです。やっぱり栄養価が高いのでしょう。他にはその近くで探せばたいがい見つかるダイミョウセセリの幼虫。終齢(5齢)のようです。久しぶりにアカボシゴマダラの幼虫を見ました。今や駆除対象ではありますが、この地では急減しているようで成虫含め生体を今年初めて見ました。それ以外はあまり蝶はいなかったですが、ヒメウラナミジャノメが新鮮でした。他にモンキアゲハ、モンキチョウ、ベニシジミ、ツバメシジミ、ナツフジの蕾にウラギンシジミの卵。

↑卵は見つからず。

↑産卵した。

↑産卵直後の卵。

↑後で探して見つけた卵
キアゲハの産卵(ミツバ)と環境
2019年6月22日
静岡市駿河区大谷


静岡大学の裏山の道沿いに、なぜかミツバが繁茂して蕾穂が伸びているところです。その蕾に盛んにキアゲハが産卵していました。ただ、蕾がある程度広がってしまうとその茎が細いので産卵できずに飛び去る場合が何度かありました。最初の写真は卵が見つかりませんでした。4枚目は産卵シーンは撮っていませんが、後で探して見つけた卵です。
 
アカボシゴマダラの幼虫(エノキ)
2019年6月22日
静岡市駿河区小鹿


アカボシゴマダラを今年になってから一度も見ておらず、この地域では激減している可能性があります。久しぶりに幼虫を見つけて少しほっとしています。特定外来種なので駆除対象ですので、そういうのは良くないのかもしれませんが。残念ながら、通常のゴマダラチョウも一度も見ていません。果たしてこれからどうなるのやら。
 
ダイミョウセセリの幼虫(オニドコロ)
2019年6月22日
静岡市駿河区小鹿


終齢幼虫と思います。初齢の幼虫はよく見ますが、なかなかここまで無事に育っているのを野外で見つけるのは難しいです。もちろん寄生されているかもしれませんが。
  • 2019年6月2日 今日は雲のせいで日差しが弱く、過ごしやすい日でした。午前中は日差しもあったので、蝶も飛んでいました。6月といえば低地ゼフィルスの季節ですが、当地(大谷)ではほぼ期待できないです。それでも様々な蝶が目を楽しませてくれました。なんといってもベニシジミ夏型が大変美しかったです。春型に比べると鮮やかさは劣りますが、それでも羽化直後の個体は大変美しいです。特に、白いヒメジオンで吸蜜するときは落ち着いていて、長く楽しめます。ウラギンシジミも1化がでてきて産卵していました。まさに産卵直後の濡れた感じの卵は薄い青色ですが、撮影中にもどんどん白化していきました。ルリシジミがアレチギシギシの穂に産卵していましたが撮影できませんでした。新鮮そうなヒオドシチョウらしい蝶も見ましたが、アカタテハかもしれません。スジグロシロチョウは今年は春型を見なかったのですが、今日は夏型が産卵場所を探して飛んでいました。ダイミョウセセリもいつの間にか出ていてかなり擦れた感じの成虫と、2齢と思われる幼虫がいました。イチモンジセセリやヒカゲチョウもいました。ともに初見ですが、既に擦れていました。新鮮な夏型?のモンキアゲハが複数いました。他には、コミスジ、アオスジアゲハ、キチョウなど。さて一気に増えていたアカボシゴマダラですが、今年は未だに見ていません。大谷では減っている可能性が高いです。
クリックで高画質画像へ ベニシジミの吸蜜(夏型♀、ヒメジオン)
2019年6月2日
静岡市駿河区大谷


夏に出るベニシジミは春型より黒化しているものが多いですが、光の加減で鮮やかに写ることがあります。また、後翅に青い紋があるものとないものがあるようです。この個体は鮮やかな青い紋があり、翅の白い縁取りの効果もあり大変美しく見えます。
 

↑10:52:02

↑10:53:30 明らかに白っぽく、また乾いた感じになっている。

↑写真のほぼ中央あたりに卵
ウラギンシジミの産卵と卵(ナツフジ?誤産卵(オニドコロ))
2019年6月2日
静岡市駿河区大谷

ナツフジかフジのツルがオニドコロと絡み合っていて、母蝶はナツフジに産みたかったのでしょうが、オニドコロの古い茎に産んでしまいました。撮影のため絡みを外しましたが、撮影後に絡ませておきました。産卵直後は薄青色でぬれた感じがあり、みるみる白っぽくなっていきました。
  • 2019年5月25日 ちょっと体調を崩したりして更新が遅くなってしまいました。今日もいつもの静大裏に行ってみました。全国的に高温ということで、8時に出発、11時前に帰ってきました。モンシロチョウは各地に多かったです。静大敷地内に作られた花壇はますます充実してきました。きれいな野草はそのまま活かしていることもあり、ノアザミに蝶が集まっていました。カラスアゲハとアゲハが吸蜜していました。ルピナスにはチャバネセセリ、セリ科には期待通りキアゲハ幼虫がいました。ベニシジミもいました。他のところでは蝶は多くなく、アオスジアゲハ、モンキアゲハ、ヒメウラナミジャノメ、ツマグロヒョウモン♂を見ました。ルリシジミは比較的多く5匹みました。蝶でも昆虫でもないですが、変わった形のクモを見つけました。しかしネットで探してみるとこのあたりに多いゴミグモのようです。ゴミがないとわかりませんが、尾部の形が非常に特徴的です。

↑アゲハの吸蜜

↑カラスアゲハの吸蜜

↑チャバネセセリの吸蜜

↑キアゲハの幼虫
いろいろ
2019年5月25日
静岡市駿河区大谷


 
 
 
ゴミグモ
2019年5月25日
静岡市駿河区大谷


サシガメだろうとみるとクモでした。どうやらこのあたりに多いゴミグモのようですが、ごみと一緒にいない姿を見るのは初めてです。かなりかっこいいです。
  • 2019年5月6日 長い休みも終わってみればあっという間でした。今日の静岡は曇りでしたが、午後から日差しも少し出てきたというところです。いつもの静大裏に午後行ってきました。まだクロ系アゲハは少ないようで、モンキアゲハとナガサキアゲハの飛翔を見ただけでした。一方ナミアゲハの産卵行動や求愛、キアゲハの吸蜜、アオスジアゲハの飛翔などを見ました。かなり早いと思われるチャバネセセリを見ました。コジャノメが出始めのようで、新鮮な個体が多かったです。ヒメウラナミジャノメは相変わらず多いです。ムラサキツバメは予想通り終齢になっていました。他には、サトキマダラヒカゲ、ツマグロヒョウモン♂、コミスジ(初見)、ベニシジミ、ヤマトシジミ、キチョウ。▼駿府城公園近くを歩いているとき、ときどきテレビで話題になるカルガモと思われる親子が泳いでいました。カモのひなは初めて見る気がします。かわいいです。

↑アゲハの吸蜜と求愛

↑チャバネセセリの吸蜜

↑コジャノメ

↑ムラサキツバメの幼虫(終齢)
いろいろ
2019年5月6日
静岡市駿河区大谷


 
 
 
カルガモ?の親子
2019年5月6日
静岡市葵区駿府町


駿府城公園の近くです。誰かが熱心に水面をのぞき込んでいたので気づきました。かわいいカモのひなが多数一生懸命泳いでいました。
  • 2019年5月2日 令和、という新しい時代になったので、何か新しいページでも作ろうと思ったのですが、やっぱりめでたいということもあり、富士山のギャラリーを作ってみました。難しいプログラムは全く分かりませんが、ネットでスライドショーのJavaScriptを拾ってきてとりあえずページを作ってみました。静岡に住み始めて以降のものがほとんどですが、1986年に日本アルプス最初の挑戦となった北岳からの富士山からスタートします。富士山ページをクリックしてみてください。
  • 2019年4月28日 富士市と富士宮市を少し歩いてみました。今日は富士山もとてもきれいで楽しい歩きができました。目的は蝶ではなかったのですが、うわさに聞いていた、茶畑を優雅に飛ぶウスバシロチョウを見ることができました。カメラがOlympusのTG4しかなかったので飛んでいる姿はうまく撮れなかったのですが、新芽にとまったところは撮ることができました。ウスバシロチョウは、いるところには普通にいるのですが、日頃見ないので、この優雅な姿をみるととてもうれしいです。
 
 
(参考)
ウスバシロチョウの吸蜜、休息
2019年4月28日
静岡県富士市、富士宮市


別の目的で歩いていたので、期待は少しはしていたのですが、本当に茶畑にウスバシロチョウが現れた時はびっくりしました。その後気温が上がってくると各地でいっぱい飛びはじめました。この日は、一眼レフを持っていなかったので、ちょっと悔しいです。ちょうど♂の最盛期といったところでしょうか。
  • 2019年4月20日 今日の静岡市は風が冷たい感じもありましたが、春本番です。2週間ぶりに静大裏に行くと、初蝶も4種(+α)追加になりましたが、すでに最盛期という感じの種もいました。まずサトキマダラヒカゲ。これは新鮮な個体でした。1匹だけ見ました。次がヒメウラナミジャノメ。羽化不全の個体もいましたが、10匹は見ました。次にツマキチョウ。最近、アブラナ科の花が急減していて、そのせいかこの蝶も急減しているのですが、今日は雌雄あわせて5匹程度見ました。コツバメはここではヒットなのですが、ツツジ類の花にやってきていて、吸蜜するわけでもなさそうだったので、もしかしたら産卵場所を探していたのかもしれません。+αとしたのはクロ系アゲハを2種見たと思いますが、種の確認ができませんでした。そのほかアゲハがカラスノエンドウで吸蜜していたり、キアゲハが蜘蛛の巣に引っかかっていたり(クモもいなかったので逃がしてあげました。)今年はキアゲハをよく見ます。他に見たのは、アオスジアゲハ(一昨日会社の構内で見たのが初見です)、モンキチョウ、ルリタテハ、ツマグロヒョウモン♂、キチョウ、ベニシジミの求愛などです。期待していたトラフシジミやヒオドシチョウの幼虫集団はいませんでした。

↑サトキマダラヒカゲ

↑ツマキチョウ♂の吸蜜

↑蜘蛛の巣に引っかかったキアゲハ

↑ツツジ類の花に入ろうとするコツバメ

↑アゲハの吸蜜(カラスノエンドウ)
いろいろ
2019年4月20日
静岡市駿河区大谷


 
  • 2019年4月13日 大阪です。朝から快晴で風もなく大変気持ちの良いまさに春という感じでした。神崎川沿いを歩きました。市民花壇に色とりどりの花が咲いています。蝶は、モンシロチョウとヒメアカタテハが来てくれていました。ヒメアカタテハは今年の初見となりました。
クリックで高画質画像へ
クリックで高画質画像へ
ヒメアカタテハの訪花(スノーポール)
2019年4月13日
大阪市淀川区新高(神崎川)


神崎川の河川敷には市民花壇が多く、ジョギングやサイクリングをする人の目を楽しませています。この日はまさに春そのもの。暖かくすがすがしい天気で、歩くだけで気持ちよさを感じました。そんな時に姿を現してくれました。やっと落ち着いて吸蜜したのがスノーポールでした。
  • 2019年4月9日 4月7日の写真をアップします。
クリックで高画質画像へ
クリックで高画質画像へ
クリックで高画質画像へ
キアゲハの吸蜜(♂、ツツジ類)
2019年4月7日
静岡市駿河区大谷


赤いツツジに埋もれたきれいな黄色の翅と緑の葉のコントラストがとてもきれいです。実は右後翅が欠けているのですが、なるべく目立たないアングルを選びました。
  • 2019年4月7日 今日の静岡は全国でも珍しい夏日の27℃越えだとか。昨日も今日も暑い日でした。そんな中、いつもの静大裏に行くと、確かに春真っ最中。アゲハは産卵するし、キアゲハは2匹がテリトリー争いをしているしでびっくりでした。写真はまた後で。なお、アゲハの初見は昨日4月6日、駿河区曲金の飛翔でした。
  • 2019年3月24日 今日の静岡はまさに春うらら。珍しい蝶はいないけど、春が来たことを実感する楽しい一日でした。早春の野の花は今もう満開。田にはレンゲ、畑にはオオイヌノフグリやタンポポ類がいっぱい。道端にはスミレ類。いいですね。趣味でされているのか小規模な養蜂も盛んで、それらの花にはおそらくセイヨウ?ミツバチがいっぱい訪れていました。青いじゅうたんのようなオオイヌノフグリに蝶が来てくれるのを待っていたのですが、ミツバチだけでした。しかし、まばらな花にはもう数もいつの間にか増えているヤマトシジミ♂(今年初見ですが)が来ていました。ベニシジミはもう産卵していました。モンシロチョウも各所で多かったです。越冬組では、キタテハが相変わらず多かったのですが、ヒオドシチョウを今年初めて見ました。一方、ほかのタテハは今年は全く見ません。そのほか、ムラサキツバメ♀とテングチョウの日光浴を見ました。ムラサキツバメの集団越冬場所には何もいませんでした。他にはルリシジミ♂を見ました。キブシも花穂をいっぱい垂らしていましたが、以前見たことのあるトラフシジミやコツバメは残念ながら見ませんでした。遠くにはきれいに雪化粧した南アルプスや富士山がきれいでした。花粉光環もきれいに見えてまだまだ花粉に悩まされますが、やっぱり春はいいものです。
クリックで高画質画像へ オオイヌノフグリとミツバチ
2019年3月24日
静岡市駿河区大谷


 

↑ベニシジミの産卵

↑ベニシジミの卵

↑ヤマトシジミ2♂

↑ヒオドシチョウ

↑ツバメシジミ♀

↑ムラサキツバメ♀
いろいろ
2019年3月24日
静岡市駿河区大谷


 
  • 2019年3月17日 昨日、大阪のベランダ下を片付けていたら、鉢の中にアゲハの蛹を見つけました。植えているスダチから移動したのでしょう。もうすぐ羽化すると思いますので楽しみです。
 
アゲハの蛹
2019年3月16日
大阪市淀川区


スダチの木から2mぐらい離れているベランダ下です。見つけたのは家内なので、実際の状況は不明です。
  • 2019年3月12日 今日も暖かい日でした。年度末ということで休みを取り、また静大裏山に行きました。途中の畑では、モンシロチョウを少なくとも5匹は見ました。そして新生蝶ではベニシジミを見ました。タンポポで吸蜜していました。他には、キチョウとキタテハが多かったですが、土曜日に見たほかの新生蝶は見られませんでした。
  • 2019年3月9日 3月になりいよいよ春本番です。静岡市駿河区の最高気温は17.3℃。花粉もいっぱい飛んでいますが、それにめげず、何か新生蝶がいるのではという期待を胸にいつもの静大裏に行ってきました。途中早くも黄色の蝶が飛んでいました。やはりモンキチョウです。ここでは少なくとも2♂2♀はいました。びっくりです。モンシロチョウもいました。さらにツバメシジミ♂までいました。1月までヤマトシジミが見られたところでは、今日は何も見ませんでした。さらに進んだところで、ルリシジミ♂がいました。ルリシジミは2匹見たのですが、少し裏面の様子が違うものがいてちょっとドキドキでしたが、ルリシジミの個体差のようです。まあとにかく、今日だけで4種の新生蝶が見られて幸せな日でした。ムラサキツバメの越冬場所では、2匹のみ残っていました。いなくなった3匹もどこかにいるのだと思いたいです。他にはキタテハが多く、葉はないのですが何かの枯れ枝へ(たぶんカナムグラ?)の産卵も見ました。ちなみに浜松市のギフチョウ保護区ではすでにギフチョウの交尾まで観察されたそうです。
 
 
 
 
モンキチョウ♂、♀、ルリシジミ♂1、2、ツバメシジミ♂
2019年3月9日
静岡市駿河区片山、大谷


一日日差しが強く、南斜面では暖かい日でした。
  • 2019年2月23日 今日も久しぶりに静大裏に行ってきました。午後は時折日も差し、その時はかなり暖かくなりました。しかし残念ながら、さすがにウラナミシジミはもう見られませんでした。このところ定点で観察しているムラサキツバメの越冬集団は、しっかり5匹残っていました。
ムラサキツバメ
2019年2月23日
静岡市駿河区大谷


  • 2019年2月2日 今日もまたいつもの写真になってしまいました。しかし、2月になってもまだウラナミシジミが健在です。さすがにヤマトシジミは見ませんでした。ムラサキツバメは、4頭集団が健在で、ここまでくれば無事越冬するでしょう。今回は富士山だけでなく、結構式場越しの白い南アルプスの写真も貼っておきます。富士山は、一昨日雪が久しぶりに積もりましたが、もう地肌が見えています。雪が根付く前に風で吹き飛んでいるのでしょう。
 
 
 
ウラナミシジミ、ムラサキツバメ、富士山、南アルプス山並み(聖岳など)
2019年2月2日
静岡市駿河区大谷


一日日差しが強く、南斜面では今日も暖かい日でした。
  • 2019年1月14日 このところワンパターンの記述が多く恐縮ですが、今日も似たようなものになってしまいました。天気がいいので、ちょっと早めの9時に家を出て、いつもの静大裏に行ってきました。ちょっと早かったのでまだ蝶は無理かと思いましたが、南斜面では風もなく暑いぐらいで、やっぱりウラナミシジミとヤマトシジミが飛んでいました。しかし数はさすがに減っていました。ウラナミは2匹、ヤマトは1♀。かなり青い♀でした。集団越冬中のムラサキツバメは4匹いて、ちょうどその葉に陽が射し始めたころでした。1♂が全開翅で日光浴を始めたと思ったら、すぐに飛び立ち、地面の枯葉の中でごそごそしていたのちにまた飛び上がってどこかに行ってしまいました。▼この裏山からも富士山はよく見えるのですが、このところ雪が全く降らずどんどん吹き飛んで地肌が見えています。平地も雨が降らないのでそろそろ雨がほしいところです。そのせいで、空の現象もさっぱりダメです。
 
 
 
ウラナミシジミ、ヤマトシジミ、ムラサキツバメ、富士山
2019年1月14日
静岡市駿河区大谷


駿河区曲金の気象台最高気温は12.3℃でした。ちなみに大阪市も全く同じ12.3℃。こういう日もあるんだ。
  • 2019年1月5日 年が明けました。今年もどうぞよろしくお願いします。大阪は寒かったですが、静岡は相変わらずの暖かさ。明日は寒いらしいですが、今日はぽかぽか陽気でした。駅から家に向かう途中の平地で飛んでいるのを見たウラギンシジミ♂が今年の成虫観察一号となりました。そのあと、静大裏で観察してきました。案の定、南斜面では越年したウラナミシジミとヤマトシジミが活発に飛び交っていました。他にもウラギンシジミやキチョウが飛んでいました。ムラサキツバメ♀も、着目している越冬場所から少し離れているところで飛んでいました。ここではムラサキシジミもいたようですが、正確には確認できませんでした。ムラサキツバメは以前もここで冬に見たことがあり、ここも越冬場所として適したところなのでしょう。着目しているカクレミノの越冬場所では、5匹の集団になっていました。この冬の最大数です。
 
 
ウラナミシジミ、ヤマトシジミ、ムラサキツバメ
2019年1月5日
静岡市駿河区大谷


駿河区曲金の気象台最高気温はなんと17.6℃でした。ちなみに大阪市は12.0℃。
  • 2018年12月29日 今年も残り3日。早いものです。皆様お世話になりました。ありがとうございます。来年もよろしくお願い申し上げます。今年は遠出はせず、静大裏を主たる観察場所と決めて通ってきました。希少種はいませんが、新鮮なコチャバネセセリを見つけたり、アサギマダラをよんでいるおばさんに会ったり、自分なりに満足できる美しい蝶の写真を撮ったりと、楽しい時間を過ごすことができました。来年はどんな年になるかわかりませんが、公私ともに満足できるように頑張りたいと思います。
クリックで高画質画像へ 富士山
2018年12月29日
静岡市駿河区から


今日の富士山です。
  • 2018年12月24日 世間はクリスマスイブ。といっても静岡は暖かい日和でした。昨日一昨日は雨模様でしたが、今日は一転快晴無風。ということでいつものところに観察に行ってきました。特に期待はないですが、まだまだ蝶は健在です。ウラナミシジミはかなり数を減らしましたが、結構飛んでいました。特にきれいな♂がいました。おとなしく吸蜜や開翅日光浴してくれたので、久しぶりに撮影を堪能できました。さらになんと、ヒメウラナミジャノメがいました。この蝶、見かけによらず早春から現れますが、こんな遅くまでいた記憶がありません。他にも、ツマグロヒョウモン♂がきれいな翅を広げていてびっくりしました。今年はやっぱり蝶の出現も少し変です。ムラサキツバメも3匹健在で、♀が遠くで翅を広げていました。
 
クリックで高画質画像へ
クリックで高画質画像へ
ウラナミシジミの日光浴と吸蜜(♂、キク科ヨメナ類)
2018年12月24日
静岡市駿河区大谷

クリスマスイブとはいえ暖かい日でした。かなり古びた個体が多い中、非常に新鮮な♂がヨメナの花にとまっていました。しばらく翅を広げてくれなかったのですが、雲が去り陽が差すと、非常にきれいな表面を見せてくれました。この時期のオスの表面は、♀程ではないですが複雑な色合いです。

クリックで大きな画像へ
ヤマトシジミの静止(センダングサ類の種子)
2018年12月24日
静岡市駿河区大谷


日陰だとかなり寒い感じで、ヤマトシジミも飛べないようでじっとしています。裏面は通常と変わらないようで低温型とは言えないと思います。センダングサ類の種子はいわゆるひっつき虫で嫌ですが、星型あるいは花火型に広がってよく見ると何か趣を感じます。
ツマグロヒョウモンの遅い記録(日光浴、♂)
2018年12月24日
静岡市駿河区大谷


暖かい日でしたが、時折曇り、そのあと陽が射した時の観察です。どこからか舞い降りて翅を広げていました。暖かいとはいえまだ新鮮に見える個体がいるとはびっくりです。
ヒメウラナミジャノメの静止・日光浴
2018年12月24日
静岡市駿河区大谷


かなり擦れてはいますが、このまま越年するのかもしれません。ただし、年末はかなり寒くなる予報です。今日は暖かい日でした。この画面には開翅しているウラナミシジミ♀も写っています。また近くには、新鮮なツマグロヒョウモン♂もいました。
  • 2018年12月9日 12月に入って朝はだいぶ冷えるようになりましたが、ここ静岡市はまだまだ日中は気温が上がります。昨日もまた静大裏山に行ってきました。予想通り、日の当たるところでは多くのウラナミシジミが吸蜜や求愛を繰り返していました。ここまでは2週間前の日記と同じです。ヤマトシジミやベニシジミも健在で、特にヤマトシジミは羽化間もないきれいな個体も多く見られました。ムラサキツバメの越冬集団は3匹になっていました。今後も継続して観察したいと思います。途中、閑静な住宅街の道路脇のエノキに3匹の越冬中のアカボシゴマダラ幼虫を見つけました。街で成虫を見たことはないのですが、広く飛んでいるのでしょう。ほかにはウラギンシジミ♀やキタテハもきれいでした。

クリックで大きな画像へ


クリックで大きな画像へ
ヤマトシジミの日光浴と静止(低温期型、上♂、下♀?)
2018年12月8日
静岡市駿河区大谷


かなり寒い日もありますが、太陽が出ているとまだまだ暖かく感じます。ウラナミシジミとヤマトシジミはまだ元気に飛び回っていました。ともに羽化して間もない個体と思います。羽を広げて日光浴する♂の翅には微妙なグラデーションがありきれいです。葉裏にとまるのは紋が多きのでおそらく♀でしょう。こちらも、夏には見られない斑紋となっています。
 
←(1)
アカボシゴマダラの越冬幼虫(エノキ)
2018年12月8日
静岡市駿河区小鹿


閑静な住宅街です。小道の脇に生えたエノキの葉に食痕が見られたので探したところ比較的すぐに(1)が見つかりました。さらに探すと近くの(2)が見つかり、写真を撮りました。ところが、帰ってから写真を見るとなんと(3)がいたのです。全然気づかなかったのでびっくりでした。固まって3匹がいるのは、越冬に適したところが決まっているからでしょうか。
  • 2018年11月25日 昨日行った日本平の展望回廊の一角に、案内板が数枚掲示されています。その中に非常に気になる掲示板があります。それは、徳富蘇峰が昭和10年(1935年)に選んだ日本平の4か所の景勝地に名前を付け、その碑が今でも立っているというのです。4つは吟望台(ぎんぼう)、鍾秀台(しょうしゅう)、超然台(ちょうねん)、望嶽台(ぼうがく)です。似たようなものが複数ある、しかも由緒正しい、、、となるとコレクター魂に火が付きました。ネットで調べているとその一つの超然台は、これまで諦めていた有度山三角点とほぼ同じところにあるというのです。しかもスマホGPS利用登山ガイドアプリのヤマレコやヤマップで多くの方々の記録がアップされています。ちなみに私は登った山に三角点があれば、それを踏むか触るかザックを置くかして写真を撮ることにしています。行き方が分からず諦めていた三角点もヤマップがあればなんとか行けそうな気がしてきました。これで決まりです。昨日登ったばかりですが、連登することにしました。その結果、三角点も4つの碑もすべて写真に撮ることができました。良かった。結果は昨日アップしたページを更新して載せました。
  • 2018年11月24日 朝起きて、富士山がきれいだったので、日本平に登ってきました。ここには11月3日に新しい展望施設、日本平夢テラスができたばかりなので、これを一度経験したかったこともあります。コースは静鉄草薙駅から日本平、下りは平澤寺(ひらたくじ)から美術館前、のコースです。普通に歩くだけなら、昼前には自宅に戻れる手軽さです。いろんな観察やら、テラスでかなりのんびりしたので、帰ったのは2時ぐらいでした。こちらに紹介ページを作りました。
  • 2018年11月23日 朝はだいぶ冷えるようになりましたが、ここ静岡市はまだまだ日中は気温が上がります。今日もまた静大裏山に行ってきました。予想通り、日の当たるところでは多くのウラナミシジミが吸蜜や求愛を繰り返していました。なんと久しぶりにムラサキツバメの越冬集団(6匹)を見つけました。4年前にもみつけたカクレミノです。すぐそばにはマテバシイはなく、何か引き付けるものがあるのでしょう。他には、ヤマトシジミ、ベニシジミ、キチョウ、チャバネセセリ、ヒメウラナミジャノメを見ました。フジバカマの花は枯れてしまい、さすがにもうこの花畑でアサギマダラは見られませんでした。
 
ムラサキツバメの越冬集団(カクレミノ)
2018年11月23日
静岡市駿河区大谷


4年前の2014年11月30日に見つけたのと同じカクレミノで久しぶりに越冬集団を見つけました。6匹いるようです。ムラサキツバメにとってこの木は何か魅力があるのでしょう。マテバシイ林の大部分の木が切られて以来の発見です。
クリックで高画質画像へ ウラナミシジミの吸蜜(♂、千日紅)
2018年11月23日
静岡市駿河区大谷


秋も深まりましたが、まだまだ多くのウラナミシジミが飛び交っていて、花にも集まっています。
  • 2018年11月11日 静岡市は昨日、今日と続けて暑いぐらいの日和でした。今日はいつもの静大裏に出かけました。見られた種は2週間前の観察とほとんど同じでした。今日もフジバカマにはアサギマダラが来ていました。きれいな個体でした。静岡市では平地でも茶畑がいまだに多く残っていますが、今花盛りです。同属のサザンカと同じような花を付けます。ここにきれいなキタテハが来ていました。他に見たのは、モンシロチョウ、キチョウ、ヤマトシジミ、ウラナミシジミ、(もしかしたらムラサキツバメ)、ウラギンシジミ、ヒメウラナミジャノメ、チャバネセセリ。アゲハチョウ科はみませんでした。

クリックで大きな画像へ

アサギマダラの吸蜜(フジバカマ)
2018年11月11日
静岡市駿河区大谷


先々週(2018年10月27日午後)、静大裏山の三角点があるあたりで、この山に、アサギマダラをよぶためにフジバカマを植えている女性にたままたまお会いしました。話をしていると、10から11月にかけて期待通りアサギマダラが集団で来ることを教えてもらいました。ここにフジバカマがあることは前から知っていて、その直前にもキタテハを撮っていたのですが、これまでここでアサギマダラが吸蜜しているのを見たことがなかったので、少しびっくりしました。さらに驚いたのは、まさに話をしていた時にアサギマダラが現れて実際に吸蜜したことです。これは本当に驚きました。その時はあまりいい写真は撮れなかったのですが、今日はきれいな個体に出会えて、ゆっくり撮影できました。

クリックで大きな画像へ

キタテハの吸蜜(秋型、チャノキ(茶の木))
2018年11月11日
静岡市駿河区片山


静岡市内は、どこにでも茶畑がある感じです。最近はアパートなどに変わっているところも多いですが。そのような茶畑のチャノキに花が咲いていて、キタテハが長く吸蜜していました。この個体はかなり新鮮な個体です。秋型は後に示す夏型に比べて色が濃く、縁の切れ込みが深いです。ちなみにチャノキはツバキやサザンカ(山茶花)と同じツバキ科ツバキ属です。
  • 2018年10月27日 朝は雨が降っていましたが、午後には一転快晴になり、気温も急上昇して、暑かったです。晩秋の午後となるとあまり蝶はいないかもしれませんが、いつもの静大裏山に行ってきました。予想に反して蝶は結構遅くまでたくさん飛んでいました。多かったのは予想通り、ウラナミシジミ、ヤマトシジミ、イチモンジセセリでした。タテハ類も数は少なかったですが、ヒメアカタテハ、キタテハが吸蜜していました。少し驚いたのは、明るいところで日光浴らしいヒカゲチョウを見たことです。さらにうれしかったのは、裏山の三角点があるあたりで、この山に、アサギマダラをよぶためにフジバカマを植えている女性にあったことです。話をしていると、10から11月にかけて期待通りアサギマダラが集団で来ることを教えてもらいました。ここにフジバカマがあることは前から知っていて、その直前にもキタテハを撮っていたのですが、これまでここでアサギマダラが吸蜜しているのを見たことがなかったので、少しびっくりしました。さらに驚いたのは、まさに話をしていた時にアサギマダラが現れて実際に吸蜜したことです。これは本当に驚きました。この女性、かなり念力を持っていそうな(笑)。他に見た蝶は、アゲハ、アオスジアゲハ、カラスアゲハ、モンシロチョウ、キチョウ、ベニシジミ、ツマグロヒョウモン、ヒメウラナミジャノメ、チャバネセセリ。この時期にしては非常に多くの種・数の蝶を観察できました。

↑アサギマダラの吸蜜(フジバカマ)

↑ウラナミシジミの吸蜜(センダングサ類)

↑キタテハの吸蜜(フジバカマ)
秋の蝶
2018年10月27日
静岡市駿河区大谷


午後2〜3時頃です。
 
ヒカゲチョウの日光浴
2018年10月27日
静岡市駿河区大谷


もうすぐ11月ですが、明るく日の当たる道端でヒカゲチョウを見ました。しかも2匹。この時期は明るいところにも出てくるのかもしれません。なおこの日は朝は雨、その後快晴になり気温も上がり、静岡気象台の最高気温は25.8℃でした。
  • 2018年10月22日 一昨日の20日ですが、大阪昆虫同好会の友人、重田さんと新井さんの写真展に行ってきました。日ごろ、私は写真をこのHPでしか公開しておらず、また、プリントすることもないのですが、ギャラリーでA3サイズの写真を並べて見るのは、やっぱり印象が違います。もちろん、写真自身の出来の違いもありますが。なおこの写真展は終了しています。▼今日は、神戸に小旅行です。気温も上がり、最近こちらで増えているクロマダラソテツシジミが鶏頭にとまっていました。ちなみに、静岡でも発生しているはずですが、全く見かけません。

↑写真展の様子

↑クロマダラソテツシジミ♂、神戸市
写真展、クロマダラソテツシジミ
2018年10月20日、22日
 


  • 2018年10月14日 昨日の13日ですが、百名山制覇を目指す同僚に誘われて、八ヶ岳連峰の最高峰・赤岳(2899.4m)に登ってきました。コースは美濃戸口→南沢→行者小屋→地蔵尾根→赤岳頂上→文三郎尾根→行者小屋→美濃戸口。もしかしたら、キベリタテハがいるのではないか、という淡い期待はかなわず、それどころか節足動物というものがほとんどいませんでした。それでも、霧ヶ峰などから素晴らしい景色を堪能させてくれていて、いつかは登りたいと願っていた山に登れたことは本当にうれしいことでした。しかし、正直、きつかった。赤岳頂上では、下方向はガスっていて楽しみにしていた景観はまたの機会に?というところですが、上空の青空はときおり見られ、全周の内暈が比較的きれいでした。▼今日は筋肉痛が少しありますが、特に問題なく過ごせています。家の近所で、アカボシゴマダラ幼虫を見つけました。越冬態になっていますがまだ緑色です。エノキはもう食べるところがほとんどないですが、このまま越冬するでしょうか。

↑行者小屋手前の登山道(河原)から見た八ヶ岳(横岳など)

↑赤岳頂上小屋を超えて山頂方向
八ヶ岳山行
2018年10月13日
 


残念ながら、行者小屋に着いた頃は、きれいに見えていたのですが、休んでいる間に一気にガスが出て、その後は眺望には恵まれませんでした。
 
アカボシゴマダラの幼虫(4齢、越冬態)
2018年10月14日
静岡市駿河区曲金


幹線沿いの植え込みに生えたエノキです。特に探しながら歩いていたわけではないのですが、葉がない枝が目に入ったので、すぐに幼虫に気付きました。
  • 2018年10月8日 昨日の7日ですが、大阪市淀川区十三近郊の淀川河川敷を歩いてみました。強い期待があったわけではないですが、秋に移動するというツマグロキチョウや、その食草の外来種のアレチケツメイがそろそろ侵入しているのではないかと思いました。歩いた範囲は、午前中が阪急十三駅あたりからJR山陽線あたり、午後は十三駅から反対側のJR京都線あたりの往復です。午前中は土手だけ、午後は河川敷の土手側と川側を歩きました。残念ながら成果なく、いた蝶は、ヒメアカタテハ、ベニシジミ、?セセリぐらいでした。ウマノスズクサは何度刈込されても繁茂していましたが、ジャコウアゲハやホソオチョウの痕跡を見つけることはできませんでした。蝶に関しては残念でしたが、久しぶりに緑の草原、青空、梅田の摩天楼の組み合わせの景色を見ながらの散策は非常に気持ちよかったです。スポーツ少年を怒鳴りまくるコーチがちょっと耳障りだったり、BBQを楽しむ若者がうらやましかったりしましたが。

↑午前撮影 クリックで高画質画像へ


↑午後撮影 クリックで高画質画像へ


↑ヒメアカタテハの吸蜜

↑ウマノスズクサ
淀川の様子
2018年10月7日
大阪市淀川区十三近郊


台風が何度も通過した大変な日本列島ですが、この近くの河川敷は、少なくとも今見る限り大きな影響はなかったように見えます。
  • 2018年9月24日 昨日の23日ですが、大阪府豊中市の服部緑地公園まで大阪の自宅から歩きました。いまだに台風21号の爪痕が残っています。天竺川沿いに植えられている大きな松の枝も折れていました。蝶も少ないように感じました。特に服部緑地公園ではヤマトシジミしか見ませんでした。いろんなところが立ち入り禁止になっています。コスモスはきれいに咲いていましたが。天竺川でモンキアゲハを見られたのはうれしかったです。このあたりではかなり珍しいです。大阪に戻ったときはソテツをチェックしています。近所にきれいな柔らかい葉がある株を見つけましたが、幸い?卵も幼虫もおらずきれいでした。
 
モンキアゲハの吸蜜と飛翔(ランタナ)
2018年9月23日
大阪府豊中市


服部緑地公園まで天竺川沿いを歩いていたところ、川べりに生えていたランタナで吸蜜しているモンキアゲハを見つけました。かなり長くとどまってくれたので、いっぱい撮ることができました。隣にはヒガンバナも10本程度咲いていましたがこちらには寄りませんでした。
  • 2018年9月9日 思いのほかいい天気だったので、いつもの静大裏山に行ってきました。ちょっと出遅れたので暑かったのですが、それでもやっぱりいろんな蝶が飛んでいました。ルリシジミがイタドリの花に産卵していました。また、アカボシゴマダラの蛹が、道路のすぐ上のエノキの枝に見つかりました。蛹化するときにあまり移動しないようです。他には、アオスジアゲハ、ナガサキアゲハ、アゲハ、キチョウ、ツバメシジミ、ヒメウラナミジャノメ。イチモンジセセリは相変わらず多かったです。▼今日も虹が見えました。虹のように分光した幻日も見えました。▼下に9月7日付(実際は9月8日)更新の記事があります。
 

↑中央の少し青っぽいのが卵

↑環境 右側手前にイタドリ
ルリシジミの産卵(イタドリ?)と卵
2018年9月9日
静岡市駿河区大谷


ルリシジミはいろいろな花(蕾)に卵を産むことで知られています。ただし、必ずしも幼虫が育つかどうかは分からないようです。この花はイタドリだと思うのですが、原色日本蝶類生態図鑑(III)によれば、育つようです。この母蝶は、花の周りをゆっくり飛び、場所選んだあとは数秒かけて産んでいました。
 
アカボシゴマダラの蛹(エノキ)
2018年9月9日
静岡市駿河区大谷


観察し続けていたエノキ小木で、ここにはまさかいないだろうとおもってめくった葉裏に大きな蛹がいました。
  • 2018年9月8日 まずは、台風21号の被害を受けた方々、北海道地震の被害を受けた方々にお悔やみとお見舞いを申し上げます。今年の自然災害の猛烈さに震えます。このような災害はいつどこで起こってもおかしくないと専門家はおっしゃっています。皆様も各地域のハザード(潜在的危険性)情報の確認と備えをお願いします。静岡は天気は安定しませんが、大きな被害はなさそうです。▼先日見に行った神龍院のクロマダラソテツシジミを再度見に行きました。幼虫は見つかりませんでしたが、卵と成虫が見られました。しかし、そのほかの場所では柔らかい葉のあるソテツも見ましたが、いまのところクロマダラソテツシジミは見つけられていません。▼夕方、見事な虹が見られました。嵐のような雨だったので、風圧と風で水滴がゆがんだのか、屈曲した三重虹が見られました。
 
静岡市駿河区のクロマダラソテツシジミ
2018年9月8日
静岡市駿河区八幡5 神龍院


晴れの休日なので、成虫がいないか、また幼虫がどうなったか見に行きました。小株の方ではやはり葉を食べつくし幼虫は見つかりませんでした。しかし、大株の方では新たに柔らかい目が出ており、幼虫はいませんが卵がありました。また、成虫♂が数匹飛び回っていました。

↑2枚パノラマ合成、画像強調、クリックで大きな画像へ


↑画像強調、クリックで大きな画像へ
三重虹?と過剰虹
2018年9月8日
静岡市駿河区小鹿


突然の大雨に慌てて雨宿りをしていたら、虹が見えたので、雨の中を濡れながら見やすいところに移動したところ、これまで見たことのない特殊な虹が現れました。虹の右側の下部はいわゆる二重虹の主虹、副虹に加え、物理的な成因が分かりませんがもう1つの虹が見えています。想像するのは、雨粒が大きくて雨粒が変形していたのではないかということです。Atmospheric Opticsには双子虹(twinned rainbow)として紹介されている虹に似ています。やはり水滴の変形の説が有力のようです。ただし、球状の透明な氷という説もあるそうです。さらに、主虹の内側、過剰虹の位置にも赤色が広がっています。紫の線とは違う形にも見えます。別の形に変形した水滴によるものかもしれません。
  • 2018年9月2日 ここ数年来、秋になるとクロマダラソテツシジミの話題が増えます。今年は静岡市駿河区でも観察されたという報告をいただきました(大昆および静昆)。早速確かめに行ったところ、小さなひこばえが食い尽くされていました。数日前には成虫も確認されたそうです。本来フィリピンあたりでしか越冬できないと言われていたのですが、もしかしたら日本でも暖かいところでは越冬できるのかもしれません。なお、関西でも発生しているそうです。
 
 
静岡市駿河区のクロマダラソテツシジミ幼虫
2018年9月2日、9月18日
静岡市駿河区八幡5 神龍院


大昆と静昆から情報をいただき早速確かめに行った時の写真です。神龍院というお寺に植えられた立派なソテツに伸びたひこばえの新芽がほとんど食い尽くされていました。8月には成虫も観察されたそうです。
  • 2018年8月26日 暑い夏に戻ってしまいました。朝早めにいつもの静大裏に行ってきました。暑くてもアゲハ、イチモンジセセリ、ヤマトシジミは元気です。少し涼しい林間の小道でコチャバネセセリの吸い戻しを観察できました。この地ではコチャバネセセリは珍しいのですが、もしかしたら最近になって定着したのかもしれません。2009年4月にこっちに来てからずっと観察を続けていますが、これまで3度しか見たことはなく、日付は2013年5月4日、2017年5月14日、2018年8月26日で、2年続いたのは今日が初めてです。生態別写真と解説吸い戻しのページを作りました。他に見た蝶は、キマダラセセリ(2匹)、ナガサキアゲハ、スジグロシロチョウ、キチョウ、コミスジ、コジャノメ、ヒメウラナミジャノメ、サトキマダラヒカゲ、ダイミョウセセリ、ウラギンシジミ終齢幼虫、アカボシゴマダラ終齢幼虫など。ササコナフキツノアブラムシに似たアブラムシのコロニーはさらに大きくなっていますが、残念ながらゴイシシジミは卵も成虫も見つかりません。
 

↑葉上の水滴で吸水している
 

↑折り曲げた尾端に水滴が見える
コチャバネセセリの吸い戻し
2018年8月26日
静岡市駿河区大谷


大谷でコチャバネセセリを見るのは3度目です。新鮮なので、この地で発生が継続していると考えていいのではないでしょうか。吸い戻しは初めて見ました。場所は林間の細い舗装道路です。最初に気付いたときは道路にいて飛び立って道端の草で吸水を始めました(写真1、2枚目)。しばらく吸水した後、道路に戻ってとまったり飛んだりを繰り返し、その後道路上の物体にときどき尾部を曲げることを繰り返していました。尾端の水滴も撮ることができました(写真4枚目)。水を付けている丸い物体が何かわかりませんが、木の実を食べた鳥の排泄物でしょうか。
  • 2018年8月21日 休暇を取りました。朝から強い雨が降ったのですが、すぐに上がり、その後朝散歩していたら、クロアゲハとアゲハの吸水場面に会いました。それぞれ別の場所です。試しにスマホで撮ってみたら妙にエッジのきいた少々不自然な写真になってしまいました。
 
クロアゲハとアゲハの吸水(ともに♂)
2018年8月21日
静岡市駿河区


クロアゲハは神社の境内、アゲハは民家の建築現場です。
  • 2018年8月11日 今日も暑いので、早めにいつものところに行ってきました。急にイチモンジセセリが増えて、10匹以上見ました。ヤマトシジミとともに、暑さにめげず活動しています。ナツフジの蕾房に、シジミの幼虫を探していたら、幼虫は全く見られなかったのですが、ふとウラギンシジミの蛹があるのに気付きました。自然状態では初めて見ました。他にはキチョウ、アゲハ、アオスジアゲハ、ナガサキアゲハ(比較的多かった)、ツマグロヒョウモン、ヒメウラナミジャノメ。ササコナフキツノアブラムシに似たアブラムシのコロニーは少しずつ大きくなっていますが、周りをクロコノマチョウに食べられていました。残念ながらゴイシシジミは卵も成虫も見つかりません。ダイミョウセセリの巣が目立ちます。▼昨日は久しぶりに環水平アークを見ました。
イチモンジセセリの吸蜜(シソ科)
2018年8月11日
静岡市駿河区大谷


例のバタフライガーデンと呼んでいるところです。ここだけで5匹以上のイチモンジセセリがいました。
 
 
ウラギンシジミの蛹(ナツフジの近く)
2018年8月11日
静岡市駿河区大谷


ナツフジが茂っている近くの葉上に蛹を見つけました。こんなに目立つところに蛹化するのは珍しいと思いますが、単に気付きにくいだけなのかもしれません。
  • 2018年8月5日 毎日暑いですが、やはり静岡市は周辺都市よりはだいぶ過ごしやすいようです。そんな中、午前中にいつもの静大裏に行ってきました。おかげさまで曇りで蝶にとっても過ごしやすい時間なのか比較的多くの蝶を見ることができました。うれしかったのは久しぶりのムラサキツバメとアカボシゴマダラ。ムラサキツバメは2017-18の越冬やその後の産卵を確認できませんでしたが、非常に新鮮な♀と卵を数卵確認できました。アカボシゴマダラは、特定外来種指定されたため飼育もできなくなりましたが、やはり美しい個体を見るのはうれしいです。今日は2〜5齢幼虫を10匹以上見ることができました。他にはアオスジアゲハ、かなり擦れたモンキアゲハ、ナガサキアゲハ、カラスアゲハ、ベニシジミ、ヤマトシジミ、モンシロチョウ、キチョウ、ツマグロヒョウモン、サトキマダラヒカゲを見ました。先週報告したコミスジの蛹は寄生されていたようで大きな穴が開いていました。先週見つけたササコナフキツノアブラムシと書いたアブラムシは、どうもちょっと別の種のようですが、コロニーは少しは大きくなっていました。ゴイシシジミの卵はまだいません。クロコノマチョウの幼虫が数匹近くにいました。
 
 
ムラサキツバメの静止(マテバシイ、♀)と卵
2018年8月5日
静岡市駿河区大谷


毎年越冬が見られる林ですが、ほとんどの大木が切られ、今は小木とひこばえがほとんどです。
 
アブラムシのコロニー
2018年8月5日
静岡市駿河区大谷


ススキの葉裏です。ササコナフキツノアブラムシとは少し白さが違うように見えます。クロコノマチョウの卵の跡と思われる形跡がコロニーの右側に見られます。
  • 2018年7月29日 3週間ぶりの更新です。台風12号が東から西に移動する異例の気象でしたが、夜中に通り過ぎ、昨日も今日も日中は天気が良い時間が長かったです。特に今日は、朝から強い日差しが照り付けていました。被害の多かった地域も多く、お見舞い申し上げます。さてそんな中、朝からいつもの場所に観察に行ってきました。アパートではクマゼミがうるさかったですが、山に行けばミンミンゼミも鳴いていました。久しぶりにヒメアカタテハを見ました。羽化してそれほど時間がたっていないようで、毛並みが美しかったです。ツバメシジミも羽化直後のようで、雨の水玉と相まって美しかったです。他にはキチョウ、モンシロチョウ、ヤマトシジミなど。ゴマダラチョウもいましたが、アカボシゴマダラは見ませんでした。楽観的ではありますが、ゴマダラチョウが押し戻しているのかもしれません。しかし奈良県でも見たという報告があるそうです。ススキに食痕があったので観察すると、クロコノマチョウの幼虫はおらず、代わりにゴイシシジミの食餌であるササコナフキツノアブラムシの小さいコロニーがありました。ちょっと期待して待ってみましょう。
 

クリックで高画質画像へ
ヒメアカタテハの静止
2018年7月29日
静岡市駿河区宮川


台風が東から西に移動する異常事態の後の観察です。この時間はまだ雲が多かったですが、ヤマトシジミが多いですが次第に蝶の数も増えてきました。ヒメアカタテハはこの個体だけが見られました。まだ新鮮な個体で毛並みが美しいです。

クリックで高画質画像へ
ツバメシジミ♂の静止
2018年7月29日
静岡市駿河区大谷


ツバメシジミは表裏ともに美しい蝶だと思います。
  • 2018年7月8日 西日本では大変な水害が起こりました。謹んでお見舞い申し上げます。家族や親戚が西日本に住んでいて心配でしたが、けがなどはなかったようです。▼そんな中ではありますが、静岡は比較的平静でした。昨日は、いつもの静大裏、今日は別のところに行ってきました。静大裏では、キチョウがハギに産卵していました。その卵を見ていて、コミスジの蛹を見つけました。ぱっと見では何かわかりません。チャバネセセリを今年初めて見ました。ナツフジにはあいかわらずウラギンシジミの幼虫がいました。他には、モンキアゲハ、ナガサキアゲハ、アサマイチモンジなど。▼今日は、アサギマダラの食草のキジョランの様子を見に行きました。予想通り、アサギマダラの気配は全くありませんでした。夏は高い山に行っているのでしょうか?もちろん、夏に成虫をこのあたりで見ることはありません。空では、久しぶりに環水平アークを見ました。
 
 
コミスジの蛹(ハギ類)
2018年7月7日
静岡市駿河区大谷


キチョウが植栽のハギ類の葉上に産卵した後、卵を観察していて目に入って来たのがこの蛹です。羽化間近でしょうか。金色に鈍く輝いていました。この近くでは、クズやフジへの産卵などを見たことはなく、代わりにアレチヌスビトハギへの産卵を見ましたが、もしかしたら、そういうポピュラーな植物よりもハギが好きなのかもしれません。
 
キジョランの夏の様子
2018年7月8日
静岡市南部


秋から冬にはアサギマダラの卵や幼虫が見られたキジョランを夏に見に行ったところ、古い食痕は見られましたが、アサギマダラの幼虫などは全く見つけられませんでした。夏にアサギマダラを見ることはありません。やはりもう少し高い山に行っているのでしょう。
  • 2018年7月1日 今日も昨日と同じように、静大のある日本平は霧が立ち込めているようです。代わりというわけではないですが、静岡のシンボル、駿府城公園に行ってきました。ここには小さいながらも花壇があって、都会の蝶が戯れていました。いたのは、ナミアゲハ、モンシロチョウ、モンキチョウです。公園の外では、ヤブカラシにアゲハが集まっていました。空は青く夏の空です。普通種ですが、花壇に蝶が舞うと、心が和みます。
クリックで高画質画像へ ナミアゲハの吸蜜(夏型、♂、ヤブカラシ)
2018年7月1日
静岡市葵区音羽町


ヤブカラシにアゲハが来ていました。古びていますが、青空に映えています。今年は関東地方はすでに梅雨明け宣言が出ました。静岡市はまだですが、まさに夏空です。
クリックで高画質画像へ
モンシロチョウの吸蜜後の飛翔(夏型、♂、ブルーサルビア)
2018年7月1日
静岡市葵区駿府城公園


色とりどりの花が咲く夏の都会の花壇に、モンシロチョウ、アゲハ、モンキチョウが複数やってきていました。
前日までの話題(写真あり)と更新情報へ
最近の話題のバックナンバーへ
フレーム対応ブラウザなのにこのページの左側に目次フレームがない場合にはhttp://homepage3.nifty.com/ueyama/index.htmlをクリックしてください。なお、種別解説ページ等の写真、図、文章の著作権はすべてこのホームページの作者または撮影者に所属します。
観察記録・ご意見・ご要望・写真等使用依頼などはこちらに→メール
リンクフリーです。よろしければバナーリンクバナーをお使いください(右クリックで、“名前を付けて画像を保存”、してください)。
環境goo大賞 お知らせ NTT-X殿主催の環境goo大賞2003個人の部にて、優秀賞を受賞いたしました。皆様のご支援、ご声援のおかげです。まことにありがとうございました。これからも引き続き、よりよいホームページ作成に努めて参りますので、よろしくお願い申し上げます。

CD-ROM図鑑の宣伝です。ホームページで蝶の生態写真を公開している全国のアマチュアカメラマン27名による写真集CD-ROMです。253種、2400枚以上の生態写真を収録しています。価格3150円(税込み)→詳細。      昆虫専門店六本脚から注文できます。→注文方法の詳細

単行本
大阪府の蝶
(増補改訂版)
大阪昆虫同好会で2013年9月に増補改訂されて発行した単行本の紹介です。興味を持たれた方は、左の文字をクリックしてください。紹介ページに飛びます。

このサイト内検索ができます。以下のテキストボックスにキーワード(蝶の種名や生態)を記入し、( [ 大阪市とその周辺の蝶 ] 内を検索するをチェックしてあることを確認)、Google検索ボタンをクリックしてください(チェックしないと全HPの中からの普通のGoogle検索になります)。代表的な2ページ程度が表示されますので、「ここから再検索してください」をクリックすると他のページも表示されます。
Google
   [ 大阪市とその周辺の蝶 ] 内を検索する→ 

キーワード:大阪府の蝶 大阪府のチョウ 大阪市の蝶 大阪市のチョウ 大阪の蝶 大阪のチョウ 豊中市の蝶 豊中市のチョウ 服部緑地公園のチョウ 高槻市の蝶 尼崎市の蝶 尼崎市のチョウ 尼崎の蝶 淀川区の蝶 淀川区のチョウ 東淀川区の蝶 静岡県の蝶 静岡市の蝶 都会の蝶 都会のチョウ 淀川の蝶 淀川のチョウ 大和川の蝶 神崎川の蝶 Butterflies in Osaka 生態写真 幼生期 卵 幼虫 蛹 バタフライガーデン ビオトープ