目次 大阪市について 蝶のリスト 種別生態写真・解説 生態別 幼虫図鑑 食草食樹図鑑
ヒメアカタテハ 大阪市とその周辺の蝶
http://butterflyandsky.fan.coocan.jp/
アオスジアゲハ
バタフライガーデン 緑のネットワーク 緑地探訪 ギャラリー 生態用語解説図鑑 自己紹介
空のページ(気象光学) 虹色実験 赤い木の実 伊丹市講演 更新履歴
Last update 2017年8月20日 since 2003年2月23日
アクセスありがとうございます。これからも末永くよろしくお願いいたします。
フレーム対応ブラウザなのにこのページの左側に目次フレームがない場合には ここ をクリックしてください。 スマホの場合フレーム対応していないようです。フレーム表示でスクロールできない場合、 ここ をタップしてmain.htmlを直接表示してください。
@homepege3.nifty.comが容量オーバーとなったため、こちらに移動しました(2014年3月15日)
 大阪市には蝶(チョウ)などの自然(しぜん)が少なくなっていると言われています。 でも、ちょっと気をつけてあたりを見てみましょう。きっと蝶をはじめとした多くの生き物が見つかるはずです。蝶の観察(かんさつ)は多くのドキドキ発見の連続(れんぞく)です。このホームページでは、大阪市の蝶やその周辺地域の蝶について、卵から成虫までの生態写真(せいたいしゃしん)や環境写真(かんきょうしゃしん)を使って紹介(しょうかい)しています。このホームページを見た人が、蝶を身近に感じられ、自分も観察(かんさつ)してみようと思ってくれることを願っています。また、自宅のバタフライガーデンや緑のネットワークの考え方、淀川や大和川なども緑地探訪として紹介しています。
 皆様が大阪市とその周辺の地域で変わった蝶を見つけたら、ぜひ年月日、時間、場所(地名や環境)、蝶の特徴(とくちょう)、できればデジタル写真をメールください。なるべくこのページでも紹介したいと思います。
 なお、2006年秋から、空(気象光学現象)の観察も始めました。
 2009年4月からは静岡市の蝶や空についても報告してまいります。とりあえず、このページの名前は変えずにおきます。さらには飼育も含め、全国の蝶を(参考)として紹介します。
空のページ入口    サイト内検索 by Google メールはこちら
今日の話題 と 更新情報
  • 2017年8月20日 先週見つけたタテハモドキは、帰省の間、網の中に放置していたのですが、無事、産卵してくれていました。もっとも、おそらく無精卵だろうと思いますが、とりあえず様子を見ます。もしも当地で野生で発生したのなら、複数個体いてもおかしくないので、発見場所周辺(=いつものコース)を散策してきました。残念ながら見たタテハはキタテハだけでした。今日見た蝶ではクロ系アゲハ(ナガサキ、モンキ、カラス)、アゲハ、アオスジアゲハが多かったです。ほかには、コジャノメ、コミスジ、ベニシジミ、キチョウ、ダイミョウセセリ。
 
 
 
タテハモドキの卵(イワダレソウ)
2017年8月20日 撮影
静岡市駿河区 母蝶採集
静岡市駿河区 飼育


卵はイワダレソウの枝の先の葉の裏または表に産まれていました。葉の調子が悪く、巻いた感じになっていたので、本来は裏に産むものと思われます。母蝶を網に入れたまま放置していたので、産卵期日は8月14日から19日の間ですが、どの日か分かりません。少なくとも6卵見つかりました。
  • 2017年8月13日 久しぶりの驚きの発見でした。いつものコースを歩いていると、オレンジ色のタテハが吸蜜していました。まずはツマグロヒョウモン♂だと思うでしょう。何気に近づいてみると、なんとタテハモドキでした。九州では定着していますが、もちろん静岡では迷蝶でしょう。非常に新鮮な♀なので、こちらで羽化したのでしょうが、果たして何を食べたのでしょう。もちろん、放蝶の可能性もあります。撮影と採卵用の採集後、いつものコースを歩いてみましたが、他にはいませんでした。♂は近くにいないかもしれずまた新鮮なので採卵は無理かもしれませんが、とりあえず鉢植えのイワダレソウといっしょにしています。
 
 
タテハモドキの吸蜜(ヤブカラシ)と静止
2017年8月13日
静岡市駿河区


道路脇の荒れ地です。
  • 2017年8月6日 今日も暑かったです。台風が南風を吹かせたのだとか。そんな暑い日でしたが、ヤマトシジミは元気に求愛していました。
ヤマトシジミの吸蜜と求愛
2017年8月6日
静岡市葵区城内町


駿府城のお堀のわきです。
  • 2017年8月5日 今日は暑い日でした。それでも昼前後にいつものところに行ってきました。黒系アゲハが多かったです。この暑いのにと思いますが、彼らはちょうどいいのかもしれません。多かったのはカラスアゲハとナガサキアゲハですが、モンキアゲハもいました。キアゲハもいました。この時期ナミアゲハの♀もかなり黄色っぽいですが、キアゲハは一目瞭然の黄色です。アカボシゴマダラは初めて♂と思われる飛翔を見ました。撮影はできませんでしたが。産卵も見ましたが、3齢幼虫もいました。成長度合いはかなりばらついてきています。ボロのムラサキツバメもいました。ルリシジミは相変わらず多く、ほかには、コミスジ、キチョウ、アオスジアゲハ(多)、ウラギンシジミ。クロコノマチョウの大きな終齢幼虫も多かったです。
 
 
アカボシゴマダラの産卵直後、2、3齢幼虫(エノキ)
2017年8月5日
静岡市駿河区大谷


ゴマダラチョウは全く見ませんが、アカボシゴマダラは本当に普通種になっています。
キアゲハの吸蜜
2017年8月5日
静岡市駿河区


民家の庭で吸蜜していました。紫の花に黄色が冴えます。
  • 2017年7月22日 静岡も暑いですが、猛暑というほどではありません。いつものところに観察に行きました。かなり大きくなったジュズダマに大きな食痕があり、見るとすぐにクロコノマチョウの幼虫が見つかりました。ススキにも食痕が多く見られましたが、幼虫がいるのは半分ぐらいでしょうか。この近くでは、アカボシゴマダラの産卵も見られました。ナツフジで、ウラギンシジミなどの幼虫を探すのですが、なかなか見つかりません。しかし、突然、大きな終齢幼虫に気付きました。いったん気づいた後探すと結構見つかります。家の近くで、ムラサキツバメと卵を見ました。真夏に街でムラサキツバメを見たのは初めてです。▼空では久しぶりに環水平アークが見られました。
 
ムラサキツバメの静止と卵(マテバシイ)
2017年7月22日
静岡市駿河区南八幡町


今年も盛夏の7月に、しかも市街で母蝶を見ることができました。産卵シーンは観察できなかったのですが、ひこばえの新芽に数個の卵を確認できました。スマホで撮ったのでピントが合っていません。
 
クロコノマチョウの幼虫(4齢?、ジュズダマ)、環境
2017年7月22日
静岡市駿河区大谷


この日は多くの幼虫を見ることができました。ジュズダマで見たのは初めてです。ススキにも多くの食痕が見られましたが、幼虫がいるのは半分程度でした。中には、頭部だけ残ったものがありました。おそらくアシナガバチに肉団子にされたのでしょう。
 
アカボシゴマダラの産卵と卵(エノキ)
2017年7月22日
静岡市駿河区大谷


昨年の夏も産卵を見た場所の近くです。ここで、今日は3匹のアカボシゴマダラを見ました。いずれも♀でしょう。ここは木の陰になっていて、小さいエノキも多く、産卵に適しているのでしょう。
環水平アーク
2017年7月22日
静岡市駿河区


ちゃんと色が明瞭に写るぐらいの環水平アークを見たのは久しぶりです。
  • 2017年7月17日 週末は大阪に帰っていました。散歩がてら淀川を歩いてみました。十三花火の準備が着々と進んでいましたが、ウマノスズクサは残っており、近くにジャコウアゲハの蛹がありました。先週持ち帰ったコミスジの卵は無事孵化し、巣も作り始めたのですが、全く成長せず、3卵すべて死亡しました。現地も見てきましたが、こちらも成長せず姿がありませんでした。やっぱりアレチヌスビトハギは食草にならないのかもしれません。

↑7月14日撮影

↑7月17日撮影
コミスジ幼虫の巣と死亡確認時の飼育の様子(アレチヌスビトハギ)
2017年7月14、17日 撮影
静岡市駿河区 飼育
静岡市駿河区大谷 採卵


無事7月12日に孵化し、その後葉先で巣を作っています。しかしながら、幼虫は全く成長せず、7月17日には死亡が確認されました。同時に持ち帰った1葉2卵の方も、孵化したものの、葉先の卵は同様な状況でした。中央に生まれた卵の幼虫はほとんど移動もせず死亡しました。飼育は小さいガラス水槽で行っていますが、部屋の最高気温が33℃を超えるので、暑すぎた可能性もあります。
  • 2017年7月9日 いつもの静大裏山に行きました。今日の静岡市は少し涼しげな風が吹いていました。そのせいか、蝶の数も多かったです。特に目立ったのがコミスジです。産卵シーンを観察できました。個人的には驚いたのですが、アレチヌスビトハギに産卵しました。この植物、花はきれいなのですが、いわゆるひっつきもちで大変厄介で嫌いな植物ですが、コミスジが利用するのならちょっと見方を変えないといけません。他にはキタテハの産卵も見ました。一番多かったのはヒメウラナミジャノメで、ちょうど2化の出始めのようです。新鮮なものが多く、交尾も見られました。夏型の大きなモンキアゲハが比較的多く、アゲハではクロアゲハやカラスアゲハが見られました。蝶以外にも昆虫が多く、タマムシ(飛んでいたのを見ただけ)、キリギリス(いつもは草の中で見つけられない)、名の知らないカミキリなど。アカボシゴマダラの幼虫が3匹いるエノキもありました。ゴマダラチョウの幼虫は相変わらず見られません。
 
 
 
 
コミスジの産卵行動(アレチヌスビトハギ)
2017年7月9日
静岡市駿河区大谷


いかにも産卵しそうな感じでゆっくり飛んでいたコミスジを見つけました。しかし食草と思われるフジやクズがありません。どうするのかなと思っていたら、なんとアレチヌスビトハギと思われる葉に産卵しました。まず葉の中央に静止し、その後後ずさりして尾端が葉先に達すると産卵しました。
 
コミスジの産卵行動(2卵)
2017年7月9日
静岡市駿河区大谷


上に示す前に産んだ葉が気に入ったようで、それには葉の中央にも産卵しました。
 

↑1枚目の写真の範囲外にいる4齢幼虫

↑1枚目の写真の左側の5齢幼虫
アカボシゴマダラの幼虫
2017年7月9日
静岡市駿河区大谷


あまり車の通らない車道脇の、樹高2m程度のエノキに3匹の幼虫を見つけました。おそらく4齢1、5齢(終齢)2です。
  • 2017年7月8日 久しぶりに山梨県の高原に行ってきました。といっても毎年の恒例になっていて楽しみにしていたのですが、一番見たかった蝶はいませんでした。多かったのはコキマダラセセリで終齢幼虫から♀成虫までいました。成虫はいずれも鮮度はよかったです。今年初めて見るゼフィルスとなったちょっと古びたウラゴマダラシジミがいてくれました。他に、蝶ではないですがツノトンボの仲間がいました。ツノトンボはたまに見ていた気がするのですが、非常に久しぶりです。残念ながら、種名は不明です。
 
 
コキマダラセセリ♀、ウラゴマダラシジミ♀、ツノトンボ
2017年7月8日
山梨県


 
  • 2017年6月24日 またいつものところに観察に行ってきました。端境期なのか、あまり蝶に会えませんでしたが、きわめて新鮮なアオスジアゲハがいました。おそらく羽化直後と思われます。そのすぐそばのナツフジには、ルリシジミとウラギンシジミが盛んに産卵していますが、探しても幼虫はそれほど多く見つかりません。とくに、ルリシジミは少ないですが、たまたま近くに両種の幼虫を見つけました。おそらく両方3齢でしょう。他に見たのは新鮮なクロアゲハ♀、ダイミョウセセリの幼虫などです。
 

クリックで高画質画像へ


クリックで高画質画像へ
羽化直後のアオスジアゲハ
2017年6月24日
静岡市駿河区大谷


何気なく見たところにアオスジアゲハがいました。擦れも欠けもない、羽化直後と思われます。全く動かず当分飛ばないと思っていましたが、ちょっと葉を揺らしたとたんに飛んで行ってしまいました。美しいです。
 

↑ウラギンシジミ

↑ルリシジミ
ウラギンシジミとルリシジミの幼虫(ナツフジ)
2017年6月24日
静岡市駿河区大谷


卵殻は多く見つかるのですが、幼虫はあまり見つかりません。
  • 2017年6月18日 昨日のことですが、久しぶりに大阪のバタフライガーデンの木の剪定をしました。剪定と言っても、長く伸びた枝を切るだけですが、結構大変です。エノキに蛹の抜け殻を2個見つけ、おそらくここで越冬に成功したのだろうと思います。ナミアゲハがやたらと何度も現れ、切って地面に置いたスダチにも産卵していて、申し訳ないなと思ってしまいました。モンシロチョウやジャコウアゲハも現れました。蝶以外では、南方系の大型カメムシのキマダラカメムシが何匹かいました。
 
ナミアゲハの飛翔とキマダラカメムシ
2017年6月17日
大阪市淀川区


キマダラカメムシはエノキの枝にいたものです。
  • 2017年6月11日 曇りで昨日に比べて大変過ごしやすかったです。蝶にとってもそうだったようで、昨日と同じところに行ってきましたが、蝶の数は多かったように思います。かなり擦れていますが、モンキアゲハの吸蜜を何度か見ました。アサマイチモンジも数匹見ました。アラカシに新しく伸びている芽の近くの古い葉にムラサキシジミが盛んに産卵していました。新しい葉にはすでに先客の幼虫がいましたが、アブラムシも多かったです。アリももちろんいましたが、両方から甘露をもらっていたのでしょう。他には、今年初めてのキマダラセセリやヒオドシチョウを見ました。今日はムラサキツバメを撮影できました。飛翔の様子から♂だと思います。
 
モンキアゲハの吸蜜と飛翔(ノアザミ)
2017年6月11日
静岡市駿河区大谷


かなり擦れていますが、モンキアゲハはかっこいいです。ノアザミがきれいに咲いていて、花を代えながらも長くとどまって吸蜜していました。
 
 
ムラサキシジミの幼虫(2齢?、アラカシ)とアブラムシ、アリ
2017年6月11日
静岡市駿河区大谷


小さな公園に植えられているアラカシに新しく伸びた芽に母蝶が盛んに産卵していました。近くの赤い葉を見るとすでに2齢と思われる幼虫が、アブラムシやアリに囲まれていました。
ムラサキツバメの静止
2017年6月11日
静岡市駿河区大谷


いつもムラサキツバメを観察している場所です。すぐそばにマテバシイがあります。おそらく、今年産まれた卵から成長し羽化して間もない成虫でしょう。飛び方が少したどたどしく見えました。夏に成虫を見たのはこれで2回目です。無事越冬し世代を繰り返した証拠だと思います。
  • 2017年6月10日 梅雨に入ったという宣言がありましたが、今日は暑い晴れでした。いつものところに何かいないかと観察に行きました。ここはゼフィルスが期待できないですが、何か発見がないかという期待はいつもあります。草ぼうぼうの小川の淵で、アサマイチモンジがテリトリーを見張り、時折通るアゲハ類などを追いかけていました。アゲハ類は相変わらず多く、アゲハ、キアゲハ、アオスジアゲハ、カラスアゲハ、モンキアゲハをみました。さらにカラスアゲハだとおもっていたのがミヤマカラスアゲハで、びっくりです。この地では初めて見ました。どこからか流れてきたのでしょうが、♀だったので発生してくれないかと期待します。他には、ルリシジミがこの地にしては非常に多く、ナツフジの蕾に盛んに産卵していました。ナツフジの蕾にはウラギンシジミも産卵していて1齢幼虫もいました。他には、キチョウ、スジグロシロチョウ、ベニシジミ、ムラサキツバメ、サトキマダラヒカゲ、キタテハ、ゴマダラチョウ。駿河区八幡山近くでルリタテハを見ました。
 
ミヤマカラスアゲハの静止(♀)
2017年6月10日
静岡市駿河区大谷


いわゆる静大裏山で蝶の観察を始めて9シーズン目になりますが、ミヤマカラスアゲハを初めて見ることができました。この日は30℃を超える暑い日だったからか、時折葉陰で翅を広げて休んでいました。暗かったこともありますが慌ててうまく撮れませんでした。

↑中央上に幼虫。左側の白いものはルリシジミ卵、右側の白いものがウラギンシジミ卵殻。
 
↑中央下の白いものが母蝶。
ウラギンシジミの1齢幼虫、卵殻、ルリシジミの卵、産卵場所を探す母蝶(ナツフジ)
2017年6月10日
静岡市駿河区大谷


ルリシジミを多く見た日・場所です。ルリシジミの産卵を見た後、ルリシジミの卵の付いたナツフジの花穂にウラギンシジミの卵殻と幼虫がいました。その後母蝶もやってきました。
  • 2017年5月28日 今日も天気が良く、久しぶりに安倍川を少し遡ってきました。クロコムラサキやツマグロキチョウの観察地ですが、なんといつもの吸水ポイントが完全舗装されてしまいました。かなりがっかりです。アスファルトのにおいがプンプンで蝶も減るでしょう。それでも、キチョウとルリシジミが大変多く、環境としてはまだまだ大丈夫かもしれません。クロコムラサキはいませんでしたが、擦れた通常型コムラサキは何匹か見ました。また、ここでも大きな白いアカボシゴマダラ♀が産卵していました。広がるスピードが相当速そうです。それにしても本当に白くて、オオゴマダラに擬態していると言われると、そうかもしれないと思ってしまいます。ルリシジミがアレチギシギシに産卵していました。他にはアカタテハの産卵(同じカラムシに終齢幼虫もいました)、キタテハ、モンシロチョウ、モンキアゲハ、ヒメウラナミジャノメ、コミスジ。
 
 
 
 
 
 
アカボシゴマダラの静止、産卵飛行、産卵(春型♀)、卵と環境
2017年5月28日
静岡市葵区(安倍川河川敷)


昨日は駿河区でしたが、今日は葵区でアカボシゴマダラの産卵を観察しました。やはり急速に広がっているようです。昨日は木陰でしたが、今日はオープンな場所でより一層白く見えました。オオゴマダラに擬態しているという説も、なるほどと思ってしまいます。もちろんここにはいませんが。しかしおそらく♂と思われる個体もみましたが、逆にゴマダラチョウは見ていません。ちょっと心配です。産卵は、樹高2mぐらいのエノキの周りをゆっくりと富んだ後、枝をしばらく歩き、尾端を葉に押し付けて行いました。その後はどこかに飛んでいきました。この場所の近くで明らかに異なる個体(小さい)♀も見ました。
 
 
ルリシジミの産卵と卵(アレチギシギシ)
2017年5月28日
静岡市駿河区(安倍川河川敷)


多くのルリシジミを見ました。フジなどで育った2化の最盛期かもしれません。河川敷の舗装道路わきの荒れ地で、アレチギシギシの蕾穂に産卵しました。いろいろな植物を利用すると言われていますが、アレチギシギシに産卵するの見たのは初めてです。
  • 2017年5月27日 今日はさわやかな一日でした。梅雨前線が南に下がったおかげもあるのでしょうが、雪もわずかになってきた富士山も久しぶりにきれいに見えました。いつものところに観察に行きました。目当ては春型の白いアカボシゴマダラでしたが、期待通り、去年の夏に産卵していた近くで産卵していました。それにしても白いですね。この間飼育個体が羽化したので分かってはいましたが、自然の中で見ると余計白く感じます。他にはアゲハ類が多く、特に、アオスジアゲハ、モンキアゲハ、カラスアゲハ、ナミアゲハが多かったです。クロアゲハも見ました。このあたりおそらくまだ春型でかなりだらだらと羽化するようです。他には、キチョウ、モンシロチョウ、コミスジ、コジャノメ、ベニシジミ、ダイミョウセセリ、イチモンジセセリなど。イボタが花盛りで、アオスジアゲハやダイミョウセセリがよく来ていました。スイカズラの花にも、カラスアゲハなどアゲハ類がよく来ていました。ゼフィルスは相変わらずいません。鳥ですがキビタキを見ました。飼育していたホシチャバネセセリが羽化しました。
 
 
 
アカボシゴマダラの静止、産卵歩行(春型♀)と環境
2017年5月27日
静岡市駿河区大谷


下に示す、2016年の夏に産卵を見た場所の近くです。期待通り、白い春型♀が産卵していたようです。少し遠かったので卵は確認できていません。最初スジグロシロチョウかと思うぐらい白く見えます。赤い星もありません。この日は♂を見ることができませんでした。川岸に生えた1mぐらいのエノキの細い樹幹を歩いて、時折静止していたので、産卵したのだと思います。その後ゆっくりと近くを飛んで、エノキ以外の葉にとまり、翅を開いて静止していました。

クリックで高画質画像へ
アオスジアゲハの吸蜜(イボタ)
2017年5月27日
静岡市駿河区大谷


イボタの白い花にはいろんな蝶が来ますが、この日は、アオスジアゲハとダイミョウセセリが来ていました。アオスジアゲハは白い花に良く来ます。梅雨入り近くの澄んだ青空、白い花、緑の葉、そこに来るアオスジアゲハ。このシーンは、初夏のさわやかな晴天のイメージそのものです。

↑6:28:20am

↑7:07:52am

↑7:08:30am

↑7:08:56am

↑7:14:28am

↑7:32:16am
(参考)
ホシチャバネセセリの羽化直前の蛹と羽化の様子
2017年5月23日 撮影
長野県 産
静岡市駿河区 飼育


個体1:蛹化後8日目に羽化しました。ちょうど朝食時だったので、羽化の様子を撮影できました。この調子なら年二化なのでしょうが、残念ながらもう1匹はまだまだ蛹化しそうにありません。
 
富士山
2017年5月27日
静岡市駿河区大谷より


 
  • 2017年5月21日 昨日今日と全国的に酷暑だったようです。そんな中、久しぶりに大阪府豊中市の服部緑地公園に行ってきました。特に目的はなかったのですが、あまりに蝶が少なくてがっかりしました。アゲハ類はまだ季節だと思っていたのですが、ほとんど見ず、かすかな期待のアカシジミはもちろんのこと、キチョウ、ゴマダラチョウ、コムラサキ、ホシミスジ、サトキマダラヒカゲを見ませんでした。途中の道にはホシミスジやゴマダラチョウがいたので、ちょっと異常ではないでしょうか。クヌギ類を守っているので、農薬の影響を受けているのかもしれません。ごくわずかにヒメウラナミジャノメがいました。そしてこの季節では比較的珍しいイチモンジセセリを見ました。ジャコウアゲハの幼虫は多かったです。産卵中の1♀もみました。▼飼育していたアカボシゴマダラが羽化しました。中国系春型♀は非常に白いです。

↑イチモンジセセリ

↑ジャコウアゲハの幼虫
イチモンジセセリとジャコウアゲハ幼虫
2017年5月20日
大阪府豊中市服部緑地公園


多くの花は咲いていました。

↑6:30:40

↑7:31:08am

↑7:33:18

↑7:33:48

↑7:39:40


↑砂糖水の吸水
(参考)
アカボシゴマダラ(♀)の羽化と飛翔後の成虫
2017年5月16日 撮影
静岡市駿河区小鹿 採幼
静岡市駿河区 飼育


クワノハエノキの葉裏で無事蛹化・羽化しました。羽化時、最初に蛹が割れてから体が出るまで少し時間がかかりました。落ち葉下で羽化するゼフィルス類より遅い気がします。天敵との関係でしょうか。春型♀は非常に白いです。マダラチョウ科に擬態していると言われています。
  • 2017年5月14日 梅雨前線が発生して、沖縄は梅雨に入ったそうですが、こちらもその影響で今日も天気がすぐれません。いつものところに観察に行きました。小さいカラスザンショウにカラスアゲハが産卵していました。通常はごく普通種ですが、この地では個人的に4年ぶりに、コチャバネセセリを見ることができました。うれしかったです。サトキマダラヒカゲも久しぶりに見た気がします。また、ちゃんと確認できませんでしたが、アカボシゴマダラと思われる白っぽい蝶がいました。他には、ヒメウラナミジャノメとコジャノメが多く、他に見たものは、ダイミョウセセリ、コミスジ、モンキアゲハ、ナガサキアゲハ、ジャコウアゲハなど。キチョウも新たな世代が出てきたようです。▼Google検索で、長い間、モバイルフレンドリーではない、と表示されていたので、部分的にViewport設定を行って、修正してみました。

↑葉裏の卵

↑産卵されたカラスザンショウ

↑近くのカラスザンショウで別の産卵行動
カラスアゲハの卵と産卵行動
2017年5月14日
静岡市駿河区大谷


マテバシイの林を切り倒した草地に多くのカラスザンショウが生えてきていて、高さ20cm程度の小苗が多いところです。ここでカラスアゲハが産卵するところを見ました。撮影はできませんでしたが、卵が葉裏に見つかりました。そのあと近くで産卵行動をとったのでそちらは何とか写すことができました。
 
コチャバネセセリの静止
2017年5月14日
静岡市駿河区大谷


この地で、4年ぶりに見ることができました。今回も1匹だけです。
前日までの話題(写真あり)と更新情報へ
最近の話題のバックナンバーへ
フレーム対応ブラウザなのにこのページの左側に目次フレームがない場合にはhttp://homepage3.nifty.com/ueyama/index.htmlをクリックしてください。なお、種別解説ページ等の写真、図、文章の著作権はすべてこのホームページの作者または撮影者に所属します。
観察記録・ご意見・ご要望・写真等使用依頼などはこちらに→メール
リンクフリーです。よろしければバナーリンクバナーをお使いください(右クリックで、“名前を付けて画像を保存”、してください)。
環境goo大賞 お知らせ NTT-X殿主催の環境goo大賞2003個人の部にて、優秀賞を受賞いたしました。皆様のご支援、ご声援のおかげです。まことにありがとうございました。これからも引き続き、よりよいホームページ作成に努めて参りますので、よろしくお願い申し上げます。

CD-ROM図鑑の宣伝です。ホームページで蝶の生態写真を公開している全国のアマチュアカメラマン27名による写真集CD-ROMです。253種、2400枚以上の生態写真を収録しています。価格3150円(税込み)→詳細。      昆虫専門店六本脚から注文できます。→注文方法の詳細

単行本
大阪府の蝶
(増補改訂版)
大阪昆虫同好会で2013年9月に増補改訂されて発行した単行本の紹介です。興味を持たれた方は、左の文字をクリックしてください。紹介ページに飛びます。

このサイト内検索ができます。以下のテキストボックスにキーワード(蝶の種名や生態)を記入し、( [ 大阪市とその周辺の蝶 ] 内を検索するをチェックしてあることを確認)、Google検索ボタンをクリックしてください(チェックしないと全HPの中からの普通のGoogle検索になります)。代表的な2ページ程度が表示されますので、「ここから再検索してください」をクリックすると他のページも表示されます。
Google
   [ 大阪市とその周辺の蝶 ] 内を検索する→ 

キーワード:大阪府の蝶 大阪府のチョウ 大阪市の蝶 大阪市のチョウ 大阪の蝶 大阪のチョウ 豊中市の蝶 豊中市のチョウ 服部緑地公園のチョウ 高槻市の蝶 尼崎市の蝶 尼崎市のチョウ 尼崎の蝶 淀川区の蝶 淀川区のチョウ 東淀川区の蝶 静岡県の蝶 静岡市の蝶 都会の蝶 都会のチョウ 淀川の蝶 淀川のチョウ 大和川の蝶 神崎川の蝶 Butterflies in Osaka 生態写真 幼生期 卵 幼虫 蛹 バタフライガーデン ビオトープ