目次 大阪市について 蝶のリスト 種別生態写真・解説 生態別 幼虫図鑑 食草食樹図鑑
ヒメアカタテハ 大阪市とその周辺の蝶
http://butterflyandsky.fan.coocan.jp/
アオスジアゲハ
バタフライガーデン 緑のネットワーク 緑地探訪 ギャラリー 生態用語解説図鑑 自己紹介
空のページ(気象光学) 虹色実験 赤い木の実 伊丹市講演 更新履歴
Last update 2018年10月14日 since 2003年2月23日
アクセスありがとうございます。これからも末永くよろしくお願いいたします。
フレーム対応ブラウザなのにこのページの左側に目次フレームがない場合には ここ をクリックしてください。 スマホの場合フレーム対応していないようです。フレーム表示でスクロールできない場合、 ここ をタップしてmain.htmlを直接表示してください。
@homepege3.nifty.comが容量オーバーとなったため、こちらに移動しました(2014年3月15日)
 大阪市には蝶(チョウ)などの自然(しぜん)が少なくなっていると言われています。 でも、ちょっと気をつけてあたりを見てみましょう。きっと蝶をはじめとした多くの生き物が見つかるはずです。蝶の観察(かんさつ)は多くのドキドキ発見の連続(れんぞく)です。このホームページでは、大阪市の蝶やその周辺地域の蝶について、卵から成虫までの生態写真(せいたいしゃしん)や環境写真(かんきょうしゃしん)を使って紹介(しょうかい)しています。このホームページを見た人が、蝶を身近に感じられ、自分も観察(かんさつ)してみようと思ってくれることを願っています。また、自宅のバタフライガーデンや緑のネットワークの考え方、淀川や大和川なども緑地探訪として紹介しています。
 皆様が大阪市とその周辺の地域で変わった蝶を見つけたら、ぜひ年月日、時間、場所(地名や環境)、蝶の特徴(とくちょう)、できればデジタル写真をメールください。なるべくこのページでも紹介したいと思います。
 なお、2006年秋から、空(気象光学現象)の観察も始めました。
 2009年4月からは静岡市の蝶や空についても報告してまいります。とりあえず、このページの名前は変えずにおきます。さらには飼育も含め、全国の蝶を(参考)として紹介します。
空のページ入口    サイト内検索 by Google メールはこちら
今日の話題 と 更新情報
  • 2018年10月14日 昨日の13日ですが、百名山制覇を目指す同僚に誘われて、八ヶ岳連峰の最高峰・赤岳(2899.4m)に登ってきました。コースは美濃戸口→南沢→行者小屋→地蔵尾根→赤岳頂上→文三郎尾根→行者小屋→美濃戸口。もしかしたら、キベリタテハがいるのではないか、という淡い期待はかなわず、それどころか節足動物というものがほとんどいませんでした。それでも、霧ヶ峰などから素晴らしい景色を堪能させてくれていて、いつかは登りたいと願っていた山に登れたことは本当にうれしいことでした。しかし、正直、きつかった。赤岳頂上では、下方向はガスっていて楽しみにしていた景観はまたの機会に?というところですが、上空の青空はときおり見られ、全周の内暈が比較的きれいでした。▼今日は筋肉痛が少しありますが、特に問題なく過ごせています。家の近所で、アカボシゴマダラ幼虫を見つけました。越冬態になっていますがまだ緑色です。エノキはもう食べるところがほとんどないですが、このまま越冬するでしょうか。

↑行者小屋手前の登山道(河原)から見た八ヶ岳(横岳など)

↑赤岳頂上小屋を超えて山頂方向
八ヶ岳山行
2018年10月13日
 


残念ながら、行者小屋に着いた頃は、きれいに見えていたのですが、休んでいる間に一気にガスが出て、その後は眺望には恵まれませんでした。
 
アカボシゴマダラの幼虫(4齢、越冬態)
2018年10月14日
静岡市駿河区曲金


幹線沿いの植え込みに生えたエノキです。特に探しながら歩いていたわけではないのですが、葉がない枝が目に入ったので、すぐに幼虫に気付きました。
  • 2018年10月8日 昨日の7日ですが、大阪市淀川区十三近郊の淀川河川敷を歩いてみました。強い期待があったわけではないですが、秋に移動するというツマグロキチョウや、その食草の外来種のアレチケツメイがそろそろ侵入しているのではないかと思いました。歩いた範囲は、午前中が阪急十三駅あたりからJR山陽線あたり、午後は十三駅から反対側のJR京都線あたりの往復です。午前中は土手だけ、午後は河川敷の土手側と川側を歩きました。残念ながら成果なく、いた蝶は、ヒメアカタテハ、ベニシジミ、?セセリぐらいでした。ウマノスズクサは何度刈込されても繁茂していましたが、ジャコウアゲハやホソオチョウの痕跡を見つけることはできませんでした。蝶に関しては残念でしたが、久しぶりに緑の草原、青空、梅田の摩天楼の組み合わせの景色を見ながらの散策は非常に気持ちよかったです。スポーツ少年を怒鳴りまくるコーチがちょっと耳障りだったり、BBQを楽しむ若者がうらやましかったりしましたが。

↑午前撮影 クリックで高画質画像へ


↑午後撮影 クリックで高画質画像へ


↑ヒメアカタテハの吸蜜

↑ウマノスズクサ
淀川の様子
2018年10月7日
大阪市淀川区十三近郊


台風が何度も通過した大変な日本列島ですが、この近くの河川敷は、少なくとも今見る限り大きな影響はなかったように見えます。
  • 2018年9月24日 昨日の23日ですが、大阪府豊中市の服部緑地公園まで大阪の自宅から歩きました。いまだに台風21号の爪痕が残っています。天竺川沿いに植えられている大きな松の枝も折れていました。蝶も少ないように感じました。特に服部緑地公園ではヤマトシジミしか見ませんでした。いろんなところが立ち入り禁止になっています。コスモスはきれいに咲いていましたが。天竺川でモンキアゲハを見られたのはうれしかったです。このあたりではかなり珍しいです。大阪に戻ったときはソテツをチェックしています。近所にきれいな柔らかい葉がある株を見つけましたが、幸い?卵も幼虫もおらずきれいでした。
 
モンキアゲハの吸蜜と飛翔(ランタナ)
2018年9月23日
大阪府豊中市


服部緑地公園まで天竺川沿いを歩いていたところ、川べりに生えていたランタナで吸蜜しているモンキアゲハを見つけました。かなり長くとどまってくれたので、いっぱい撮ることができました。隣にはヒガンバナも10本程度咲いていましたがこちらには寄りませんでした。
  • 2018年9月9日 思いのほかいい天気だったので、いつもの静大裏山に行ってきました。ちょっと出遅れたので暑かったのですが、それでもやっぱりいろんな蝶が飛んでいました。ルリシジミがイタドリの花に産卵していました。また、アカボシゴマダラの蛹が、道路のすぐ上のエノキの枝に見つかりました。蛹化するときにあまり移動しないようです。他には、アオスジアゲハ、ナガサキアゲハ、アゲハ、キチョウ、ツバメシジミ、ヒメウラナミジャノメ。イチモンジセセリは相変わらず多かったです。▼今日も虹が見えました。虹のように分光した幻日も見えました。▼下に9月7日付(実際は9月8日)更新の記事があります。
 

↑中央の少し青っぽいのが卵

↑環境 右側手前にイタドリ
ルリシジミの産卵(イタドリ?)と卵
2018年9月9日
静岡市駿河区大谷


ルリシジミはいろいろな花(蕾)に卵を産むことで知られています。ただし、必ずしも幼虫が育つかどうかは分からないようです。この花はイタドリだと思うのですが、原色日本蝶類生態図鑑(III)によれば、育つようです。この母蝶は、花の周りをゆっくり飛び、場所選んだあとは数秒かけて産んでいました。
 
アカボシゴマダラの蛹(エノキ)
2018年9月9日
静岡市駿河区大谷


観察し続けていたエノキ小木で、ここにはまさかいないだろうとおもってめくった葉裏に大きな蛹がいました。
  • 2018年9月8日 まずは、台風21号の被害を受けた方々、北海道地震の被害を受けた方々にお悔やみとお見舞いを申し上げます。今年の自然災害の猛烈さに震えます。このような災害はいつどこで起こってもおかしくないと専門家はおっしゃっています。皆様も各地域のハザード(潜在的危険性)情報の確認と備えをお願いします。静岡は天気は安定しませんが、大きな被害はなさそうです。▼先日見に行った神龍院のクロマダラソテツシジミを再度見に行きました。幼虫は見つかりませんでしたが、卵と成虫が見られました。しかし、そのほかの場所では柔らかい葉のあるソテツも見ましたが、いまのところクロマダラソテツシジミは見つけられていません。▼夕方、見事な虹が見られました。嵐のような雨だったので、風圧と風で水滴がゆがんだのか、屈曲した三重虹が見られました。
 
静岡市駿河区のクロマダラソテツシジミ
2018年9月8日
静岡市駿河区八幡5 神龍院


晴れの休日なので、成虫がいないか、また幼虫がどうなったか見に行きました。小株の方ではやはり葉を食べつくし幼虫は見つかりませんでした。しかし、大株の方では新たに柔らかい目が出ており、幼虫はいませんが卵がありました。また、成虫♂が数匹飛び回っていました。

↑2枚パノラマ合成、画像強調、クリックで大きな画像へ


↑画像強調、クリックで大きな画像へ
三重虹?と過剰虹
2018年9月8日
静岡市駿河区小鹿


突然の大雨に慌てて雨宿りをしていたら、虹が見えたので、雨の中を濡れながら見やすいところに移動したところ、これまで見たことのない特殊な虹が現れました。虹の右側の下部はいわゆる二重虹の主虹、副虹に加え、物理的な成因が分かりませんがもう1つの虹が見えています。想像するのは、雨粒が大きくて雨粒が変形していたのではないかということです。Atmospheric Opticsには双子虹(twinned rainbow)として紹介されている虹に似ています。やはり水滴の変形の説が有力のようです。ただし、球状の透明な氷という説もあるそうです。さらに、主虹の内側、過剰虹の位置にも赤色が広がっています。紫の線とは違う形にも見えます。別の形に変形した水滴によるものかもしれません。
  • 2018年9月2日 ここ数年来、秋になるとクロマダラソテツシジミの話題が増えます。今年は静岡市駿河区でも観察されたという報告をいただきました(大昆および静昆)。早速確かめに行ったところ、小さなひこばえが食い尽くされていました。数日前には成虫も確認されたそうです。本来フィリピンあたりでしか越冬できないと言われていたのですが、もしかしたら日本でも暖かいところでは越冬できるのかもしれません。なお、関西でも発生しているそうです。
 
 
静岡市駿河区のクロマダラソテツシジミ幼虫
2018年9月2日、9月18日
静岡市駿河区八幡5 神龍院


大昆と静昆から情報をいただき早速確かめに行った時の写真です。神龍院というお寺に植えられた立派なソテツに伸びたひこばえの新芽がほとんど食い尽くされていました。8月には成虫も観察されたそうです。
  • 2018年8月26日 暑い夏に戻ってしまいました。朝早めにいつもの静大裏に行ってきました。暑くてもアゲハ、イチモンジセセリ、ヤマトシジミは元気です。少し涼しい林間の小道でコチャバネセセリの吸い戻しを観察できました。この地ではコチャバネセセリは珍しいのですが、もしかしたら最近になって定着したのかもしれません。2009年4月にこっちに来てからずっと観察を続けていますが、これまで3度しか見たことはなく、日付は2013年5月4日、2017年5月14日、2018年8月26日で、2年続いたのは今日が初めてです。生態別写真と解説吸い戻しのページを作りました。他に見た蝶は、キマダラセセリ(2匹)、ナガサキアゲハ、スジグロシロチョウ、キチョウ、コミスジ、コジャノメ、ヒメウラナミジャノメ、サトキマダラヒカゲ、ダイミョウセセリ、ウラギンシジミ終齢幼虫、アカボシゴマダラ終齢幼虫など。ササコナフキツノアブラムシに似たアブラムシのコロニーはさらに大きくなっていますが、残念ながらゴイシシジミは卵も成虫も見つかりません。
 

↑葉上の水滴で吸水している
 

↑折り曲げた尾端に水滴が見える
コチャバネセセリの吸い戻し
2018年8月26日
静岡市駿河区大谷


大谷でコチャバネセセリを見るのは3度目です。新鮮なので、この地で発生が継続していると考えていいのではないでしょうか。吸い戻しは初めて見ました。場所は林間の細い舗装道路です。最初に気付いたときは道路にいて飛び立って道端の草で吸水を始めました(写真1、2枚目)。しばらく吸水した後、道路に戻ってとまったり飛んだりを繰り返し、その後道路上の物体にときどき尾部を曲げることを繰り返していました。尾端の水滴も撮ることができました(写真4枚目)。水を付けている丸い物体が何かわかりませんが、木の実を食べた鳥の排泄物でしょうか。
  • 2018年8月21日 休暇を取りました。朝から強い雨が降ったのですが、すぐに上がり、その後朝散歩していたら、クロアゲハとアゲハの吸水場面に会いました。それぞれ別の場所です。試しにスマホで撮ってみたら妙にエッジのきいた少々不自然な写真になってしまいました。
 
クロアゲハとアゲハの吸水(ともに♂)
2018年8月21日
静岡市駿河区


クロアゲハは神社の境内、アゲハは民家の建築現場です。
  • 2018年8月11日 今日も暑いので、早めにいつものところに行ってきました。急にイチモンジセセリが増えて、10匹以上見ました。ヤマトシジミとともに、暑さにめげず活動しています。ナツフジの蕾房に、シジミの幼虫を探していたら、幼虫は全く見られなかったのですが、ふとウラギンシジミの蛹があるのに気付きました。自然状態では初めて見ました。他にはキチョウ、アゲハ、アオスジアゲハ、ナガサキアゲハ(比較的多かった)、ツマグロヒョウモン、ヒメウラナミジャノメ。ササコナフキツノアブラムシに似たアブラムシのコロニーは少しずつ大きくなっていますが、周りをクロコノマチョウに食べられていました。残念ながらゴイシシジミは卵も成虫も見つかりません。ダイミョウセセリの巣が目立ちます。▼昨日は久しぶりに環水平アークを見ました。
イチモンジセセリの吸蜜(シソ科)
2018年8月11日
静岡市駿河区大谷


例のバタフライガーデンと呼んでいるところです。ここだけで5匹以上のイチモンジセセリがいました。
 
 
ウラギンシジミの蛹(ナツフジの近く)
2018年8月11日
静岡市駿河区大谷


ナツフジが茂っている近くの葉上に蛹を見つけました。こんなに目立つところに蛹化するのは珍しいと思いますが、単に気付きにくいだけなのかもしれません。
  • 2018年8月5日 毎日暑いですが、やはり静岡市は周辺都市よりはだいぶ過ごしやすいようです。そんな中、午前中にいつもの静大裏に行ってきました。おかげさまで曇りで蝶にとっても過ごしやすい時間なのか比較的多くの蝶を見ることができました。うれしかったのは久しぶりのムラサキツバメとアカボシゴマダラ。ムラサキツバメは2017-18の越冬やその後の産卵を確認できませんでしたが、非常に新鮮な♀と卵を数卵確認できました。アカボシゴマダラは、特定外来種指定されたため飼育もできなくなりましたが、やはり美しい個体を見るのはうれしいです。今日は2〜5齢幼虫を10匹以上見ることができました。他にはアオスジアゲハ、かなり擦れたモンキアゲハ、ナガサキアゲハ、カラスアゲハ、ベニシジミ、ヤマトシジミ、モンシロチョウ、キチョウ、ツマグロヒョウモン、サトキマダラヒカゲを見ました。先週報告したコミスジの蛹は寄生されていたようで大きな穴が開いていました。先週見つけたササコナフキツノアブラムシと書いたアブラムシは、どうもちょっと別の種のようですが、コロニーは少しは大きくなっていました。ゴイシシジミの卵はまだいません。クロコノマチョウの幼虫が数匹近くにいました。
 
 
ムラサキツバメの静止(マテバシイ、♀)と卵
2018年8月5日
静岡市駿河区大谷


毎年越冬が見られる林ですが、ほとんどの大木が切られ、今は小木とひこばえがほとんどです。
 
アブラムシのコロニー
2018年8月5日
静岡市駿河区大谷


ススキの葉裏です。ササコナフキツノアブラムシとは少し白さが違うように見えます。クロコノマチョウの卵の跡と思われる形跡がコロニーの右側に見られます。
  • 2018年7月29日 3週間ぶりの更新です。台風12号が東から西に移動する異例の気象でしたが、夜中に通り過ぎ、昨日も今日も日中は天気が良い時間が長かったです。特に今日は、朝から強い日差しが照り付けていました。被害の多かった地域も多く、お見舞い申し上げます。さてそんな中、朝からいつもの場所に観察に行ってきました。アパートではクマゼミがうるさかったですが、山に行けばミンミンゼミも鳴いていました。久しぶりにヒメアカタテハを見ました。羽化してそれほど時間がたっていないようで、毛並みが美しかったです。ツバメシジミも羽化直後のようで、雨の水玉と相まって美しかったです。他にはキチョウ、モンシロチョウ、ヤマトシジミなど。ゴマダラチョウもいましたが、アカボシゴマダラは見ませんでした。楽観的ではありますが、ゴマダラチョウが押し戻しているのかもしれません。しかし奈良県でも見たという報告があるそうです。ススキに食痕があったので観察すると、クロコノマチョウの幼虫はおらず、代わりにゴイシシジミの食餌であるササコナフキツノアブラムシの小さいコロニーがありました。ちょっと期待して待ってみましょう。
 

クリックで高画質画像へ
ヒメアカタテハの静止
2018年7月29日
静岡市駿河区宮川


台風が東から西に移動する異常事態の後の観察です。この時間はまだ雲が多かったですが、ヤマトシジミが多いですが次第に蝶の数も増えてきました。ヒメアカタテハはこの個体だけが見られました。まだ新鮮な個体で毛並みが美しいです。

クリックで高画質画像へ
ツバメシジミ♂の静止
2018年7月29日
静岡市駿河区大谷


ツバメシジミは表裏ともに美しい蝶だと思います。
  • 2018年7月8日 西日本では大変な水害が起こりました。謹んでお見舞い申し上げます。家族や親戚が西日本に住んでいて心配でしたが、けがなどはなかったようです。▼そんな中ではありますが、静岡は比較的平静でした。昨日は、いつもの静大裏、今日は別のところに行ってきました。静大裏では、キチョウがハギに産卵していました。その卵を見ていて、コミスジの蛹を見つけました。ぱっと見では何かわかりません。チャバネセセリを今年初めて見ました。ナツフジにはあいかわらずウラギンシジミの幼虫がいました。他には、モンキアゲハ、ナガサキアゲハ、アサマイチモンジなど。▼今日は、アサギマダラの食草のキジョランの様子を見に行きました。予想通り、アサギマダラの気配は全くありませんでした。夏は高い山に行っているのでしょうか?もちろん、夏に成虫をこのあたりで見ることはありません。空では、久しぶりに環水平アークを見ました。
 
 
コミスジの蛹(ハギ類)
2018年7月7日
静岡市駿河区大谷


キチョウが植栽のハギ類の葉上に産卵した後、卵を観察していて目に入って来たのがこの蛹です。羽化間近でしょうか。金色に鈍く輝いていました。この近くでは、クズやフジへの産卵などを見たことはなく、代わりにアレチヌスビトハギへの産卵を見ましたが、もしかしたら、そういうポピュラーな植物よりもハギが好きなのかもしれません。
 
キジョランの夏の様子
2018年7月8日
静岡市南部


秋から冬にはアサギマダラの卵や幼虫が見られたキジョランを夏に見に行ったところ、古い食痕は見られましたが、アサギマダラの幼虫などは全く見つけられませんでした。夏にアサギマダラを見ることはありません。やはりもう少し高い山に行っているのでしょう。
  • 2018年7月1日 今日も昨日と同じように、静大のある日本平は霧が立ち込めているようです。代わりというわけではないですが、静岡のシンボル、駿府城公園に行ってきました。ここには小さいながらも花壇があって、都会の蝶が戯れていました。いたのは、ナミアゲハ、モンシロチョウ、モンキチョウです。公園の外では、ヤブカラシにアゲハが集まっていました。空は青く夏の空です。普通種ですが、花壇に蝶が舞うと、心が和みます。
クリックで高画質画像へ ナミアゲハの吸蜜(夏型、♂、ヤブカラシ)
2018年7月1日
静岡市葵区音羽町


ヤブカラシにアゲハが来ていました。古びていますが、青空に映えています。今年は関東地方はすでに梅雨明け宣言が出ました。静岡市はまだですが、まさに夏空です。
クリックで高画質画像へ
モンシロチョウの吸蜜後の飛翔(夏型、♂、ブルーサルビア)
2018年7月1日
静岡市葵区駿府城公園


色とりどりの花が咲く夏の都会の花壇に、モンシロチョウ、アゲハ、モンキチョウが複数やってきていました。
前日までの話題(写真あり)と更新情報へ
最近の話題のバックナンバーへ
フレーム対応ブラウザなのにこのページの左側に目次フレームがない場合にはhttp://homepage3.nifty.com/ueyama/index.htmlをクリックしてください。なお、種別解説ページ等の写真、図、文章の著作権はすべてこのホームページの作者または撮影者に所属します。
観察記録・ご意見・ご要望・写真等使用依頼などはこちらに→メール
リンクフリーです。よろしければバナーリンクバナーをお使いください(右クリックで、“名前を付けて画像を保存”、してください)。
環境goo大賞 お知らせ NTT-X殿主催の環境goo大賞2003個人の部にて、優秀賞を受賞いたしました。皆様のご支援、ご声援のおかげです。まことにありがとうございました。これからも引き続き、よりよいホームページ作成に努めて参りますので、よろしくお願い申し上げます。

CD-ROM図鑑の宣伝です。ホームページで蝶の生態写真を公開している全国のアマチュアカメラマン27名による写真集CD-ROMです。253種、2400枚以上の生態写真を収録しています。価格3150円(税込み)→詳細。      昆虫専門店六本脚から注文できます。→注文方法の詳細

単行本
大阪府の蝶
(増補改訂版)
大阪昆虫同好会で2013年9月に増補改訂されて発行した単行本の紹介です。興味を持たれた方は、左の文字をクリックしてください。紹介ページに飛びます。

このサイト内検索ができます。以下のテキストボックスにキーワード(蝶の種名や生態)を記入し、( [ 大阪市とその周辺の蝶 ] 内を検索するをチェックしてあることを確認)、Google検索ボタンをクリックしてください(チェックしないと全HPの中からの普通のGoogle検索になります)。代表的な2ページ程度が表示されますので、「ここから再検索してください」をクリックすると他のページも表示されます。
Google
   [ 大阪市とその周辺の蝶 ] 内を検索する→ 

キーワード:大阪府の蝶 大阪府のチョウ 大阪市の蝶 大阪市のチョウ 大阪の蝶 大阪のチョウ 豊中市の蝶 豊中市のチョウ 服部緑地公園のチョウ 高槻市の蝶 尼崎市の蝶 尼崎市のチョウ 尼崎の蝶 淀川区の蝶 淀川区のチョウ 東淀川区の蝶 静岡県の蝶 静岡市の蝶 都会の蝶 都会のチョウ 淀川の蝶 淀川のチョウ 大和川の蝶 神崎川の蝶 Butterflies in Osaka 生態写真 幼生期 卵 幼虫 蛹 バタフライガーデン ビオトープ