目次 大阪市について 蝶のリスト 種別生態写真・解説 生態別 幼虫図鑑 食草食樹図鑑
ヒメアカタテハ 大阪市とその周辺の蝶
http://butterflyandsky.fan.coocan.jp/
アオスジアゲハ
バタフライガーデン 緑のネットワーク 緑地探訪 ギャラリー 生態用語解説図鑑 自己紹介
空のページ(気象光学) 虹色実験 赤い木の実 備忘 伊丹市講演 更新履歴
Last update 2019年9月13日 since 2003年2月23日
アクセスありがとうございます。これからも末永くよろしくお願いいたします。
フレーム対応ブラウザなのにこのページの左側に目次フレームがない場合には ここ をクリックしてください。 スマホの場合フレーム対応していないようです。フレーム表示でスクロールできない場合、 ここ をタップしてmain.htmlを直接表示してください。
@homepege3.nifty.comが容量オーバーとなったため、こちらに移動しました(2014年3月15日)
 大阪市には蝶(チョウ)などの自然(しぜん)が少なくなっていると言われています。 でも、ちょっと気をつけてあたりを見てみましょう。きっと蝶をはじめとした多くの生き物が見つかるはずです。蝶の観察(かんさつ)は多くのドキドキ発見の連続(れんぞく)です。このホームページでは、大阪市の蝶やその周辺地域の蝶について、卵から成虫までの生態写真(せいたいしゃしん)や環境写真(かんきょうしゃしん)を使って紹介(しょうかい)しています。このホームページを見た人が、蝶を身近に感じられ、自分も観察(かんさつ)してみようと思ってくれることを願っています。また、自宅のバタフライガーデンや緑のネットワークの考え方、淀川や大和川なども緑地探訪として紹介しています。
 皆様が大阪市とその周辺の地域で変わった蝶を見つけたら、ぜひ年月日、時間、場所(地名や環境)、蝶の特徴(とくちょう)、できればデジタル写真をメールください。なるべくこのページでも紹介したいと思います。
 なお、2006年秋から、空(気象光学現象)の観察も始めました。
 2009年4月からは静岡市の蝶や空についても報告してまいります。とりあえず、このページの名前は変えずにおきます。さらには飼育も含め、全国の蝶を(参考)として紹介します。
空のページ入口    サイト内検索 by Google メールはこちら
今日の話題 と 更新情報
  • 2019年9月8日 いきなりですが富士山に登りました。大胆にも3日かけて、海抜0mから。登ったのは先週の土日月。疲れましたが、充実していました。やっとページをアップで来たので、詳細はこちらを見てください。もっとも、誤字など多いかもしれません。随時修正していきます。蝶は結構いましたが、珍しいのは見ませんでした。ヒョウモン類とサカハチチョウとヒメキマダラセセリが多かったところがありました。

↑サカハチチョウ夏型

↑ご来光の光環

↑白虹(霧虹)
富士山登山
2019年8月31日-9月2日
静岡県富士市、富士宮市


白虹を山頂で見たのが最高の思い出です。
  • 2019年8月24日 先週に比べると少し涼しく感じる今日この頃です。なので日中いつもの静大裏に出かけました。服装もいろいろ工夫して、結構涼しく感じました。蝶はというと、いつも元気なツマグロヒョウモン♀がきれいでした。茶色のセセリも何回か見ましたが、チャバネかイチモンジか確認できませんでした。アサマイチモンジとスジグロシロチョウを久しぶりに見ました。今年見てなかったのでうれしいです。モンキアゲハは相変わらず多いです。アカボシゴマダラは幼虫(5齢、3齢と思われます)とおそらく成虫♀を見ました。他には、キチョウが多く、産卵する♀や羽化したばかりのようなきれいな♂など見ました。他にはコジャノメ、ベニシジミ、ヤマトシジミ、ウラギンシジミ卵。ナガサキアゲハ♀。やはり少し涼しくなって日中でも活動するものが増えた気がします。
 
 
 
ツマグロヒョウモン♀とアカボシゴマダラ幼虫
2019年8月24日
静岡市駿河区大谷


ツマグロヒョウモンは猛暑の日でも飛んでましたし、暑さにはかなり強そうです。アカボシゴマダラ幼虫2匹は少し離れたエノキいたものです。
  • 2019年8月19日 相変わらず暑い日が続きます。すでに一昨日のことになりますが、広重の五十三次 由井 で有名な静岡市清水区のさった峠から浜石岳に登ってきました。始発で由比駅まで行って、正午に由比駅に戻ってきたのですがやっぱり暑かったです。その時の様子はこちらにあります。途中、サトキマダラヒカゲがやたらと多かったです。うれしかったのは擦れてはいましたがカラスアゲハ♀が目の前で休んでくれたことです。♀をじっくり見たのは初めてな気がします。浜石岳頂上ではキアゲハとツマグロヒョウモンがいました。ともに♂。他には、クロコノマチョウ、コジャノメ、ヒメキマダラセセリ、モンキアゲハ(多)、サカハチチョウ、アカボシゴマダラ幼虫、ゴマダラチョウ(たぶん)を見ました。
 
カラスアゲハの休息(♀、夏型)
2019年8月17日
静岡市清水区 浜石岳登山道


かなり暑い日の午前中です。クロ系のアゲハにとっても暑いのでしょう。木陰で休んでいます(1枚目)。この後日向に出てきてとまりましたが(2枚目)、すぐに飛んで行ってしまいました。日向で撮れたので色が鮮やかです。
  • 2019年8月12日 大阪は暑いですね。早朝に散歩などして体は動かしていますが、アゲハ、アオスジアゲハなどは元気ですね。僕は部屋にこもって過去の山行記録を更新中です。徐々に増やしていければと思います。
  • 2019年8月4日 全国的に暑い夏になっていますが、静岡は比較的過ごしやすく、最高気温は32℃で吹く風は比較的涼やかに思います。ですがやっぱり日中は暑いので、16時頃に出発して、久しぶりにいつもの静大裏山に行ってきました。以前夕方に行って、クロコノマやクロ系アゲハが結構いることに気付いたので何かいるだろうと思いました。山に行くまでは、ヤマトシジミとモンキチョウ、ナミアゲハを見るくらいでしたが、まずムラサキツバメがマテバシイの周りを飛んでいたので、南方系の蝶にとってはいい季節なのかもしれません。さらに、しばらくご無沙汰だったアカボシゴマダラが占有行動していました。2か所で5匹はいたと思います。最近、関西の生駒山地でもいたという情報があり、広がる一方のようです。他には、モンキアゲハが多かったです。ウラギンシジミ、ベニシジミも見ました。ウラギンシジミ幼虫は、干からびかけたナツフジの花びらを食べていました。ジャノメチョウ科もいましたが種名は確認できませんでした。
 
 
アカボシゴマダラの占有行動(夏型♂)と環境
2019年8月4日
静岡市駿河区大谷


これまでアカボシゴマダラ♂を見なかったのですが、今日観察して少し納得しました。それは見る時間が合ってなかったからだと思います。今日は暑さを避けて午後4時に家を出発し、この写真を撮ったのが16:50でした。少なくとも天気がいい日は午後遅めに占有行動をとるのだと思います。一回だけの観察で断定はできませんが。コムラサキも似た時間に占有行動するするので、たぶんあっていると思います。この場所では2匹が追いかけあいをしていました。止まっているのは地上4〜5mぐらいだと思います。モンキアゲハやほかの昆虫も追いかけていました。このところアカボシゴマダラを見ていなかったのでこの地では減っているかと思いましたが、健在でした。
 
ナツフジの花を食べるウラギンシジミの幼虫
2019年8月4日
静岡市駿河区大谷


この季節、ナツフジを見つけると、たいていウラギンシジミが見つかります。
  • 2019年7月28日 よし!富士山だ、と意気込んでいたら、突然台風襲来の完全想定外のニュース。ぎりぎりまで議論しましたが、諦めました。で、百名山制覇を積極的に目指している参加者のリーダーが突然思いつて妙高山に行こうと言い出しました。もちろん彼にとって未踏の百名山です。僕もありません。最初、は?という感じでしたが、だんだん盛り上がり、昨日未明出発で行ってきました。こちら(妙高山登山)に簡単な記録ページを作っています。なんと、着いたときは妙高山の周りには雲一つない快晴。驚きの選択です。ゴンドラで高度を稼いでからゲレンデを登り始めるのですが、蝶も喜んでいるのか、多くの蝶が見られました。ミドリヒョウモンとヒメキマダラセセリが多かったです。他にもいました。山行中ではヒメキマダラヒカゲが汗のにおいを嗅ぎ取ってまとわりつくことがしばしばありました。一方、山行の方はやはりきつかったです。高山植物も多く、頂上近くでは、ヨツバシオガマ、テガタチドリが目立っていました。天気は恵まれましたが、鎖場が結構怖かったです。ただ、下りはもっと怖いかと思いましたが、結構平気だったので、昨年の八ヶ岳赤岳と続て、少し度胸が付いたかもしれません。富士山はしばらく延期となりました。

↑ゴンドラ乗り場近くの駐車場から。左:赤倉山、右:妙高山

↑ゴンドラ乗り場近くの駐車場から望遠で。左:妙高山南峰、右:北峰

↑妙高山南峰(最高地点、2454m)

↑最高地点近くからの眺め:野沢湖が見える

↑妙高山北峰(三角点:2445.8m)

↑妙高山北峰から南峰
妙高山登山
2019年7月27日
新潟県妙高市


きつかったけど天気と蝶に恵まれ楽しかった。

↑ヒメキマダラセセリ

↑左:ミドリヒョウモン、右:ウラギンヒョウモン

↑ヒメキマダラヒカゲ
妙高山登山で見た蝶
2019年7月27日
新潟県妙高市


きつかったけど天気と蝶に恵まれ楽しかった。他にもいました。
  • 2019年7月14日 相変わらず天気が悪くまともな観察ができません。それでも訓練を兼ねて日本平を往復してきました。こちら(日本平)に簡単な記録ページを作っています。実際ずっと曇ってはいたのですが、蝶は少し飛んではいました。アオスジアゲハが比較的多かったですが撮っていません。あとはヒカゲチョウやクロ系アゲハ、ルリシジミ、ベニシジミ、ツバメシジミ、キチョウを見ました。また、ヨモギではヒメアカタテハの終齢幼虫が巣から出て食事中でした。かなり危ない行為だと思います。また、樹液のにおいがプンプンする木を見つけたのですが、カナブン類は多かったものの、蝶は何も来ていませんでした。美しい赤いカミキリを見つけました。おそらくタブノキを親子とも食べるというホシベニカミキリでしょう。

↑ヒメアカタテハ幼虫

↑ヒメアカタテハ幼虫の巣

↑カナブンとクロカナブン

↑ホシベニカミキリ?

↑カミキリの頭
道中で見つけた昆虫
2019年7月13日
静岡市清水区(日本平)


蝶がいないと甲虫に目が行きます。他にも様々な甲虫がいましたが、撮影していません。
  • 2019年6月30日 天気が悪く蝶の観察がままなりません。しかし、この夏は富士登山も計画していて、体を鍛える必要もあり、近場の低山ハイクを続けています。新たな趣味の浅間神社巡りも一部兼ねています。先週の日曜日は、静岡市に北から細く伸びている賎機山、昨日は街中に横たわっている谷津山をそれぞれ縦走しました。いずれも天気が悪く、蝶はほとんど見ていません。コジャノメ、ヒカゲチョウ、カラスアゲハぐらいでした。こちら(賎機山谷津山)に簡単な記録ページを作っています。
  • 2019年6月22日 2週連続でアップなしですいません。先週は旅行で京都府北部の伊根あたりをうろうろして、蝶とはほとんど無縁でしたが、モンキアゲハが多かった印象です。今日は天気はダメだったのですが、たまに小雨ぐらいで済んだので、いつもの静大裏に行ってきました。モンシロチョウとナミアゲハがやたら多い印象でした。とはいえ、面白いシーンは見られずと思っていたところ、キアゲハがミツバの蕾に産卵してくれました。ミツバは飼育ではよく聞きますが、実際に産卵しているのは初めて見ました。しかも葉にではなくて蕾に固執していたのが興味深いです。やっぱり栄養価が高いのでしょう。他にはその近くで探せばたいがい見つかるダイミョウセセリの幼虫。終齢(5齢)のようです。久しぶりにアカボシゴマダラの幼虫を見ました。今や駆除対象ではありますが、この地では急減しているようで成虫含め生体を今年初めて見ました。それ以外はあまり蝶はいなかったですが、ヒメウラナミジャノメが新鮮でした。他にモンキアゲハ、モンキチョウ、ベニシジミ、ツバメシジミ、ナツフジの蕾にウラギンシジミの卵。

↑卵は見つからず。

↑産卵した。

↑産卵直後の卵。

↑後で探して見つけた卵
キアゲハの産卵(ミツバ)と環境
2019年6月22日
静岡市駿河区大谷


静岡大学の裏山の道沿いに、なぜかミツバが繁茂して蕾穂が伸びているところです。その蕾に盛んにキアゲハが産卵していました。ただ、蕾がある程度広がってしまうとその茎が細いので産卵できずに飛び去る場合が何度かありました。最初の写真は卵が見つかりませんでした。4枚目は産卵シーンは撮っていませんが、後で探して見つけた卵です。
 
アカボシゴマダラの幼虫(エノキ)
2019年6月22日
静岡市駿河区小鹿


アカボシゴマダラを今年になってから一度も見ておらず、この地域では激減している可能性があります。久しぶりに幼虫を見つけて少しほっとしています。特定外来種なので駆除対象ですので、そういうのは良くないのかもしれませんが。残念ながら、通常のゴマダラチョウも一度も見ていません。果たしてこれからどうなるのやら。
 
ダイミョウセセリの幼虫(オニドコロ)
2019年6月22日
静岡市駿河区小鹿


終齢幼虫と思います。初齢の幼虫はよく見ますが、なかなかここまで無事に育っているのを野外で見つけるのは難しいです。もちろん寄生されているかもしれませんが。
  • 2019年6月2日 今日は雲のせいで日差しが弱く、過ごしやすい日でした。午前中は日差しもあったので、蝶も飛んでいました。6月といえば低地ゼフィルスの季節ですが、当地(大谷)ではほぼ期待できないです。それでも様々な蝶が目を楽しませてくれました。なんといってもベニシジミ夏型が大変美しかったです。春型に比べると鮮やかさは劣りますが、それでも羽化直後の個体は大変美しいです。特に、白いヒメジオンで吸蜜するときは落ち着いていて、長く楽しめます。ウラギンシジミも1化がでてきて産卵していました。まさに産卵直後の濡れた感じの卵は薄い青色ですが、撮影中にもどんどん白化していきました。ルリシジミがアレチギシギシの穂に産卵していましたが撮影できませんでした。新鮮そうなヒオドシチョウらしい蝶も見ましたが、アカタテハかもしれません。スジグロシロチョウは今年は春型を見なかったのですが、今日は夏型が産卵場所を探して飛んでいました。ダイミョウセセリもいつの間にか出ていてかなり擦れた感じの成虫と、2齢と思われる幼虫がいました。イチモンジセセリやヒカゲチョウもいました。ともに初見ですが、既に擦れていました。新鮮な夏型?のモンキアゲハが複数いました。他には、コミスジ、アオスジアゲハ、キチョウなど。さて一気に増えていたアカボシゴマダラですが、今年は未だに見ていません。大谷では減っている可能性が高いです。
クリックで高画質画像へ ベニシジミの吸蜜(夏型♀、ヒメジオン)
2019年6月2日
静岡市駿河区大谷


夏に出るベニシジミは春型より黒化しているものが多いですが、光の加減で鮮やかに写ることがあります。また、後翅に青い紋があるものとないものがあるようです。この個体は鮮やかな青い紋があり、翅の白い縁取りの効果もあり大変美しく見えます。
 

↑10:52:02

↑10:53:30 明らかに白っぽく、また乾いた感じになっている。

↑写真のほぼ中央あたりに卵
ウラギンシジミの産卵と卵(ナツフジ?誤産卵(オニドコロ))
2019年6月2日
静岡市駿河区大谷

ナツフジかフジのツルがオニドコロと絡み合っていて、母蝶はナツフジに産みたかったのでしょうが、オニドコロの古い茎に産んでしまいました。撮影のため絡みを外しましたが、撮影後に絡ませておきました。産卵直後は薄青色でぬれた感じがあり、みるみる白っぽくなっていきました。
前日までの話題(写真あり)と更新情報へ
最近の話題のバックナンバーへ
フレーム対応ブラウザなのにこのページの左側に目次フレームがない場合にはhttp://homepage3.nifty.com/ueyama/index.htmlをクリックしてください。なお、種別解説ページ等の写真、図、文章の著作権はすべてこのホームページの作者または撮影者に所属します。
観察記録・ご意見・ご要望・写真等使用依頼などはこちらに→メール
リンクフリーです。よろしければバナーリンクバナーをお使いください(右クリックで、“名前を付けて画像を保存”、してください)。
環境goo大賞 お知らせ NTT-X殿主催の環境goo大賞2003個人の部にて、優秀賞を受賞いたしました。皆様のご支援、ご声援のおかげです。まことにありがとうございました。これからも引き続き、よりよいホームページ作成に努めて参りますので、よろしくお願い申し上げます。

CD-ROM図鑑の宣伝です。ホームページで蝶の生態写真を公開している全国のアマチュアカメラマン27名による写真集CD-ROMです。253種、2400枚以上の生態写真を収録しています。価格3150円(税込み)→詳細。      昆虫専門店六本脚から注文できます。→注文方法の詳細

単行本
大阪府の蝶
(増補改訂版)
大阪昆虫同好会で2013年9月に増補改訂されて発行した単行本の紹介です。興味を持たれた方は、左の文字をクリックしてください。紹介ページに飛びます。

このサイト内検索ができます。以下のテキストボックスにキーワード(蝶の種名や生態)を記入し、( [ 大阪市とその周辺の蝶 ] 内を検索するをチェックしてあることを確認)、Google検索ボタンをクリックしてください(チェックしないと全HPの中からの普通のGoogle検索になります)。代表的な2ページ程度が表示されますので、「ここから再検索してください」をクリックすると他のページも表示されます。
Google
   [ 大阪市とその周辺の蝶 ] 内を検索する→ 

キーワード:大阪府の蝶 大阪府のチョウ 大阪市の蝶 大阪市のチョウ 大阪の蝶 大阪のチョウ 豊中市の蝶 豊中市のチョウ 服部緑地公園のチョウ 高槻市の蝶 尼崎市の蝶 尼崎市のチョウ 尼崎の蝶 淀川区の蝶 淀川区のチョウ 東淀川区の蝶 静岡県の蝶 静岡市の蝶 都会の蝶 都会のチョウ 淀川の蝶 淀川のチョウ 大和川の蝶 神崎川の蝶 Butterflies in Osaka 生態写真 幼生期 卵 幼虫 蛹 バタフライガーデン ビオトープ