種別 生態写真と解説
種ごとに生態写真を使って蝶(卵から成虫まで)や環境を紹介します。
写真に青枠(紫枠)のあるものは、高画質ファイル(約30kb)にリンクが張られていますので、クリックしてみてください。

イワサキタテハモドキ

イワサキタテハモドキは、八重山諸島でときおり迷蝶として観察されたり、キツネノマゴ科の植物で一時的に発生することがあります。1990年に西表島ではオギノツメで発生したそうです。私は、2011年夏から石垣島で一時的に発生した成虫を2011年11月に撮影することができました。このときは、放蝶説もありましたが、公園内にはびこっている外来植物のシソモドキといわれる(異説もあります)植物で発生しました。しかし、多くの採集者が訪れ、羽化するそばから採集されたのであっという間にいなくなりました。採り尽くされることはないと思われますが、冬は越せないと言われています。
基礎データ(石垣島)
■科 タテハチョウ科 ■学名 Junonia hedonia
■生息環境 公園 ■成虫観察時期 一時的発生
■越冬態 越冬できない。 ■食草・樹 シソモドキ?、オギノツメ
■増減   ■成虫の多少 フィリピンでは多いらしい


クリックで大きな画像へ

 
(参考)
葉上で占有行動をとるイワサキタテハモドキ(♂)
2011年11月19日
沖縄県石垣島


この日はまだ採集され尽くされておらず、何とかおそらく2匹の成虫を見ることができました。ときおりいなくなりますが、時々出てきては葉上で静止していました。
トップページへ

クリックで大きな画像へ
(参考)
吸蜜するイワサキタテハモドキ(センダングサ類)
2011年11月19日
沖縄県石垣島


止まるときは必ず翅を開くので、翅裏を写せませんでしたが、吸蜜の時は裏側を写すことができました。枯葉模様です。コノハチョウに近い種だと分かります。
トップページへ
(参考)
飛び立ち
2011年11月19日
沖縄県石垣島
Casio EX-F1、パスト連写


天気が悪くてパスト連写のチャンスがほとんどありませんでした。これは唯一の連写でのシーンですが、ピントが全然合っていません。
トップページへ
リストへ戻る
トップページへ戻る