種別 生態写真と解説
種ごとに生態写真を使って蝶(卵から成虫まで)や環境を紹介します。
写真に青枠(紫枠)のあるものは、高画質ファイル(約30kb)にリンクが張られていますので、クリックしてみてください。

ヒカゲチョウ

ヒカゲチョウを含め、ジャノメチョウ科の蝶は、大阪市内ではほとんど見ることができません。それだけまとまった樹陰地がないということなのでしょうか。それとも、大気汚染に敏感な蝶ということでしょうか。おそらく両方の因子が影響しているのでしょう。ヒカゲチョウは、郊外に行けば、かなり広く多く分布している蝶です。
基礎データ(大阪市周辺域)
■科 ジャノメチョウ科 ■学名 Lethe sicelis Hewitson
■生息環境 大公園(雑木林) ■成虫観察時期 6月〜9月
■越冬態 幼虫 ■食草・樹 タケ類、ササ類
■増減 不変? ■成虫の多少 生息地では普通

クリックで高画質画像へ ヒカゲチョウの吸汁(樹液)
2002年6月2日
大阪府高槻市三好山


高槻市の三好山から摂津峡にかけては多くの蝶が見られるところです。近年の宅地開発に伴ってだんだんと狭められてきてはいますが、ヒカゲチョウなどはまだまだ大丈夫です。クロヒカゲと一緒にクヌギに来ていることが多いです。

トップページへ
環境
2002年6月2日
大阪府高槻市三好山


ヒカゲチョウやクロヒカゲの見られる雑木林です。

トップページへ
開翅
2006年6月24日
大阪府高槻市三好山


滅多に翅を開きませんが、たまに日光浴のためか開くことがあります。このときは、暑い日だったのですが、5時過ぎで体を暖める必要があったのかもしれませんが理由ははっきり分かりません。
トップページへ
 
交尾
2006年8月26日
大阪府豊中市服部緑地公園


夕方になると、♂は葉先でテリトリーを見張ったり、♂同士で卍に舞い上がったり、♀を探し飛び回ったりします。幸運な♂は交尾に至ります。
トップページへ
 
 
産卵と卵
2012年9月29日
静岡市駿河区大谷


比較的明るい道沿いです。母蝶がゆっくり飛んで次々と産卵していました。卵の写真は、産卵シーンとは違うときのものです。
トップページへ
産卵
2002年6月15日
大阪府豊中市服部緑地公園


雑木林の下草の笹類に産卵中の♀です。服部緑地公園には下草を残して管理している雑木林があります。このような場所は非常に貴重で、ヒカゲチョウをはじめとした雑木林の昆虫が多く見られます。
トップページへ
 
ヒカゲチョウの卵
2006年6月18日
大阪府豊中市服部緑地公園


雑木林の下草の笹類の葉裏で見つけた、産卵間もない(1〜2日?)卵とそのササです。直径1mmぐらい。上の産卵シーンの卵ではありません。
トップページへ
卵(孵化間近)
2006年6月21日
大阪府豊中市服部緑地公園産
大阪市淀川区飼育


上の写真の卵を持ち帰り飼うことにしました。頭部が透けて見えてきました。
トップページへ
 
幼虫(1齢、2.5mm)と食痕
2006年6月24日00:05am
大阪府豊中市服部緑地公園産
大阪市淀川区飼育


孵化間もない幼虫です。これまで、鉢植えのササで飼ってうまくいかなかったので、ササは毎週、採ってくることにしました。
トップページへ
 
幼虫(1齢、3.1mm)と頭部
2006年6月25日13:25
大阪府豊中市服部緑地公園産
大阪市淀川区飼育


少し成長しました。
トップページへ
 
幼虫(2齢、8.5mm)と頭部
2006年6月30日
大阪府豊中市服部緑地公園産
大阪市淀川区飼育


2齢になると、頭部に突起が顕著になり、かわいくなります。
トップページへ
 
 
幼虫(3齢または4齢、20mm)と頭部
2006年7月19日
大阪府豊中市服部緑地公園産
大阪市淀川区飼育


かなり大きくなりました。
トップページへ
幼虫の頭(5齢)
2006年7月30日
大阪府豊中市服部緑地公園産
大阪市淀川区飼育


終齢になっても顔はあまり変わりません。
トップページへ
幼虫(5齢、37mm)
2006年8月2日
大阪府豊中市服部緑地公園産
大阪市淀川区飼育


終齢になると、少し太めになります。
トップページへ
前蛹
2006年8月7日22:01
大阪府豊中市服部緑地公園産
大阪市淀川区飼育


密閉容器の中で飼育していますが、首尾良く葉裏で前蛹になりました。
トップページへ
ヒカゲチョウの蛹(脱皮失敗)
2006年8月8日23:53
大阪府豊中市服部緑地公園産
大阪市淀川区飼育


後から、終齢幼虫を同じ容器に入れたのですが、これが前蛹時に同じ葉にいました。蛹化失敗の原因は分かりませんが、この個体が邪魔をした可能性があります。この蛹はその後茶色に変色し死亡が確認されました。残念です。
トップページへ
 
幼虫(4齢、21mm、模様有り)
2006年8月8日
大阪府豊中市服部緑地公園産
大阪市淀川区飼育


幼虫には茶色と黄色の模様があるものと無いものがあります。豊中市で見るものはほとんどが模様のないものですが、初めて模様のあるものを見つけ、しばらく飼ってみました。しかし結局この後の脱皮直後に死亡しました。
トップページへ

2004年6月26日
大阪府豊中市服部緑地公園


雑木林の下草の笹類の葉裏で見つけた、産卵間もない(1〜2日?)卵です。直径1mmぐらい。上の産卵シーンの卵ではありません。

トップページへ
環境
2004年6月26日
大阪府豊中市服部緑地公園


矢印の先の位置のちょうど葉裏に卵がありました。高さ1mぐらい。

トップページへ

2002年6月6日
大阪府高槻市三好山


卵です。湿地気味のところに生えている1mぐらいの笹類の葉裏に産まれていました。幼虫の頭部がくっきりと見えています。

トップページへ
幼虫(1齢)
2002年6月23日
大阪府豊中市服部緑地公園産
大阪市淀川区飼育


上の写真の卵からの幼虫ではありません。

トップページへ
幼虫(2齢)
2002年7月10日
大阪府豊中市服部緑地公園産
大阪市淀川区飼育


飼育がよくないのか、なかなか大きくなってくれません。それでも、上部に食痕が見られます。

トップページへ
幼虫(1齢?)
2003年6月21日
大阪府豊中市服部緑地公園


卵を探して何枚もの笹の葉を裏返しましたが、卵は結局見つかりませんでした。次の写真に示す食痕を頼りになんとか1齢幼虫を見つけました。葉先にじっと潜んでいるのを2匹見つけました。

トップページへ
食痕
2003年6月21日
大阪府豊中市服部緑地公園


幼虫の食痕です。

トップページへ
生息環境
2003年6月21日
大阪府豊中市服部緑地公園


幼虫が見つかったササ山です。すぐそばに道がありますが公園内なので車は通りません。

トップページへ
幼虫(2齢)
2003年6月25日
大阪府豊中市服部緑地公園産
大阪市淀川区飼育


飼育して少し大きくなりました。

トップページへ
幼虫(中齢)
2003年7月6日
大阪府豊中市服部緑地公園産
大阪市淀川区飼育


昨年は室内で飼育してほとんど大きくなりませんでしたが、今年はベランダで飼育し、順調に大きくなっています。現在体長18mm。1、2齢のときは葉先裏に潜んでいましたが、いまは枝の下の方の葉の裏の中央付近に潜んでいます。

トップページへ
 
幼虫(3齢?、23mm)
2006年8月5日
大阪府豊中市服部緑地公園


こちらは天然物です。こちらには背中に模様がありますが、もう一匹見つかった方は、飼育のものと同じように、模様がありません。この写真を見ると、一見したところではどちらが頭かよく分かりません。尾部の突起は、擬態なのでしょうか。
トップページへ
 
幼虫(5齢?)
2009年6月27日
静岡市駿河区


林道脇のササの茎に幼虫が見つかりました。その後飼育しました。
トップページへ

2009年7月12日
静岡市駿河区 飼育
静岡市駿河区 産


無事蛹化しましたが、残念ながら羽化しませんでした。原因は不明です。ヒカゲチョウの飼育は難しいです。
トップページへ
静止
2004年6月5日
大阪府豊中市服部緑地公園
豊中市加藤氏撮影


カシの葉先で縄張りを見張っています。

トップページへ
静止
2004年9月4日
大阪府豊中市服部緑地公園

雑木林の下草のササ上で静止する第3化と思われる個体です。いまにも雨の降りそうな曇りの午後3時頃で、盛んに♂同士が追飛を繰り返していました。

トップページへ
 
 
 
卵(直径1.2mm、ササ類)
2014年5月25日
静岡市駿河区大谷


以前幼虫を見つけた場所です。林道脇のササ類の葉裏で見つかりました。日当たりの悪い場所ですが、クロヒカゲの卵が見つかる場所に比べると明るい場所だと思います。
トップページへ

↑孵化後間もない1齢、3.8mm、5月30日

↑頭部、5月30日

↑成長した1齢、7.3mm、6月2日

↑成長した2齢、11.6mm、6月7日

↑頭部、6月7日

↑成長した3齢、14.6mm、6月10日

↑頭部、6月10日

↑成長した4齢、23.5mm、6月15日

↑頭部、6月15日

↑成長した5齢(模様有り)、39.6mm、6月22日

↑模様、6月22日

↑頭部、6月22日

↑成長した5齢(模様なし)、40.0mm、6月22日
幼虫(3.8〜40.0mm、ササ類)
2014年5月30日〜6月22日
静岡市駿河区 飼育
静岡市駿河区大谷 産


ペルチェ式の冷温箱にタッパーを入れて飼っています。24℃ぐらいです。模様のあるものとないものが成長してきました。
トップページへ

↑前蛹、6月25日

↑蛹、6月27日

↑6月27日、右上:模様なし幼虫から、中央:模様有り

↑7月5日、羽化直前の様子。模様なし幼虫から
前蛹と蛹(ササ類)
2014年6月25日〜27日
静岡市駿河区 飼育
静岡市駿河区大谷 産


模様なしの幼虫の前蛹と蛹です。蛹化は6月26日でした。模様有りの方も1日遅れで蛹化しました。
トップページへ
 
クリックで高画質画像へ
羽化直後のヒカゲチョウ
2014年7月5日
静岡市駿河区 飼育
静岡市駿河区大谷 産


曇りの日の窓際での撮影です。怪しく青く光って見えます。ストロボは使っていません。少しアンダーで撮っています。
トップページへ
リストへ戻る
トップページへ戻る