赤い木の実
秋や冬、山の中や街で見かける赤い木の実の紹介です。

コケモモ 苔桃

コケモモは高山植物で、夏に高山に上ると、白い可憐な花を見ることができます。また、信州や北海道のお土産として、コケモモジャムをよく見かけます。ジャムにする果実は赤く、いかにもおいしそうです。私が見た実は、ちょっと時期が遅かったようでくすんでいるのが残念です。高山植物にはツツジ科の低木が多く、ジムカデやシラタマノキなど白い可憐な花をつけるものが多いですが、草に間違いそうな低木では実が赤いのはコケモモかツルコケモモなどその近似種だけだと思います。ヨーロッパではリンゴベリーと呼ばれるようです。
基礎データ(北アルプス)
■科、属 ツツジ科スノキ属 ■学名 Vaccinium vitis-idaea
■生育環境
 原産地
高山、森林
本州、北海道。北半球の寒冷地。
■樹 低木、樹高10〜40cm。
■幹   ■葉 常緑
■花 赤色の入った白色、釣り鐘型、長さ6mm、花期 7月 ■果実 赤色、7mm、熟期 秋。生食できるがかなり酸っぱい。
■利用 ジャム。甘く煮たものをヨーロッパでは肉料理の付け合わせ。葉は薬草。 ■特記事項 耐寒性のある低木ながら、常緑は珍しい。
参考:HPみんなの花図鑑、Wikipedia他

クリックで大きな画像へ


クリックで大きな画像へ

コケモモと赤い実
2016年10月15日
山梨・長野県境朝日岳頂上付近


秋に2600mぐらいまで登ったのは私は初めてです。このときわずかに赤い実が残っていました。いかにもおいしそうに見えます。
トップページへ
リストへ戻る
トップページへ戻る