幻日環
幻日環を含め、気象光学現象の解説は気象光学トップページにあります。

↑大阪市、太陽高度70.6度(2枚のパノラマ合成)
2つの輪の内、上の輪(太陽を貫く方)が幻日環。輪の中心は天頂。太陽の周りの輪は、内暈と外接ハロが一緒になったもの。
↑京都市、太陽高度66.5度(3枚のパノラマ合成)
内暈よりも小さい360度の幻日環
アンシャープマスク処理
2009年5月3日
大阪市、京都市


大阪市では、10時過ぎには環水平アークが薄く輝き、11時過ぎからは内暈も鮮やかに輪を作っていた日です。大阪市で内暈をじっと見ていると、上部にもなんとなく何かありそうな気配です。とりあえず写真を撮っておき、行かなければならない京都市に移動しました。すると明らかな幻日環が左側だけ現れ、再度少し移動したところ、360度の幻日環が現れてくれました。大阪市のときの幻日環の輪は、アンシャープマスク処理して明瞭にしたところ、内暈よりも小さい輪と分かりました。京都市の時の幻日環の輪は、内暈とほぼ同じ大きさです。内暈は視半径22度なので、太陽高度を計算すると、内暈の方が小さいはずですが、画像で上下半径を比較すると幻日環の方が小さいです。高度計算が少し間違っていること、内暈の22度は実際は少し大きいのと波長にも依るためと思います。幻日環は水平氷晶(プレート氷晶)または鉛筆型氷晶の六角面で作られます。内暈が左右に広がって見えること(これは鉛筆型氷晶による外接ハロを想像させる)や環水平アークが見られない(水平氷晶が少ないことを想像させる)ことから、今回の幻日環は鉛筆型氷晶によるものと推定しました。
気象光学トップページへ
幻日環と内暈
2013年4月23日
静岡市駿河区


まさに最高の環水平アークが見えていた直後です。太陽高度65度なので、幻日環の視半径は25度となり、内暈は22度ですから、わずかに大きい状況です。

クリックでこの日の画像へ。

気象光学トップページへ

↑クリックで大きな画像へ
ほぼ360度の幻日環(2枚パノラマ合成)
2007年10月13日
兵庫県猪名川町


まずタンジェントアークが輝いた後、突然360度の幻日環が見られました。一方、幻日は非常に小さくかつ稀でした。よって、この幻日環は、タンジェントアークを作り出す横に寝た氷晶の端面で太陽光を反射してできたものでしょう。僕にとって、360度の幻日環(多少、欠けているところもありますが)は初体験です。
気象光学トップページへ

↑クリックで大きな画像へ


↑クリックで大きな画像へ


↑クリックで大きな画像へ
幻日環、幻日、外接ハロ
2014年10月10日
静岡市駿河区


昼前から非常に明るい内暈が見えていましたが、このときは外接ハロや幻日は見えませんでした。だんだんと外接ハロが明瞭になり、幻日環や120度幻日も見えてきました。

クリックでこの日の画像へ。

気象光学トップページへ

↑クリックで大きな画像(2枚パノラマ合成)へ
幻日環
2013年2月22日
静岡市駿河区


薄い内暈しか見えなかったのですが、次第に左幻日が輝き始め、薄いですが、幻日環も見えました。この後、左右の幻日とそれを貫く薄い幻日環も見えました。
クリックでこの日のまとめ画像へ

気象光学トップページへ
 

クリックで大きな画像へ
幻日環、120度の幻日、外接ハロ、幻日、内暈
2010年2月14日
静岡市駿河区


朝は霞んでいて、昨日からの期待を諦めていたのですが、まず内暈上部が輝き始め、その後短い間ですが、幻日環と120度の幻日が見られました。外接ハロは比較的長く見えました。しかし、環天頂アークが見られる時間は曇ってしまいました。この日は、かなり広くこれらの現象が見られたようです。
クリックでこの日のまとめ画像へ

気象光学トップページへ

↑クリックで大きな画像へ
幻日環と薄い内暈
2012年5月17日
静岡市駿河区


朝から霞んでいて全く期待していなかったのに、昼前に突然、きれいな環水平アークに気付きました。昼休みずっと出ていました。その後、予想どおりこの幻日環も現れました。
クリックでこの日の画像へ。

気象光学トップページへ
 

↑HaloSimシミュレーション
幻日環、外接ハロ+内暈、下部ラテラルアーク+環水平アーク
2011年5月5日
大阪府豊中市(神崎川)


朝はあまりパッとしない日でしたが、内暈+外接ハロそして下部ラテラル+環水平アークが輝き始めたので、絶対に幻日環も見えるはずだ、と信じてずっと天頂を見つめていました。するとやはりそれらしきのがある感じです。しかしはっきりしません。こういうときはとりあえず写真に撮って画像処理にかけるのが一番です。案の定、アンシャープマスク処理でくっきりと浮かび上がりました。魚眼コンバーターで撮影していますが、写真中央が天頂からずれているのが残念です。まぶしすぎて時間をかけられませんでした。あわせて、HaloSimによるシミュレーション結果(太陽高度71度、鉛筆氷晶50、ランダム30、プレート氷晶20%)を示します。シミュレーションでは向日アークも見えています。
クリックでこの日のまとめ画像へ

気象光学トップページへ

↑クリックで大きな画像へ

微かに色づく120度幻日と幻日環
2009年5月15日
静岡市駿河区


まず薄目の幻日が現れ、昼前になってすばらしい内暈が現れた後、一瞬ですが、環水平アークが強く輝きました。さらにその後は、幻日環が広がり、その中に微かに赤から青に色づく120度幻日が現れました。
今日の画像1へ
今日の画像2へ
気象光学トップページへ

↑クリックで大きな画像へ
(ハレーションを画像処理で消しています)
幻日環と外接ハロ
2011年4月7日
静岡市駿河区


内暈と区別のつく外接ハロが見られたので、きっと幻日環も見えるはず、と時々現れそうなところを見ているとちゃんと出てくれました。

今日のまとめ画像へ
気象光学トップページへ

↑環天頂アーク、幻日、幻日環、内暈

クリックで大きな画像へ

↑幻日環
クリックでパノラマ合成画像へ

↑右120度の幻日
環天頂アーク、幻日、幻日環、120度の幻日 ほか
2007年3月16日
兵庫県


この日は朝からタンジェントアークや幻日が薄く見えましたが、午後は環天頂アークと共に、幻日と幻日環さらには120度の幻日も輝いていました。幻日環は、内暈の中は常に見え、内暈の外もときおり右120度の幻日まで伸びていました。右120度の幻日は、少し分光して赤みを帯びていました。左側にもはっきりしませんが、120度の幻日と思われる白く光る雲がありました。
気象光学トップページへ

↑クリックで大きな画像へ
幻日環
2008年3月16日
大阪府豊中市


巻雲が複雑だったこともあり、はっきりとしていませんでしたが、写真で後から見ると明瞭に弧を描いているのが分かります。太陽に向かって左120度近辺です。幻日環が見えたのは、この写真範囲内だけでした。120度幻日もあるのかもしれませんがはっきりしませんでした。
気象光学トップページへ

クリックでこの日の画像へ

↑幻日(右)と幻日環、内暈
↑幻日と幻日環、内暈
↑120度幻日(左)と思われる
幻日、120度幻日、幻日環、内暈
2007年12月6日
兵庫県尼崎市
輝 撮影


午後から巻雲が広がり、最初に目に入ったのが、この幻日と幻日環です。そのあと120度幻日らしきものも見えました。ただ、幻日環を伴っていないので、確証はありませんが高さと方向は合っていますし、すぐに消えましたので間違いないでしょう。環天頂アークも見事でした。
気象光学トップページへ

↑クリックで大きな画像へ
 右幻日(大阪市)

↑クリックで大きな画像へ
 120度幻日と幻日環
幻日、120度幻日、幻日環
2008年4月5日
大阪市淀川区、大阪府豊中市


桜が満開の頃、朝から巻雲がどんどんと流れてくるのですが、何も起きません。しかし我慢して観察を続けていると、待ってましたとばかりにかっこいい巻雲に幻日が輝いてくれました。その後は薄いながらも、部分的な幻日環が現れては消えるを繰り返しました。120度幻日も微妙ながらも現れました。
こちらに今日のまとめ画像→ 1 2
気象光学トップページへ

クリックでこの日の画像へ
幻日環と120度幻日
2007年9月12日
兵庫県尼崎市
輝 撮影


朝の通勤時、目に飛び込んできました。
気象光学トップページへ
 
幻日、幻日環、内暈、ローウィッツアーク、タンジェントアーク
2007年1月4日9:26
長崎県長崎空港近く


幻日から内暈にかけて赤い線が見え、これは下部ローウィッツアークと思われます。内暈上部にはタンジェントアークも明瞭に見えています。コントラストを強調およびバスの車窓からのため青くなっています。
気象光学トップページへ

クリックで大きな画像へ

↑13:48。
幻日と幻日環
2006年12月05日
兵庫県尼崎市
輝さん撮影


朝から幻日は見えていましたが、時々大きくなり、このときは明らかに幻日環が見えました。同時には見えませんでしたが、このころ120度の幻日(後述)も見えていたようです。
気象光学トップページへ

クリックで大きな画像へ
内暈、外接ハロ、幻日環
2012年6月15日
静岡市駿河区


朝から薄い内暈が見え、昼過ぎには輝く内暈と薄い環水平アークが見えていました。その後、ふと外を見ると、薄い幻日環が見え、時々幻日も見えていました。夕方には環天頂アークも見えましたが、いずれも薄いものでした。写真は画像処理を施しています。
気象光学トップページへ
気象光学トップページへ戻る
トップページへ戻る